現代意識潮流を探る
220484 外圧適応体における“役割”
 
中村淳子 ( 20代 神奈川 タマゴ ) 09/11/25 AM06 【印刷用へ
2009年新政権発足以後、11月11日から始まった「事業仕分け」ですが、「事業仕分け」がテレビや新聞でこんなに取上げられるようになったのは、事業仕分けが始まった2002年以来、初めてではないでしょうか。
(私自身は、今回初めて「事業仕分け」の存在を知りました。)

―――――――――――――――――――――――――――――――――
リンク「事業仕分けとは?」より引用

構想日本が定義する事業仕分けは以下の5点 。

国や自治体が行なっている事業を、
1.予算項目ごとに、
2.「そもそも」必要かどうか、必要ならばどこがやるか(官か民か、国か地方か)について、
3.外部の視点で、
4.公開の場において、
5.担当職員と議論して最終的に「不要」「民間」「国」「都道府県」「市町村」などに仕分けていく作業。

(引用終わり)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
(参考:リンク朝日新聞2009/11/24の記事)

「4.公開の場において、」と定義されているものの、実際に「事業仕分け」が今になってこんなにも表に出されるようになったのは、一体、何故なのでしょう?

そんな「事業仕分け」の場から、「人の服従性・適応性〜役割の認識」に関する興味深い記事を見つけました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
リンク「仕分け人の態度と監獄実験」噛みつき評論より引用

 相手の言葉を平気でさえぎる、質問に対する簡単な答え以外の発言を許さない。事業仕分けのテレビ映像には、容疑者に対する訊問と見紛うような光景が見られます。
(中略)

 一方で専門知識があるとは思えない人が極めて短時間に判断をするのを人民裁判にたとえたり、人気取りのための政治ショーと見る向きもあります。まあこちらの方があたっているように感じます。
(中略)

仕分け人となった人たちは元々あのような「非紳士的」な方々ではなかったと思います。なぜあのように変身したのか、 思い出したのがスタンフォード監獄実験と呼ばれる心理学の実験です。
(中略)

この実験からは、演じる人間がその役にふさわしい人間に変化することが読み取れます。
(中略)

 とすると仕分け人たちの攻撃的な態度は主として「役」を演じたことによって出来上がったものかもしれません(むろん元々の人格の影響は少なくないでしょう)。悪しき官僚を成敗するというシナリオを誰が用意したのかは知りませんが。

(引用終わり)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
(参考:スタンフォード監獄実験wikiリンク

この実験を元にした映画「es」を私も過去に観た事があります。

“人はある役割を与えられると、普段の自分とは全くかけ離れたような性格の役柄であっても、「役割を遂行する」ことに支配されてしまい、ときにそれは最悪の結果を招く”

ということをその映画(実験)から知らしめられました。今になってこの映画のことを思い返すと、外圧適応体である人の情況や環境に対する人の適応能力のすごさを改めて感じます。

しかし、その外圧適応体としての能力をも、今回の仕分け人たちのような利用のされ方をしているとしたら(マスコミがそうしている可能性が高い?)、それこそ最悪の結果です、、
 
  List
  この記事は 213827 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_220484
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp