性・家族・若者
217586 『感トレノート Selection Vol.1』なんでやネットワーク著
「男女共認の理解のために」
 
従野貴博 ( 24 学生 ) 09/10/19 AM04 【印刷用へ
こんばんは!
そして、18日の劇場参加の皆さま、おつかれさまでした。

劇場の後の勉強会で、「感トレノート Selection Vol.1」を購入させていただきました。

…というのも、今回の劇場で、「男女共認がこれからの社会を変革していく」というテーマに興味を持ち、
・「女とはどういう存在であり、男とはどういう存在であるか。」
・「男女は互いに相手に何を求め、どうすれば充足しあえるのか。」
といった男女共認について、何となくの雰囲気で捉えるんじゃなくて、
しっかりと理解を深める必要があると思ったからです。


感トレノートは、女性目線(しかも、「いい女」の!)で書かれた日々の充足記録。
理解への足がかりやヒントが、感トレノートにあるのでは、と思い、早速読んでみようと思いました。

(理解を深めるチャンスについては、自分の経験上、思い立った瞬間に飛び込んでみるのが最善。あれこれ考える前に飛び込んでみることにしました★)



早速、帰りの電車の中で、読み始めてみたのですが…
どの記事・コメントも、日々の気づき、充足、実現可能性提示でいっぱい!!
微塵の否定意識もないところに、すごく驚かされました。

男や女のいいところ(頑張っているところとか)を見て、充足して。
その充足した記事を見た人が、その充足を追共認して充足して。
記事を書いた人の気づきが、それを読んだ人にも気づきになっていて。

相手の表情・言葉遣い・行動、全てをすごく観察してることも分かりました。
観察から、「プラス」をすぐに感じ取る力がすごい!
とても、相手や周囲の「プラス」にアンテナを広く広く張り巡らせて、充足しているんだな、と思いました。



実は、劇場の後、一緒に劇場に参加していた同期のM君(感トレノートぽく「M君」としてみました笑)と食事をしたのですが、
「るいの女の人って、なんであんなにも美人ばかりなんだろう」
ということをM君が言っていました。
それは、僕も同感でして笑。
はじめてサロンに参加したときにも、あんなにキラキラした目で美人な女性に話しかけられたことは、これまでなかっただけに、
嬉しい反面、どう返答しようか悩んだくらいでした笑。


なぜ、るいの女の人は美人なのか。
それを、感トレノートを読んで考えてみました。
るいの女の人は、プラスを感じ取れるから、自分もプラスを与えようとしているし、常にプラスの方向を向いている。
外面も、内面も、真にプラスだから、男から(多分、女からも)「美しい」と思えるのではないか。
そう思いました。

そう、外面も内面も真にプラスの男は、男からも女からも「かっこいい」と思われるように。


まだ、1個1個の記事をしっかり読んだわけではありません。
1個1個の記事をピックアップするだけでも、めちゃめちゃ深いと思います。
これから、じっくり読んでいこうと思いますが、とりあえず、サッと読んでみた感想を綴ってみました。


そして…

感トレノートで話題になるような、「いい男」になりたい、と心から思いました。
頭で雰囲気で男女共認を捉えるのではなくて、それを骨肉にして、自然とできる「いい男」になるぞー!
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_217586
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
217615 男は闘争存在☆女は充足存在☆.。.:*・° 久保田彰子 09/10/19 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp