日本人と縄文体質
21959 西欧と日本の階層意識の違い
 
槇原賢二 ( 30代 大阪 塾講師 ) 02/01/24 PM01 【印刷用へ
欧米人の思想の根底にある人間中心主義とは 、けっして、人類一般を対象としたものではありません。あらゆる中心になるものは、もともとはキリスト教徒たるヨーロッパ人に限られます。

人間と動物を断絶する論理は、同様にキリスト教徒とそうでないもの、ヨーロッパ人とそうでないものなどを断絶し、ヨーロッパ社会の内部においてはユダヤ人に対する迫害であるとか、非常に根強い階層意識などを形成してきました。また、ヨーロッパ社会の外部に向けては度重なる略奪・殺戮行為であるとか、人種差別などとして発現してきました。

ところで、社会の階層意識について考えてみます。身分制社会であった時代の日本とヨーロッパで、支配者階級が総人口にどれくらい占めるかを比較してみると大きな違いがあります。たとえば、江戸時代の日本では、総人口の5〜6%が武士であり、革命直前のフランスでは、僧侶・貴族は総人口の0.5〜0.6%と算定されています。日本に比べてフランスでは支配者階級の割合は10分の1だったと推定されています。

日本では支配者階級のなかに多数を抱え込んでいると、トップクラスといえども豪勢な生活はできません。ハリスをはじめ、幕末に来日した欧米人は口をそろえて、日本の支配階級のつつましさを指摘しています。

また、逆に日本人はフランスを訪れて、ヴェルサイユ宮殿などの壮大豪華な建築を見て、「なぜ、フランスで革命が起こったかはじめて分かった。」という意見をよくいいます。支配者階級に入る人数が少ないからこそ、人民の恨みが爆発するほどの贅沢ができるということです。

ヨーロッパでは、動物、非ヨーロッパ、非キリスト教徒などを順次疎外していき、さいごに「ほんとうの人間」として残るのは、ごく少数の支配者階級だけです。支配者はあくまで特権階級で、孤高であり、他を寄せ付けたりしません。

このことは、日本とヨーロッパでの支配者の理想を比較してみると、よくわかります。日本では名君とたたえられるのは、ほとんど例外なしに、質素な生活の実践者です。

ヨーロッパでは、些細なことにせこせこしないで、どんどん浪費することがむしろ支配者の美徳とされています。たとえば、名君とほまれの高いルイ9世は、側近に「君はもっと良い衣服を身につけなければならない。そうすれば、君の奥さんはもっと君を愛し、君の召使いは君をもっと尊敬するようになろう。」といっています。

また、イギリスでは、今でも貴族制度は生きていますし、フランスでは、1870年には貴族階級は消滅したはずなのですが、それまで貴族の家柄は依然として貴族の称号を保持しつづけています。さらに、婚姻関係や系図の偽造によって貴族を名乗りたがる連中があとをたたないので、ニセ貴族は15000家もあるそうです。

社会の根底に強い階層意識と上位の階層に対する強いあこがれがなければこのようなことにはならないといえます。日本では華族制度が廃止された途端に、もと公爵、もと伯爵などすべてに「もと」がつけられるのとは対照的です。

明治維新以降の教育制度をみても、日本では上級学校に進み、社会の指導者になる者も初等教育の段階では、みんなと同じく机をならべました。ヨーロッパでは、上級学校に進む者は初めから別扱いの過程(パブリック・スクール、リセ、ギムナジウムなど)が用意されて、上層階級の独占物になっていたこととは対象的です。日本では戦前から続いていた「入学受験地獄」というのは、階層意識が弱く、また制度的にも立身出世が開かれていた日本だから起こり得た現象だといえます。

(次へ)
 
  List
  この記事は 21927 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_21959
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
233955 東洋と西洋〜識字率の違い〜 HAYABUSA 10/06/30 AM00
233885 「ヨーロッパ人間主義」はどこから生まれたか。 TAB 10/06/29 AM00
233794 中世ヨーロッパ〜支配者層の贅沢な食生活は不安発 向芳孝 10/06/27 AM00
221244 江戸大名は領地を「天」から預かっていた。土地所有意識が西欧とは大きく異なっていた 庄恵三 09/12/05 AM00
221242 江戸時代、えた・ひにんの人はどうやって選ばれたのか? ダイ 09/12/05 AM00
「東洋と西洋」?〜西欧と日本の階層意識の違い 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/11/05 PM07
218865 「直接支払-受け取るのは王侯貴族」  農業問題 ⇒階層意識の醸成 酒井俊弘 09/11/04 AM00
218864 貴族社会と氏族社会〜自我収束と共認収束の階層意識の違い〜 匿名希望 09/11/04 AM00
218804 イギリスの階級社会の現在の実態 小澤紀夫 09/11/03 AM00
西洋世界は物質主義というより「物質とスピリチュアリティー」の分離的対立 「晴耕雨読」 07/07/06 PM06
東洋と西洋 「類塾ネット」 07/01/24 PM01
127464 人種差別の背後にある劣等感 アリンコ 06/08/04 PM09
121943 善なるものへの期待 匿名希望 06/06/17 PM01
115290 日本人の階層意識について 吉国幹雄 06/05/22 PM00
111653 階層流動性の高さと経済成長 浅野雅義 06/05/05 PM08
111605 支配される事での安定願望が階層社会つくった? 本田真吾 06/05/05 PM03
日本人って何? 「なんで屋@奈良」 06/05/01 PM10
106929 西洋の序列意識の変化は? 新井重雄 06/03/07 PM09
103389 絶対的な支配がヤミ共認を生む。 太刀川省治 05/12/30 PM11
101994 遊牧部族と農耕部族の略奪闘争 匿名希望 05/12/04 PM01
100420 排他の危険性 小林有吾 05/11/05 PM09
100308 多くの情報とその分析を読むにつれて 岸良造 05/11/03 PM10
100153 西洋的思想という呪縛 匿名希望 05/11/01 AM11
97414 西欧と東洋の国家の成立 吉国幹雄 05/09/16 PM01
96739 西洋思想と東洋思想の違いと肯定視観 酒井裕志 05/09/02 PM09
92780 西洋文明を見ても探している「答え」は見つからない。 松下直城 05/06/16 PM01
90746 住所 山田純子 05/05/14 PM10
89459 階層意識 折目裕 05/04/24 AM01
88530 集団=共認原理の延長で「社会」を考えられるのが東洋 平野令 05/04/07 PM11
87181 階層格差が侵略を可能とする。 長谷暢二 05/03/11 PM07
85076 質素と贅沢の土壌 magarimame 05/02/03 PM01
84727 西洋文明の根幹にあるもの 岩井裕介 05/01/28 AM00
23275 階層意識を考える(2) 槇原賢二 02/02/07 PM02
22173 「宮廷サロン」では何が話されていたのか?1 成金貴族の台頭と国際紛争 阪本剛 02/01/26 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp