健康と食と医
220229 その薬飲んではいけない
 
丸一浩 HP ( 知命 滋賀 農業 ) 09/11/21 PM05 【印刷用へ
■「その薬飲んではいけない」と言う記事の紹介です。
 「ゲンダイネット」【すこやか生活術】2009年11月16日 掲載リンクより引用。

●>では、薬なしでどうするか? ポイントは、交感神経と副交感神経からなる自律神経のバランスだという。

 病気に対しては薬に頼らない、共認充足に委ねる事が最高の治療法だと思う。↓参考
 83042 共認治癒力@
 83081 共認治癒力A

〜引用開始〜
その薬飲んではいけない
世界的免疫学者の安保教授が断言

●検査数値の異常は多くが自律神経の影響
 薬を飲むのが嫌な人は多い。しかし、本当に飲まない人は少数派。「薬を飲んで数値を下げないと、心筋梗塞になりますよ」「突然、倒れたら、ご家族が困るでしょう」などと医者に脅され、仕方なく飲んでいる人が大多数だろう。
 そんな人たちに「薬はやめなさい」とエールを送るのが、国際的な免疫学者の新潟大大学院教授・安保徹氏だ。新著「40歳からの免疫力がつく生き方」(静山社)で、“薬不要論”を説いている。安保教授に聞いた。

●降圧剤
 高血圧の人は約4000万人。国民の3人に1人が、血圧を下げる降圧剤を飲む対象者になっているが……。
「血圧は加齢とともに上昇します。その事実を無視して、130/85というメタボ健診の血圧基準を当てはめると、高齢者はほとんどが病人になってしまう。世間の多くが病人なんておかしい。体の仕組みを踏まえると、“上の血圧=年齢+90”という基準が妥当。つまり、上の血圧が130〜“年齢+90”の間にあり、高血圧といわれている人は、肩凝りや頭痛などの症状がなければ、薬を飲む必要がありません」

●抗コレステロール薬
「コレステロールは食事の影響で上昇するというのは正しくありません。全コレステロールの80%は体内で合成されるのです。だから、イクラやレバー、エビなど、コレステロール値を上げやすい食事を控えても、数値はそれほど下がりません」
 どうしてコレステロールが体内で合成されるのか? コレステロールは細胞の構成成分で、ステロイドホルモンや性ホルモン、ビタミンDの材料になる。コレステロールは、体に不可欠なのだ。
「コレステロール値が高いのは、それだけ体が要求しているということ。不要になったコレステロールは体から排泄(はいせつ)されますから、薬で無理に下げる必要はありません」

●消炎鎮痛剤
「肩凝りや腰痛、痔(じ)などで、消炎鎮痛剤を使ってはいけません。逆効果なのです」
 それらの症状で痛みを感じるのは、痛みを感じさせる物質が分泌されているため。消炎鎮痛剤は血流を抑えて、その物質を取り除く。一時的に楽にはなるが、血流が抑えられると、かえって治癒への道は遠のくのだ。

●ステロイド薬
 アトピー性皮膚炎をはじめ、多くの病気でステロイド薬が使われる。これもダメだ。
「アトピーでかゆくなるのは、体が異物を排除しようとする反応によるものです。それをステロイド薬で抑えると、症状は一時的に治まりますが、しばらくすると残留ステロイドの成分で化膿(かのう)するため再発。それでより強力なステロイド薬を使うと、再び症状が治まりますが、やがて再発する。その繰り返しで悪化していくのです。体の声に耳を傾ければ、ステロイド薬は不要なのです」

 では、薬なしでどうするか? ポイントは、交感神経と副交感神経からなる自律神経のバランスだという。
「血圧や脂質などの数値が上昇したり、炎症が起きたりするのは、自律神経のバランスがどちらかに偏っているのです。ストレスが強すぎて交感神経優位体質の人は、とにかくストレス発散、のんびり気質で副交感神経優位体質の人は、乾布摩擦や水シャワーです」
 それで自律神経がバランスを取り戻すと、症状が改善するという。
〜引用終わり〜
 
  List
  この記事は 83081 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_220229
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
233570 みんなにとっても必要な医療系の情報サイトも必要か否かで判断が必要 塩貝弘一郎 10/06/22 AM07
こんな子育てがしたい♪〜アトピーや喘息の原因は?どうやったら治るの? 「感謝の心を育むには」 10/05/21 AM01
227764 子宮頸がんワクチンの危険性! 新井重雄 10/03/07 AM00
227296 クスリ地獄 猛獣王S 10/02/27 PM07
224950 健康の為と思われてる市販ビタミンの恐怖@ 匿名希望 10/01/23 PM07
220467 ステロイド剤のAさんは今でも、使わなかった僕は完治 匿名希望 09/11/24 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp