経済破局は来るのか?
216647 エネルギー自給への挑戦
 
だるま 09/10/07 AM03 【印刷用へ
 日本では、都市鉱山からのレアメタルのリサイクルについて、どんどん工夫が進んでいるようです。

///////////////////////////////////////////////////////////////
リンクより引用

独立行政法人物質・材料研究機構は2008年11月26日、「都市鉱山」と呼ばれる使用済製品の山から希少金属回収するための簡便な手法を見出したことを発表した。

同手法は、これまで人手をかけていた解体・選別をせず、数cm角程度に粗く破砕した電子機器をそのままボールミルに装入・処理し、物質自体や接合部分の物性を生かして分離させるもの。

ボールミルにこれまでの粉砕限界を超える大きな処理物を装入することで、接合部やセラミックス、メッキなどの希少金属成分は優先的に離脱されて1mm以下の粉末状態になり、粉砕されにくいプラスチック、アルミなどの構造材分は板状で残る。これにより、それぞれを後工程処理にかけやすい状態で得ることができる。

この手法は、基本的に熱も水も必要とせず、これまでも粉末製造技術としてよく用いられてきたボールミルを使うため小型分散型であり、「都市鉱石」づくりに適している、としている。

人手をかけずに使用済電子機器から「都市鉱石」を製造
リンク
press256.pdf
/////////////////////////////////////////////////////////////////

更に、電池のリサイクルも以下のように進んでいますが、こちらのエネルギー収支はどうなっているのか気になります。たまたま、中国からの輸入制限などで、コスト収支からリサイクルをせざるを得ないならば、過渡的なものとなるのかもしれません。

//////////////////////////////////////////////////////////////////
リンク より
日鉱金属、使用済みリチウム電池回収 レアメタル原料、安定確保   2009/9/4

 新日鉱ホールディングス傘下の日鉱金属は3日、使用済みのリチウムイオン電池からリチウムやコバルトなどの希少金属(レアメタル)を回収・再利用する実証試験を始めると発表した。リチウムイオン電池はハイブリッド車(HV)向けなどで需要拡大が見込まれているが、原料に使うレアメタルの大半を海外からの輸入に頼っている。このため、同社ではレアメタルを回収・再利用することでリチウムイオン電池原料を安定的に確保したい考えだ。

 同社子会社の日鉱敦賀リサイクル(福井県敦賀市)の敷地内に、使用済みリチウムイオン電池からレアメタルを取り出す技術の実証プラントを今年度中に建設し、稼働を始める。実証プラントでは、炭酸リチウムとコバルトで月間10トンずつ、ニッケルとマンガンはそれぞれ月間6トンの回収を目指す。

 日鉱金属は、磯原工場(茨城県北茨城市)で、リチウムイオン電池の主要部材である正極材の増産を予定しており、実証プラントで回収したレアメタルは同工場で原料として活用する計画だ。

 レアメタルの中でも、リチウムはとくに産出量が少ないため、現在では全量を海外からの輸入に頼っており、使用済み電池から回収・再利用する技術の確立が急務となっている。このため、同社は実証プラントで早稲田大学や名古屋大学と産学一体で研究に取り組み、世界初となる回収技術の実用化を目指す計画だ。

 同社では「リチウムイオン電池の市場拡大でレアメタルの需要も急増するため、資源の有効活用が重要になる」とみており、2011年度をめどにレアメタルの回収・再利用を事業化する方針だ。
//////////////////////////////////////////////////////////////////
 
  List
  この記事は 196628 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_216647
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
216711 日本のエネルギー自給率は20% 吉原徹 09/10/08 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp