試験・身分制度の根深い害
221481 学歴バブルと日本の危機(1)〜単に表面を取り繕うことしか出来ていない警察の捜査や検察・司法の動き
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 09/12/08 AM07 【印刷用へ
『学歴バブルと日本の危機(1)』(武田信弘のジオログ(ブログ))リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
●学歴バブルと日本の危機(1)
 
日本の教育は昭和50年ぐらいから一貫して弱体化されてきた。そのもっとも典型的なものがゆとり教育で、大学受験科目の削減などが具体的な最も影響の大きかった動き。おかげで、慶応の経済学部で数学を高校でほとんど勉強していない生徒が受験できると言う状態にまでなった。その結果、経済や統計を数学を使わないで講義すると言う。

今では、教育システムの弱体化ではすまなくなり、カンニング、不正入試、公務員や弁護士、税理士、その他の資格についてのいんちきまで組織的にするようになっているようだ。

青山吉伸というオウム真理教の幹部であった弁護士など、「 司法試験はカンニングをしたと言っていた。 」という記述がフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にされたことさえある。この記述は約ひと月で取り消されているが、今でも履歴として残っている。青山吉伸の項の履歴の2009年10月14日 (水) 15:48時点における版を見れば載っている。

結局、こういった人たちが平成の始めごろから組織的大規模に作られていて、中央官僚から地方公務員、マスコミから一般企業まで、日本社会の隅々に入り込まされているのだと思う。

多くの親は、これでいい学歴が保障されると言われれば、多少なりともその話に乗りたくなるだろう。ましてや、そういった話が行政側、試験を課す側からあれば、話に乗らなければ不利に扱われるとさえ考えてしまうはずだ。生徒のほうも、受験競争は大変だと言うイメージだけが頭に叩き込まれているから多少ずるしても合格するならそれでいいとする感覚なりがちだ。その結果、本来ならきちんと勉強してそれなりの力が付く人たちがどんどんとカンニングシステムへまきこまれていく。彼らの数がある程度の規模になると、彼ら自身が自己の仲間を増やそうとする傾向がでてきしてしまい、今は、そうやって急激に社会の隅々にまで、インチキシステムに組み込まれた人々が居ると言う状態だ。余りに規模が大きいので、そのシステムに入っている人たちは、自分たちはこれで正常なのだと信じ込んでしまっている。1970年代ぐらいまで、国鉄でキセルをする人が余りに多くいて、特に罪悪感を伴わなかったのと同じことだ。

しかし、単にインチキシステムで学歴や職歴を身につけた人たちが社会で幅を利かせているというだけで話はすまない。彼らを組織的に動かし、日本社会をどんどんと奴隷化する動きがあるからだ。その典型が、株の配当金の高額化であり、高額報酬をもらう一流会社の役員と派遣社員に象徴される社会の階層化でもある。

または、日本が持っている米国債の金額が中国の持っている米国債の総額よりも少ないと言う発表がアメリカ政府によってされてしまい、日本政府はそれについて何も言わず、マスコミも無批判にそのことを受け入れていると言うこともある。しかし、日本は高度成長の昭和40年代から米国債を買ってきた。中国はこの10年ほどでやっと米国債を買うようになったに過ぎない。中国の持分が約60兆円、日本の持分が約55兆円と言う発表は、とても信じることが出来ない。これらの数字は日本政府が持っている米国債の金額ではないかと言う疑念があるからだ。日本が持っている米国債は、生保や銀行が持っているものの方がずっと高額であるはずだがそういったものについては触れられていない。そもそも、アメリカの発表が、民間部門と政府部門を分けていない国ごとの持分であり、そういった発表自体がおかしいものだ。なぜなら、政府部門分は、外交交渉により米国債の売買を左右できるが、民間企業分についてはそういったコントロールが原則的に出来ないとするべきだからだ。

オウム真理教事件にしても、東電OL殺人事件にしても、サカキバラセイトの事件にしても、ごく最近起こった島根女子大生ばらばら殺人事件にしても、警察の捜査や検察・司法の動きは余りに矛盾している。真実などどうでもよくて、単に、表面を取り繕うことしか考えていないように見える。そして、その結果、現実社会で起こっている脅しやごまかしが市民には自覚できないようになってしまっているのだ。
----------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 221372 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_221481
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
221482 学歴バブルと日本の危機(2)〜比較的国民目線の民主党政権ですら最も重要なことが全く出来ていない 猛獣王S 09/12/08 AM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp