アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
216833 アメリカの情報機関は、国家に寄生した存在
 
志水満 ( 53 東京 会社員 ) 09/10/09 PM07 【印刷用へ
アメリカは2004年に情報改革とテロ予防法(The Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004)により国家安全保障法が改正され国家情報長官が設置された。この元に15の情報機関がある。(リンク以下

@CIA(Central Intelligence Agency)中央情報局
ADHS(Department of Homeland Security)-国土安全保障省
BCGI(Coast Guard Intelligence)-沿岸警備隊情報部
CDIA(Defence Intelligence Agency)-国防情報局
DNSA(National Security Agency)-国家安全保障局。
ENGA(National Geospatial-intelligence Agency)-国家地球空間情報局
FNRO(National Reconnaissance Office)-国家偵察局
G陸軍情報部-G-2(情報参謀)、INSCOM(Intelligence and Security Command;情報・保安司令部)等
H海軍情報部-ONI(Office of Naval Intelligence;海軍情報局)等
I空軍情報・監視・偵察局-Air Force ISR Agency(空軍情報・監視・偵察局;旧AIA(Air Intelligence Agency;空軍情報局(空軍情報部とも))等
J海兵隊情報部-Marine Corps Intelligence Command(海兵隊情報司令部)等
KFBI(Federal Bureau of Investigation)-連邦捜査局
 ・NSB(National Security Branch)-国家保安部(国内向けCIA 2005年に新設された機関 FBI傘下)
LOIS(Office of Intelligence Support)-財務省情報支援局
MINR(Bureau of Intelligence and Research)-国務省情報調査局
NNNSA(National Nuclear Security Administration)-エネルギー省国家核安全保障庁

・国家情報長官は連邦政府の15の情報機関の予算、人事を統括する権限をもつ。しかし、各情報機関への指揮権は不明である。予算規模も公表されていなかったが、2005年、メアリー・マーガレット・グラハム(MaryMargaret Graham)国家情報副長官がテキサス州サン・アントニオの会合で誤って公表し、15の情報機関を合わせて年間約440億ドルという巨額に上ることが明らかになった。

このことはむしろアメリカの情報機関は統合されてこなかったことを意味し、現在もそういう状況ではないか。

>CIAが世界有数の強力な諜報機関になった背景には、かつてOSSの幹部を務め、後にアイゼンハワー政権下で8年間長官を務めたアレン・ダレスによる影響が大きいといわれる。<リンク
>サリバン・アンド・クロムウェル法律事務所は、ロックフェラー財団の理事だったジョン・フォスター・ダレスが、一時、代表をつとめた。弟のアレンもまた同事務所のパートナーだったが、ヨーロッパでアメリカの「スパイマスター」として活躍。帰国してCIAの組織替えにあたった。ジョン・フォスター・ダレスもディーン・ラスクも、ともにロックフェラー財団理事長から国務長官になった。<リンク

この中でもCIAは背後に市場を牛耳るロックフェラー財団があり、より色濃く国家に寄生した存在であり、自己中ともいえる彼らが、国家の養分を吸い尽くせば、市場も国家も共倒れになるだけである。
 
  List
  この記事は 100465 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_216833
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp