マスコミに支配される社会
217792 マスコミは解体すべきである
 
岩井裕介 ( 37 山口 再開発プランナー ) 09/10/21 PM09 【印刷用へ
マスコミは、必要なのか?

大手マスコミのテレビ番組や新聞が大衆生活に浸透しているのは事実であるが、これらは本当に「必要」と言えるのか?
報道etcによって社会情報を入手する必要はあるにしても、大手マスコミ数社が全国を独占(or寡占)する必然性はどこにもない。マスコミを介さずとも多様な媒体で発信される情報にアクセスできれば、何も困らない。

それどころか、マスコミの暴走は酷くなる一方であり、大衆のためのor大衆による社会世論形成という点では、極めて深刻な問題となってきている。

『思想・表現の自由』とは、第一義的に国民大衆のとっての『思想・表現の自由』であり、決してマスコミにとってのそれで無いことは論を待たない。ところが、今や独占的な発信機関たるマスコミは、市民や民間団体の思想・表現を槍玉に挙げて潰しにかかる等、マスコミが大衆の思想・表現の自由を奪い去るような状況まで現出している。
大手マスコミの独占(or寡占)状態は、もはや大衆にとって阻害物、抑圧物でしかないのではないか。

・鳩山内閣の22年度予算に対するマスコミ報道の欺瞞性 217541
・マスコミ報道が正しい議論を破壊している(八ッ場ダム問題において) 217114
・世界の覇権交代が読めない、日本の特権階級(官僚・マスコミ) リンク 
・バカでないとマスコミの記者にはなれないという話 215792
・マスコミは、そもそも「報道機関」なのか? 215516

マスコミは解体すべきであると思う。
 
  List
  この記事は 217261 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_217792
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
246876 新聞の購読をやめるべき 市民の一人 11/03/08 PM09
特権階級の空中浮遊とはどういうことなのか?(12)〜特権階級の空中浮遊の真相〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/12/08 AM11
235558 【重要】マスコミにも、リストラを! 毘政 10/08/02 AM00
225905 広告収入激減でメディア大再編は必定 〜米マスコミの現状〜 Michelle 10/02/05 PM10
【定点観測】政治編 国益よりも自らの私益を優先する「外務省」と「大手マスコミ」 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/12/29 PM10
222128 今さら?デフレ宣言 山崎英次 09/12/17 PM10
221443 マスコミの事実隠蔽の構造〜フジテレビの言論統制〜 彗星 09/12/07 PM05
221358 フジテレビの「報道」番組は予め決められた結論を日本国民に押し付けている〜ベンジャミン・フルフォード〜 猛獣王S 09/12/06 AM09
220683 今こそ偏向報道の視聴拒否運動を! 一市民 09/11/28 AM08
220375 マスコミは反社会的企業 ET 09/11/23 PM03
218909 マスコミの犯罪性 ぴんぐー 09/11/04 PM06
民意はどこにある!? 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/11/03 PM11
マスコミは解体すべきである 「日本を守るのに右も左もない」 09/11/03 AM11
日本のマスコミは戦争屋の手先であり、大衆の敵である 「日本を守るのに右も左もない」 09/11/01 PM08
218699 マスコミは、権力を奮う暴走機関 たっぴ 09/11/01 PM04
218625 大マスコミが無くなっても、今や誰も困らない。 SE_Hacker 09/10/31 PM08
218429 鳩山首相の所信表明演説に対するマスコミの姿勢 匿名希望 09/10/29 PM06
218254 捏造と独占 〜 新聞業界の病理(1/3) 丸一浩 09/10/27 PM07
218180 郷原信郎氏の総務省顧問に怯えるテレビ局 丸一浩 09/10/26 PM08
218111 マスコミが潰れないのなんで? JUST-IDEA 09/10/25 PM09
217931 マスコミは解体しなくても淘汰されて行く 匿名希望 09/10/23 PM05
217836 「報道の自由」度=「共認支配」度 佐藤英幸 09/10/22 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp