思考革命:問題意識発から可能性発へ
22204 新パラダイムの効用2 答えを教え広める動因
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/01/26 PM07 【印刷用へ
人々が一番求めており、可能性を感じるのがパラダイム転換の言葉なら、その認識を教え広めることが(=人々の期待に応えることが)最大の活力源=動因になる筈である。
人々の答え欠乏は、答え=パラダイム転換の言葉が与えられて初めて顕在化する。まずは、それ(答え)に気付くこと。それさえ気付けば(=理解すれば)、後は自分で考えてゆけるし、考えるにつれてより具体的な答え(=個々の構造認識)が欲しくなる。
つまり、まず最初の言葉(=パラダイム転換の認識)を与えた時から答え欠乏が顕在化し、より具体的な言葉を与える度に答え期待が強くなってゆく。
相手との関わりの中で顕在化し強まってゆくこの顕現期待こそ、実現派の最も大きな活力源となる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_22204
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
185456 【幹図解】新パラダイムの効用2 答えを教え広める動因 宮崎未帆 08/09/11 PM08
172239 単なる「知識」から、実現する為の「道具」として活用する転換点は「供給者」になること 佐藤賢志 08/03/11 PM02
148814 「新しい場」という答え 西谷文宏 07/04/06 PM10
127369 日々の仕事から感じること 是永恒久 06/08/03 PM09
123137 何でを顕在化させることが大切☆ リバーバンク 06/06/21 PM08
118398 共認運動の実現体 長谷川文 06/06/04 AM11
109557 「新しい人」 蝦夷穴 06/04/23 AM10
108862 『なんで?』を顕在化させるには先に“半答え”を提示することが不可欠 久保田彰子 06/04/12 AM03
107572 ホリエモンがきっかけで、脱目先収束 匿名希望 06/03/18 AM04
105412 「供給者」として社会の中にいる、私。 中瀬由貴 06/02/09 PM05
105247 パラダイム転換の言葉が与えられて初めて顕在化する 平川要 06/02/06 PM06
104684 「国家の借金800兆円」の授業の後で。 匿名希望 06/01/27 PM02
100088 まず構造認識から 吉村信子 05/10/31 AM10
98431 女が露店でへっぴり腰にならないためには 谷光美紀 05/10/03 PM11
95739 「答えや認識」が、新しい人繋がりを生んでいる 井上宏 05/08/08 PM10
94907 答えがない社会を生きた人と話して 中野泰宏 05/07/22 AM04
93792 実感でスッキリした認識が繋がる充足から勉強活力へつないでゆく 石川笑美 05/07/02 PM10
92381 答えへ収束していくからこそ可能性を感じる。 長谷暢二 05/06/09 PM09
91331 『言霊』 是永恒久 05/05/24 AM02
91103 どうやったらみんなの答え欠乏を顕在化させられるか。 Amethyst 05/05/20 PM00
90226 単に答えようとすることが、答えの供給者ではない 澤根和治 05/05/08 AM03
87182 運動そのものが活力源に 永峰正規 05/03/11 PM07
87058 女の不全が社会を動かす 川井孝浩 05/03/09 PM10
85027 新しい認識 アイスクリーム 05/02/02 AM09
84935 「確りした拠り所」と感じられること 田中素 05/01/31 PM08
83981 「答えの供給者」になっていく弟子たち にっすぃ〜 05/01/14 AM02
83941 動因はやっぱりみんなの期待 佐藤晴彦 05/01/13 AM00
83567 「答え欠乏」⇒「答え期待」=「活力」 ゲン 05/01/03 PM09
83352 カード購入者に供給者としての期待を込めて 清水昌広 04/12/29 PM09
82673 更なる答え=店主をやる気にさせる期待 匿名希望 04/12/16 PM10
82347 臨界点を行き交うひとたち 阿部佳容子 04/12/10 PM07
82218 カードが認識を拡げる 前山薫 04/12/07 PM10
82186 若者の期待封鎖を解く言葉=「答えの供給者」 澤根和治 04/12/07 AM00
82178 パラダイム転換の言葉は、みんな探索で生きてくる 村上祥典 04/12/06 PM10
82176 答え(=パラダイム転換の認識)が活力再生の引き金 斎藤一浩 04/12/06 PM09
81781 認識の効用をブログに発信する 北川和秀 04/11/28 PM09
81759 活力再生⇒供給者になること 小松由布樹 04/11/28 AM08
81678 答えを供給し、答え欠応⇒答え期待を顕在化させることがが活力再生の第一歩。 丸一浩 04/11/27 PM10
81591 言葉売りと答え供給の違い 長谷暢二 04/11/26 PM09
22687 顕在期待 野村徹 02/01/31 PM11
22670 ワークショップの事例から 雪竹恭一 02/01/31 PM10
22628 「答えが与えられて初めて答え欠乏は顕在化する」 吉国幹雄 02/01/31 PM01
22361 目覚めさせる 吉岡摩哉 02/01/29 AM02
22322 内圧が外圧に転化しながら認識転換が進む 村上靖佳 02/01/28 PM10
22292 農業公園構想でなく、就農定住事業として捉えたら。 阿部紘 02/01/28 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、45年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp