密室家庭は人間をダメにする
2194 もともと、生物には親子関係など無かった
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/03/26 PM07 【印刷用へ
皆さんは、「親子関係は何より大切」という先入観(「文明時代」の固定観念)で、息子移籍や娘移籍の問題を見ている(そして、その問題に拘わり続けている)のではないでしょうか?その先入観に基けば、「親子関係は在るのが当然」で、親が子を放逐するなどトンデモないという事になり、その結果、専ら「放逐or移籍する理由」の説明を求め続けることになります。

しかし、生物にはもともと親子関係など存在しなかったのです。例えば単細胞生物は、どんどん分裂して新個体が環境の中へと拡散してゆくだけです(彼らは互いに仲間であることを認識する機能は持っていますが、親子であることを認識する機能など、持っていません)。それは魚類や両生類でも同じです。つまり新個体は放っておけば新世界(環境)へと泳ぎ出してゆくのが、当然なのです。なぜなら、それこそが生命の根本的な適応原理たる個体(同類他者)の多様化原理に適った在り方(補:同類他者の変異が多様なほど、種としての適応が有利)だからです。

従って、「放逐」や「移籍」の理由が必要なのではなく、もし親子が一緒に居るとしたらその「同棲」の理由こそが必要なのです。実際、生命体が複雑化≒高度化してゆくにつれて、保育の必要が高まってゆき、親に保育本能がセットされてゆきます。この保育本能が親子をつなぎ留める訳ですが、この本能は保育必要期のみ作動する時限本能であり、保育本能が作動しなくなれば、新個体がさっさと新世界へ出てゆくという基本形は変わりません。

それに対して胎内保育機能を形成した哺乳類は、産後保育の強化(保育本能の強化)と性闘争本能の強化によって、環境(主に種間)適応度を上昇させてゆきますが、原モグラの場合、成体になると保育本能<性闘争本能に成る事によって、子(娘も息子も)は放逐されます。しかし、その後哺乳類は胎内保育機能を源流とする親和本能を発達させてゆきます。そうなると、親和本能によって子がそのまま居残ることになり、それでは多様化という適応原理が損われるので、巣離れor親離れ本能がセットされたと考えられます。

親和本能の発達した哺乳類の場合(雌雄分化に基く内雌外雄の集団編成も相まって)、雄の性闘争本能は強化されてゆきますが、雌の性闘争本能は衰弱してゆきます。その結果、若雄では巣離れ本能+性闘争本能>親和本能となって若雄は群れから出てゆく事になります。他方、若雌は巣離れ本能+性闘争本能≦親和本能となると共に、首雄の性的期待も相まって群れに残り、かくして娘残留の母系集団が形成されることに成る訳です。(なお、真猿も親和本能を更に発達させた哺乳類であり、一般には娘残留の母系集団を形成しています。また、首雄=父と娘の間には親子の認識は在りません。)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2194
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
230534 「父親」は、私権社会が作った観念 猪飼野 10/04/23 AM01
223955 人間における親子関係 復讐の叫び 10/01/11 AM00
223768 【図解】もともと、生物には親子関係など無かった 坂本日出夫 10/01/08 PM11
223733 新個体はさっさと新世界へ出てゆく(適応原理) ヨネ 10/01/08 PM06
223730 【図解】もともと、生物には親子関係など無かった ECHO 10/01/08 PM05
223725 現代の親子関係は、弊害が多すぎる。 猪飼野 10/01/08 PM04
子育てを家庭に任せてはおけない!-4〜@本来どうあるべき?子育って、なに?(1) 「感謝の心を育むには」 09/12/29 PM07
220618 子育て分析メモ 汚れなき男 09/11/27 AM06
192094 哺乳類の最大の特徴☆ 匿名希望 08/11/13 PM00
171260 環境が本能を変える?〜アカカンガルーの事例 田野健 08/02/21 PM04
163651 私権社会に固有の「親子関係」 匿名希望 07/10/17 PM11
149331 親子関係に拘るのは、人類だけ?! 川井孝浩 07/04/14 AM07
子育てもカンタン 「Biological Journal」 06/10/29 AM01
134951 ライオンやトラの子どもが可愛いのは何で? 春風 06/10/20 PM11
117303 ”巣離れ”と”群れ”の関係は? 匿名希望 06/05/30 PM09
114053 巣離れor親子離れ本能がセットされた背景は? 匿名希望 06/05/16 PM08
「家族絶対」という旧観念も根強い。 「なんで屋@滋賀」 06/04/24 PM01
104826 改めて共認の凄さを マー 06/01/30 PM01
103911 同棲の理由を捏造しない、させない 佐藤英幸 06/01/12 AM01
103874 巣離れ≒親離れ本能の再生 根木貴大 06/01/10 PM11
103839 脱集団の根っ子には闘争本能と巣離れ本能がある。 田野健 06/01/10 AM00
90801 保育本能は一時的な生命原理 田村飛鳥 05/05/15 PM09
84723 観念でする「子育て」 05/01/27 PM11
84372 『親子』関係には感じられない子育ての可能性 原田昭雄 05/01/21 PM10
83906 自然の摂理に反する親元収束 細田卓司 05/01/12 AM03
83812 戦闘様式の哺乳類=肉食動物 村田頼哉 05/01/09 PM04
83529 移動採取様式の哺乳類=草食動物 村田頼哉 05/01/02 PM10
83088 子供を叱れない親が増えたのは、何で? 足立晴彦 04/12/24 AM11
81262 巣離れ・親離れについて 宮崎未帆 04/11/21 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp