西洋医療と東洋医療
217145 企業による自給自足の挑戦 〜船井総研の農業研修〜
 
竹村誠一 ( 30代♂ 長野 営業 ) 09/10/13 PM11 【印刷用へ
 経営コンサルティング会社・船井総合研究所の環境ビジネスコンサルティンググループでは、企業の自給自足に向けて、今年から社員の農業研修を行っているそうです。

 最近では公共事業の削減を受けての建設業者の農業参入や、新たな流通システム構築による農業再生といった流れは珍しくなくなりましたが、企業の自給自足という視点で農業に取り組むケースはまだ少ないのではないでしょうか。

 同グループの部長である菊池功氏がブログの中で、同社の農業研修の目的・主旨・狙いを語っているので、紹介させて頂きます。「企業としての自給自足〜エコライフを実践する〜」(リンク)からの引用です。

********************************

究極的には、
「最低限の食料の自給自足を達成する」
ことが出来れば素晴らしいと思っている。

企業農園を作って、社員持ち回り制で農作物を栽培管理して、
それを社員、及び、家族に分配して、
必要最低限の食料を自給自足的に確保したいと思っている。

また、都会生活をしながらでも、農作業に携わることで、
自然の恵みやありがたさ、逆に、難しさを体で覚えることも目的の1つである。

さらに、社員が一丸となり農作業に従事することで、
「農」や「食」を通じて、一体感・連帯感も感じることが出来る。

一方、視点を変えて、経営者発想で言うと、

経済状況がもっと悪くなって、
仮に、給料を下げざるを得ない状況になっても、
必要最低限の食料を支給することで、社員の暮らしを安定させる、
いわゆる、“現物支給の体制を作る”ことでもある。

地方の企業で、社員が兼業農家ならば、
食べていくことだけ考えれば、何とかやっていけるかもしれない。

しかし、土地も物価も高い都心部で、
賃貸マンションに住んでいるような若手社員の場合、
あるいは、小さな子供を持つニューファミリー的な社員の場合、
必要最低限の食料が確保されているというのは、
一にも二にも生活の安定につながる。
輸入に依存した食生活から脱皮しなければ、
本当の安定生活は作れない。

そして、農薬・化学肥料に染まった農作物に依存し過ぎては、
本当の健康的な生活は得られない。

  “自給自足”
  “地産地消”
  “身土不二”
  “LOHAS”
  “持続可能”
そういうライフスタイルを目指したい。

そして、そういうライフスタイルを目指しながら、
環境ビジネスを追求していきたい!

日常のライフスタイルがエコと全く縁遠い人が
本当の環境ビジネスを追求できるとは思えない!

今、出来ていたとしても、
それこそ持続可能なビジネスモデルではないと思う。

今回、約3か月間、農業研修を行って分かったことだが、
20〜30名程度で、上手に社員持ち回り制で栽培出来れば、
1人が月1〜2回、農地に行くことにより、
最低限の農地管理は出来るようだ。
(毎週末、担当の誰かが農地管理をする)

普段はビジネスとしてのコンサルティング活動、
月に1〜2回は、持ち回り制で農場に赴き、エコライフを目指した農作業、
そして、
収穫時には、全メンバーが一同に会しての収穫祭、
とりあえずは、このようなスタイルを確立したい。

今年は、あくまでも、研修、
来年は、米作りにもチャレンジして、野菜類は少しずつ自給自足、
3年後には、野菜に関しては本格的な自給自足、
そして、5年後には、胸を張って“自給自足”と言えるようにしていきたい。

以上のような活動を通じて、
船井総研自らがモデル(実験台)となり、
未来型企業のあり方を新しく作っていきたい。

そして、他の多くの企業にこの取り組みを提案していきたい。

これが、この農業研修を行う目的である。
*********************************

参照:
リンク「農業研修」
リンク「農業研修 その壮大なるプラン」
リンク「船井総研 農業研修」
 
  List
  この記事は 216586 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_217145
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
【コラム】次代の農業を経営視点から考える 「新しい「農」のかたち」 12/02/21 PM10
シリーズ「活力再生需要を事業化する」17〜企業による自給自足の挑戦 −船井総研の農業研修−〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/10/03 AM08
228731 居酒屋大手ワタミ 就農希望者を対象とした新事業を展開 匿名希望 10/03/22 PM07
223042 「特定法人貸付事業」による農業の雇用創出という新しい取り組み 匿名希望 09/12/30 AM08
219976 農業:旧い意識を変えるのも皆の役割 HAYABUSA 09/11/18 PM08
219849 農を介した集団再生への期待が高まっている マフラーの似合う猫 09/11/16 PM11
【減反政策は歴史上最悪の政策2】 「新しい「農」のかたち」 09/11/16 AM08
219039 書籍:『年収6割でも週休4日という生き方』2〜六割経済では自給農業が必須〜 center_axis 09/11/06 PM03
219037 書籍:『年収6割でも週休4日という生き方』1〜1984年は六割経済だった〜 center_axis 09/11/06 PM03
217844 農業を取り込んだ共同体企業の可能性 本田真吾 09/10/22 PM03
217828 農業でビジネスをするのではなく、農業をビジネスの基盤にする 小西良明 09/10/22 AM11
217826 企業が自給自足の実現に向かうことで、類的生産への生産様式の転換可能性が開かれる 西村典綱 09/10/22 AM10
217720 少し先の話ですが funnybunny 09/10/20 PM11
成功している農業事業から新たな可能性を探る2 〜集団原理の復活〜 「これからは共同体の時代」 09/10/20 PM11
217407 企業が生活の拠点になる。 関谷啓太郎 09/10/17 AM02
217388 もう、逆戻りはない!それどころか、今後、“永久的に”資本主義的な景気回復はない! 小松由布樹 09/10/16 PM11
企業による自給自足の挑戦 〜船井総研の農業研修〜 「新しい「農」のかたち」 09/10/16 AM10
217310 企業としての存在理由 東利正 09/10/15 PM11
217298 企業がこの先の状況を認識=>農業研修(自給自足) 長井雅貴 09/10/15 PM10
217297 企業による自給自足への挑戦について ゆたか 09/10/15 PM10
217295 農業で得られる「生活の安定」☆ ちよ 09/10/15 PM10
217292 みんな発の企業の農業参入には可能性あり! さとぅー 09/10/15 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp