日本人と縄文体質
217211 イスラムは日本に彼らの理想を見る
 
狒狒 ( 49 ) 09/10/15 AM00 【印刷用へ
今後、世界が大変動していく中でどうなるか気になるイスラム世界ですが、彼らが日本を見ると、イスラムの教えを守っていると感じるらしいのです。

世界おもしろニュース リンクから
//////////////////////////////////////////////////////////////////
 日本の生活習慣に驚愕するイスラム教徒 (エジプトから)

 エジプトやサウジアラビアなどアラブ・イスラム諸国は9月21日に30日間にわたるラマダン(断食月)を終了した。例年この期間、国民がラマダンを楽しく過ごせるようテレビなどは“正月番組”ならぬ“ラマダン番組”を組み、盛り上げる。

 今回、特に注目を集めた番組の一つが何と日本の生活習慣を賛美するものだった。サウジアラビアのシェイク(イスラム指導者)が日本を訪問、驚愕した事実を取材して30日間毎日放映した。

 視聴者が殊に驚愕したのは、日本人は、(1)時間をきっちり守ること(2)食べ物を残さない(3)ごみが分別されて収集されること(4)地下鉄や電車の中では、他人に迷惑を掛けないため携帯電話を使用せず騒々しくないばかりか、多くの人が本を読んでいること(5)生徒が学校や教室を掃除すること(6)工事中の労働者が安全靴やヘルメットを着用していること――など。

 シェイクの結論は、イスラム国家でもない日本で、イスラム教の教えが最もよく実践されており、イスラム国家でこれらの反対が実践されていることを恥ずかしく感じたというもの。

 殊に視聴者の反響が高かったことの一つは、生徒が放課後、自分たちで教室やトイレを掃除するシステムで、掃除は、使用人や召使いがやる仕事として手を付けたがらない自分たちの姿勢や、ごみをポンポン投げ捨てる生活習慣を反省、日本に倣って、幼い段階から、他人に迷惑を掛けないよう、自分のことは自分でする教育を導入しようとの声が上がっているという。

//////////////////////////////////////////////////////////////////
〜もうひとつ、おそらく同じ番組への反響〜

Global Voices Online リンクから
/////////////////////////////////////////////////////////////////
 中東・北アフリカ:ラマダン特別番組、日本を紹介で反響

ラマダン中、アラブ世界では日本を取り上げた特別番組が放映され、視聴者を喜ばせた。現在5シーズン目のテレビ番組『Khawater(思考)』は日本を訪れ、若いサウジの説教師Ahmed Al Shugairyが日本のサクセス・ストーリーを伝えた。

一か月間放映され続けたこの番組は、日本が経験した発展の過程と成功の理由を解説した。Al Shugairyは、日本人はイスラム教でないものの、イスラム教の教えを生活に取り入れている、という絵を描いた。

アラブの多くのブロガー・思考家・作家・牧師は、同番組を褒め、いつか自分たちの国も日本のように成長させたい、と期待を寄せた。・・・

この放送に対するアラブ世界各地の反応
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若者よ、今日のアラブ人がバカであることは、あなたたちの責任ではないし、誰にも非難する権利はない!でも今日の若者は、アラブ諸国の将来の責任、つまり25年後の私たちの姿に責任を負っている。2030年のイスラム世界がどのようなものになっているかは、我々が決めるのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年、Khawater は第5シーズンに突入した。Ahmad Al Shugairyは日本へと旅をして、そこで撮影をした。そして、日本人は急成長をしながらも、伝統や習慣を守り続けていることを見せてくれる。すごいよ、絶対に観た方がいい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年、Khawater 5は、視聴者を日本へと連れていってくれるのだ!Al Shugairyは「別世界」と呼ぶ日本とアラブ世界が抱える課題を並べる。番組を見ると、日本人がまめで、清潔で、規律正しく、時間を守る人たちだということが分かる。また、日本人はお互いを尊敬し、高齢者を尊敬し、境界線を尊敬し、そして自分自身を尊敬する、ということが分かるのだ!これがまさに私たちのあるべき姿ではないだろうか?宗教が何であれ、善い人間というのは、このようであるべきではないだろうか?これらのモラルやコンディションが世の中を良くして行くのではないだろうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

浅はかな比較はやめよう。日本人の生き方が気に入ったなら、私たちの価値観や伝統をもって文明的なムスリム社会を築こうよ。番組で取り上げられたトピックのほとんどは、ムスリムコミュニティーとして私たちが持っているべき価値観についてなのだから。例えば、宗教は清潔さと善行に心を砕くよう促す。また、イスラムは科学を非常に高く評価し、他の人を尊重する。宗教は他の職業を軽蔑することを禁じている。これらの例はすべて、イスラムにおける私たちの人との付き合い方の核心部にあること。つまり、私たちは国外から何も持ち込まないということだ。本当に変わりたいと願うなら、私たちの中で大きく変わってしまった伝統を直していくしかない。

/////////////////////////////////////////////////////////////////

イスラムの価値観は日本人が持つ共同体的価値観に近いようです。他でも在日イスラム(中東出身)の方が「日本でこそイスラムの教えが実現されている」と言われているのを何度か読みました。

中東から世界を見るとき、やはり圧倒的にヨーロッパなんでしょう。アジアはまだあまり認識されていない。車と家電製品以外は。
近代化はしたいが、ヨーロッパを見るとあんな社会は受け入れられない。そんな感じでしょうか。
原油輸出によって、貧困からは解放されているだけに、社会のモデルを形作れなかったのでは無いでしょうか。
そこに近代化に成功し、ヨーロッパとは全く違う価値観の日本を見つけた。それも、自分たちが過去に持っていた価値観で。近代化=欧米化ではない!・・彼らの希望となるわけです。

やはり、ドル崩壊後の世界でもイスラムの社会規範が生き残る可能性はあります。
且つ、日本にシンパシーを感じてくれるはず。
ただ、現状は理想とはほど遠いようで、金はあるけどやることのない状態に慣れた世代が続く中で、どこまで規範性を保持できるのか怪しい部分は有ると思います。
 
  List
  この記事は 215876 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_217211
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
238841 共通点の有無は無関係 独身男 10/10/03 PM05
236121 イスラム世界の核『コーラン』とは何か? やっさん 10/08/13 AM02
221605 アラブ日本事情紹介番組「Thought(改善)」1 狒狒 09/12/10 AM00
219462 イスラムの日本観 狒狒 09/11/12 AM00
217848 日本文化の優位性を、日本人は分っていない。 猪飼野 09/10/22 PM04
217822 縄文体質に基づいた共同体規範と、私権を抑止・統合する為の共同体規範 匿名希望 09/10/22 AM08
217815 規範意識はどのように獲得していくのか 山上勝義 09/10/22 AM03
217772 日本人の平等性は、イスラムの統合階級にはどう写ったか 佐藤晴彦 09/10/21 PM05
217702 イスラム(中東)の規範は本物か? 狒狒 09/10/20 PM08
217688 イスラムの規範と経済、そして今後 松下晃典 09/10/20 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp