共認運動をどう実現してゆくか?
219431 子供から大人まで『遊び』が大切!をどう広げるか。
 
原賀隆一 HP ( 59 熊本市 デザイン自営 ) 09/11/11 PM06 【印刷用へ
『遊び』は人生にとってとても大切なものと言われますが、そもそも遊びの『定義』とは?

■『大辞泉』(小学館)によると、
あそび【遊び】
(1)遊ぶこと。「…に興じる」
(2)酒色にふけったり、賭け事をしたりすること。遊興。「…で身を持ち崩す」(3)仕事がないこと。仕事がなくて暇なこと。「仕事がなくて当分…だ」(仕事をしない)
(4)物事にゆとりがあること。「芸に…がある」(アイデアがある)
(5)機械などで、急激な力の及ぶのを防ぐため、部分の結合にゆとりを持たすこと。「ハンドルの…」「回転軸の…」
(6)文学上の立場で、対象を理性的に突き放してみる傍観者的な態度。森鴎外が示したもの。 (7)「遊び紙」の略。
(8)詩歌・音楽・舞・狩猟などを楽しむこと。
(9)「神遊び」の略。神を祭るための舞楽。神楽。
「類語」1.遊戯・戯れ・気晴らし・慰みごと・娯楽・遊技・ゲーム・プレー・レジャー・レクリエーション 2.遊興・遊蕩・遊楽・道楽・放蕩

【遊び癖】仕事や勉強を怠ける習慣。また、遊興にふけりやすい癖。「…がつく」
【遊び心】1.遊びたいと思う気持ち。また、遊び半分の気持ち。
     2.ゆとりやしゃれっけのある心。「まじめ一方で…がない」
(一部省略)
◆あそ・ぶ【遊ぶ】は「遊び」の動詞形だとして、上のような内容を、「すること」と考えればいい。

まだ他にも「遊び」の付く言葉が色々ありますが、「遊び」の定義はだいたいこのようなところでしょう。

■そして、「遊び」とはすべてにおいて『命令・強制』されてするものではく、本人(器具・機械の「遊び」も作る人)の自主によって発生するのです。
私が幼い頃、しょっちゅう遊んでいると母は「遊んでばかりいないで勉強しなさい!」と追っかけ回わしたものです。それは『遊びの内容』ではなく、『行為そのもの』を叱ったのです。
◆そんなとき、私が「いや、学校で総合学習(ゆとり教育)って言ってね、大いに遊べと言われたんだ。」とでも言ったなら、母は「どこの学校にそんなこと言う先生がいるもんか。この大ウソつきが!」とおそらくホウキの柄で叩いたことでしょう。要するに昔から「遊び」という言葉は「悪い」イメージが強かったのです。

 しかし、現実には子供も大人も『遊び心』『遊び』は絶対大切なものなのです。だから近年、教育現場などでもいわゆる教科書から離れた「遊び」のような「体験学習」などを取り入れるところが増えてきました。

 ところが、教師や保護者の多くがその意味を実際に、体験・体得・理解した上で展開されているのでしょうか。まして、ただ単に「遊びは健全育成につながる」と、それを「新・教育マニュアル」のような捉え方をしているのではないかと思うほどです。例えば大人がすべて『段取り』をしての遊び催しなどです。(今はまずそれからしなければいけないのかもしれませんが、その場限りになるのが悲しいのです)

 結局、それがはっきりしていないから子供達にとっては「大いに遊びなさい」が、何をして遊ぶのか、遊びとは何なのかがわからなくなり、ひいては『指示待ち・命令待ち』になったり、本来勉強・仕事をしなくてはいけないときも怠け『遊び癖』が出たり、逆に本当の意味での余裕の『遊び心』を取り込めず、ぎくしゃくしてしまうのではないでしょうか。

要は、自然に自主的に「遊びたくなる」環境を大人達が作ってあげることが一番なのです。その一つに、ゲームやレジャー施設、キャラクターグッズなどでの「遊び」の「つまらなさ」を大人達自身がそういう意識転換をし、自然(野外)体験、家でなら料理、カルタ、トランプ、日曜大工、家庭菜園など、いわゆる「成果」、「実績」、「記憶」になるような遊びの楽しさへ、まさに「自主的に」誘導して欲しいと思います。
また、刃物などの「道具」をきちんと使うことです。ナイフは危険だとか凶器だとか言うのは、工作などをしなくなったからです。料理や工作でその目的を覚えると、凶器などと考えることもなくなります。

 私達夫婦は(子供の遊びの本を数冊自費出版して以来)、全国各地に色んな遊びを教えに行きますが、みんなちょっとしたけがはよくしますが、数時間夢中になって遊びます。そして、たまにポケットゲーム機を忘れて帰る子がいます。「おじちゃんもうゲームはやめる」という子もいます。やはり「自分」で作ったり、遊びを開発し始めたらそっちへ興味は移っていくようです。

 人生において「遊び」がきっと役に立つことを実感できるのは、そのような社会環境での遊びだろうと確信しています。
 
  List
  この記事は 219377 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_219431
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
220586 子供の「遊び」の意義を、発信していきたい みに とまと 09/11/26 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp