暴走する悪徳エリートの所業
222604 財務官僚の無能、しかもその自覚全くなし
 
09/12/24 PM08 【印刷用へ
財務官僚がエリートであるというのは幻想で、見通し能力なし、経営能力なし、しかもその自覚全くなしである疑いが濃厚である。


湘南の片田舎から
お笑い9兆円の税収減見通し リンク より転載。
----------------------------------
みなさん、すでにご承知の9兆円の税収減見通し。 しかし、政権交代の段になって10年度税収見通しが46兆円から37兆円は、何度聞いても笑わないだろうか。何でそうなるの?46兆円を分母にして計算すると、その誤差、な〜んと約20%。

政権交代後にますます明らかになったことは、自公政権期、法案にしても予算にしても、やっていたのは官僚で、予算はもちろん財務省。つまり、ちょっと先の見通しでさえ約20%もの誤差を出しても、平然として謝りもせず、何でこんな誤差が生まれたのかの説明もしない財務省が国家予算を決めていたわけだ。

財務省のモットーは「財政健全化」。昔からずっとそう。あなた会社にいて20%も見通しの狂った社員の言うことを信じますか?で、マスコミも一緒になって借金のツケを将来の子供たちに回すな、とくる。しかし、現時点で、もう学費も払えずに教育も満足に受けられない子供たちはいくらでもいる。自公政権という表の顔の裏で官僚がやった政治、財務省がやった予算のおかげで。

このような状況を踏まえれば、政治がやることは自ずと決まってくる。現政権がやっているように、官僚に政治をやらすな!財務省に予算を組ますな!ということじゃなかろうか。そして、経済については、これまで財務省が主張、やってきたことと逆のことをやればいいのだ。亀井金融相の意見が最もそれに近い。先ずは財政健全化の前に国の経済が死なないようにすることであり(死んでしまったら財政健全化もへったくれもない)、亀井さんは手遅れかもしれないというほど切羽詰まった状況であることをフリーの記者会見で指摘している。

亀井内閣府特命担当大臣繰上げ閣議後記者会見の概要(雑誌・フリー等の記者)
リンク 

追記:個人的には嘘・プロパガンダを流したり、情報を隠したりした官僚を処罰する法律を作って欲しいと思う。情報はカネだ。共有すべき情報を偽ったり、隠したりする罪は重い。それで人が死ぬ。
----------------------------------
(引用以上)
 
  List
  この記事は 222596 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_222604
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
集団のパフォーマンスを上げられる人材こそが「有能」 「にほん民族解放戦線^o^」 14/12/05 PM09
241781 狂っているとしか言いようがない。地方自治体の為替デリバティブ・仕組み債 レオンロザ 10/12/05 PM11
231688 亀井大臣がマスコミと財務省を批判、景気対策や外国人参政権なども 猛獣王S 10/05/15 PM03
223757 記者や学者の操縦は簡単〜財務省に蓄積されたノウハウ 橋口健一 10/01/08 PM10
223295 なぜ、財務官僚はここまで無能なのか 野田雄二 10/01/02 PM08
223251 官僚とふつうの人の違い カナ∩^ω^∩ 10/01/02 AM02
223160 「マスコミ報道はうそ」、大塚副大臣が日銀との「アコード」を説明 猛獣王S 09/12/31 PM09
222934 いちいちごもっとも。賛成です。 中央環状線2 09/12/29 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp