試験・身分制度の根深い害
220027 幼小期の遊びは、基礎DATAのローディング?
 
猪飼野 ( 50歳代 東京 営業 ) 09/11/19 AM08 【印刷用へ
『幼少期の遊びは、胎児期に次ぐ“生命進化”の追体験』219443
非常に興味深い仮説(多分その通りだと思います)です。しかし何故そんな事をしているのだろう?他の動物はどうなのだろう?と仲間で話合ってみました。

◆他の動物との違い
 一般に動物は備わった本能で、自然外圧に適応できるように出来ています。魚は産まれた水の中で泳ぎだすし、馬や鹿は産まれて直ぐ走りだします。鳥も何ヶ月間の親による庇護の後は空を飛び出します。幼少期はその種固有の身体能力をトレーニングする事で大人に成ります。

人類以外の生物はDNAを組変えて体を進化させて、本能で自然外圧に適応できるように成っています。

一方で、人類は自然外圧に適応できるその種固有の身体的本能は持っていません。

人類は集団を形成して共認機能観念機能を働かせる事で、その集団内に食糧の種類や獲得方法、外敵からの防御方法、男女関係などを、様々に変化させて、外圧に適応させる共認集団を作り変えながら生きてきました。

その結果、砂漠から密林ジャングル、赤道直下からシベリヤ、アラスカの極寒地域まで世界のあらゆる環境に、肉体的にはほぼ同一の種である人類が様々な生活スタイルを共認し適応してきています。

>実現論1_6_04 ヘ.人類:極限時代の観念機能 
この観念機能(特に言葉)は、サルが頼りにする表情や身振りによる共認よりも、遥かに多様で容易な共認を可能にし、共認内容の無限の組み替えを可能にする。従って、観念機能こそ、DNA進化に替わる新たな進化機能=共認機能の完成形態であると言える。
<引用終わり>

◆人類の子供とは?
人類の赤ちゃんは、とても可塑性に優れた動物のような気がします。
生まれ落ちた地、その環境がどのようなものなのか、改めて定義し直している様に思えます。砂漠地帯での乾燥下で、水は生きていく為の恵みそのものですが、寒冷地では体温を奪う恐ろしく冷たい物でもあります。つまり、生まれた環境下で、あらゆる自然外圧を生物進化の追体験の「遊び」で新たに定義し直しているように思えます。

それは、目的によって様々なソフトをローディングしていくパソコンのように思えます。

@生れ落ちた地における自然外圧を、本能レベルのDATAに刷り込んでおく。(これが、生物進化の追体験の「遊び」なのではないでしょうか)

その上で、人類固有の能力獲得に移る。
A集団生活による共認機能(≒心、同化機能)の獲得
B集団生活によって観念機能の獲得学習

@〜Bの育成を経て、その地に適応した固有の共認集団が出来てきたと考えています。
 
  List
  この記事は 219443 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_220027
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp