暴走する悪徳エリートの所業
217184 中川昭一は13兆円事件に深く関わっていた
 
Mr.Crowley 09/10/14 PM05 【印刷用へ
元々離米のスタンスであった中川氏がCIAに目を付けられていたと思われるが、議員を失職したことでそれが理由で殺害されることは考え難いが、一方で6月の13兆円事件が、中川氏が自民党の選挙資金のために秘密裏に米国債を売却しようとしていたものだという説がある。そうだとすると、財務省官僚の口封じに加えて、民主党やマスコミに対して反米への制裁の見せしめという理由が妥当ではないか。

ブログ「風林火山」(リンク)から転載します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
中川昭一が"暗殺"されたとするならば、その目的はなんなのか?
中川氏の政治的スタンスは次の通りである。

★ 保守派言論で知られ、核保有論者であり、北朝鮮の核開発に対しては、
  日本も核武装すべきであると提言する。

★ 2月のG7蔵相会議でもわかるように、金融政策においてIMF主導によ
  る基軸通貨や米国債購入に対し否定的である。

★ ロシアとのエネルギー開発関連で積極的である。

もうお分かりだろうが、彼のスタンスは日本の独立自衛であり、離米である。対米従属から脱することを信条としていたわけである。これらからも、米国にとっては目障りの存在である。

だが、選挙に敗れ、権勢を失った人間に対し、そこまで追い込もうとうするであろうか。実は、ここに自民党を敗北に追いやることになる"事件"に絡んでいたのである。すなわち、この6月にイタリアで起きた「13兆円米国債偽造事件」である。

この事件については以前にお伝えしているが、犯人と目される2人組の日本人は、財務省関係者であったことがわかっている。そして、この米国債は偽造ではなく本物であった。つまり、財務相を辞任した中川昭一は、選挙資金のために米国債の売却に動いたのだ。

米国に対しては、米政府が実施している金融安定化法に基づく財政出動の資金をこれで肩代わりすると"密約"し安心させるふりをして、売却しようとしたのだ。あくまで日本のためにである。

ところが、それは発覚し、頓挫したわけである。これにより自民は選挙資金が不足し、ネガティブキャンペーンに終始することになったのである。

そして、このタイミングで行ったのは、民主党政権の反動勢力である愛国派の台頭を抑えるための脅しでもあったのだ。(その意味で、鳩山首相の献金疑惑が取り沙汰され始めた民主党のマスコミ誘導と財務省官僚の口封じ的意味も加わっている可能性も大きい。)

父一郎や、あるいはこれまで失脚・殺害されてきた政治家同様、
米国に逆らった者と同じ運命を辿ったことが言える。

「核」にこだわり、「核」によって葬られた中川氏の生き様は波乱であったが、日本の未来を憂いていた憂国の士であることは確かである。

尚、暗殺の武器としてのボロニウムは、ロシアばかりでなく世界の諜報機関の手に渡っている。

氏のご冥福を祈る。 (了)

ソース: イーグルヒット クラブG-1(リンク
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

続いて、13兆円事件に日本政府、その中でも前財務大臣であった中川昭一が関わっていたことが紹介されています。

ブログ「最近の出来事」の記事「13兆円米国債のなぞ」(リンク)より
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
政府のお墨付きがなければ、こんなとんでもない債券はまったくの遊びに終わることは明らかです。

つまり、日本政府のお墨付きがあったからこそ、こっそりスイスでこれを現金に替えようとしたのでしょう。

そして、それを裏付けるように、6月19日、インターネット上のあるネットニュースが次のような驚くべき情報を伝えました。
それによると、この二人が日本の財務省の職員であることがイタリア当局によって確認され、彼らは日本政府に債券をスイスに持ち出して密かに売却するよう指示されていたことをイタリア財務警察に証言したというのです。

さらに、例の酔っぱらい中川昭一前財務大臣の信任状も同時に見つかったというのですから、日本のマスコミ、とくに週刊誌などはこれぞとばかり記事にしても不思議はありません。
でも、あれ以来、まったく完全に誰もだんまりなのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
  List
  この記事は 216610 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_217184
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp