暴走する悪徳エリートの所業
222528 暴走する「検察」A〜検察を捜査する機関が日本にはない〜
 
橋口健一 HP ( 46 大阪 技術者 ) 09/12/23 PM08 【印刷用へ
これでは、検察官たちが増長するのもしかたがないだろう。

たとえば「国策捜査」と指摘される一連の強引な立件がある。犯罪性の有無を取り調べるという基本を無視し、国家の政策に都合がいいように、最初から起訴を目的にした捜査をすることだ。とくに、90年代半ばの「住専問題」のころから顕著になっている傾向だが、それが年々エスカレートしてきているとの指摘がある。マスコミのバッシング報道に乗じた、安易な起訴も目立っているという。

あるいは、繰り返される「冤罪事件」の問題もある。とくに、検察がしつこく上訴して敗訴を認めたがらないケースには、その真の理由が、単に“担当検察官の失点隠し”というものもあるようだ。人生を台無しにされた被告たちにとっては、あまりにも理不尽な話だろう。

だが、もっと大きな問題が別のところにある。「検察を捜査する機関が日本にはない」ということだ。政界にしろ官界にしろ、あるいは警察組織にしろ、不正があれば特捜検察のメスが入る。ところが、検察内部で不正があった場合、それを摘発するのも、結局は検察以外にはない。だが、自らの不正を喜んで明らかにする組織・人間が、この世にいるものだろうか――。
 
  List
  この記事は 222524 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_222528
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
特権階級の空中浮遊とはどういうことなのか?(9)〜暴走する検察:検察権力の強大さ〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/11/13 AM02
223301 暴走する「検察」B〜法務官僚の特殊性〜 橋口健一 10/01/02 PM09
223255 小沢VS特捜検察+マスコミ 検察官僚のゆがんだ日本の未来像 西村真治 10/01/02 AM03
223130 新しい情報ネットワークのイメージ 佐藤賢志 09/12/31 PM01
222805 暴走する「特捜検察」〜キャッツ粉飾決算事件〜 匿名希望☆ 09/12/27 PM00
法制度をどう改造するか? 〜暴走する検察:社会的圧力から隔絶された組織〜 「日本を守るのに右も左もない」 09/12/27 AM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp