アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
216609 小沢はロスチャイルドに便乗?
 
火中の栗 ( 40代♂ ) 09/10/06 PM09 【印刷用へ
没落する金融業界を席巻するロスチャ系のゴールドマンサックスの一人勝ち状態をどう見るか?
しっかりした金主=欧州貴族の後ろ盾があってこそではないだろうか?
だとすると、すでにロスチャは欧州貴族と手を組んだ(というより軍門に下った)と考えられる。

そして、今回の小沢の訪欧はロスチャイルドに挨拶にいった、という説が成立する。

※以下の引用には、明治維新後に日本がどのように支配されてきたかが明快にまとめられており、大変参考になりました。


■『変人?タクちゃんの毎日がワクワク!!』より引用リンク_____

日本と言う国は大きな枠組みで掻い摘むと「明治維新」と言うのはロスチャイルド家の資金を使って日本を開国し当時の「日本のドン松方正義」が仏ロスチャイルド家の承認を受けて日銀を設立し日露戦争でもロスチャイルド家の潤沢な資金と諜報力をバックにして勝ったと思っている。

だから司馬遼太郎の「坂之上の雲」なども三分の一位は歴史的な事実だろうが他は司馬の作り話だと思っているというか、それが事実だろう。

その日本を「金のなる木」に育てたところで米石油、金融財閥の「ロックフェラー家」が第二次世界大戦で日本を横取りして、日本は目出度く「アメリカ様の植民地」になったという大きな枠組みでの考え方だ。勿論、J.Dロックフェラー一世が成り上がるまではロスチャイルド家からお金を借りそれを資金にして成功したのも事実だろう。

本当の歴史と言うのは「お金の流れ」なしでは語れないのだ。奇麗事ではない。何をするのも要はお金なのだ。決して「男のロマン」などのハリウッド映画や歴史小説のレベルではない。

1914年にFRB(連邦準備銀行)が設立された時まではアメリカもロスチャイルド家が実質を握っていたと思われるが多くのロスチャイルド家の代理人が恐らく賄賂や恐喝によりロックフェラー家に乗っ取られアメリカが「ロックフェラー帝国」になる準備が整い「1929年ブラックサーズデイ(世界大恐慌)」をロックフェラー家が意図的に起こしロスチャイルド系が大火傷した。そこからはアメリカは「ロックフェラー家」が支配する帝国になった。

そして第二次世界大戦でロックフェラー家はブッシュ家を使い「ナチス・ヒトラー」を支援しユダヤ人を虐待(ホロコースト)しヨーロッパの金持ちユダヤ人の財産を没収しヒトラーを叩き潰し、日本も叩き潰し「ロックフェラー家の時代」に世界はなった。

「満州国」はロスチャイルド家により極東にユダヤ人国家を作る計画で日本に統治させていたのだが米内光政などのロックフェラー家のスパイがロックフェラー家の指示に従い満州国を超え中国侵略へ向かい、すぐに真珠湾攻撃である。

おかしいではないか?こんな無茶な作戦を取るほど日本人は馬鹿なのであろうか?恐らく唆されたであろう。案の定、日本は「ゴキブリホイホイ」の如くアメリカの戦略に嵌り敗戦国となり、実質的に日本はアメリカの植民地になった。

それが現在まで続いていたがアメリカ帝国は実質的な金儲けを他国に譲り「戦争」と「エネルギー支配」に依存し「金融工学」と言う恐ろしい「金融核爆弾」を駆使しアメリカ帝国を繁栄させたが、「911事件とイラク戦争の失敗」そして今回の「金融核爆弾」の破裂でアメリカ帝国は没落に向かう。

今回の「リーマンショック」で殆どのロックフェラー系の証券、金融機関はババを掴まされたが(強欲思想の果て自ら自分の首を絞めた)ナントここで頭角を現したのが虎視眈々とロックフェラー家の没落を狙っていたロスチャイルド財閥である。

ロックフェラー家も二分化されていて現在までは分家である「デイヴィッド・ロックフェラー94歳」が金融の総本山ニューヨーク・ウオール街を支配していたが本家の「J.Dロックフェラー4世(ジェイ)」が欧州ロスチャイルド家とタッグを組み「ゴールドマンサックス」が唯一の勝ち組になった。

日本で言えば「三井住友系」である。本当に大雑把な枠組みで書いたが私は副島隆彦先生の理論が一番しっくり来る。正直、他の「ロスチャイルド陰謀論」は首を傾げる。

皆さんもご存知の通り「ジェイ・ロックフェラー」といえば思い浮かぶのが「小沢一郎先生」との親交である。今は「デイヴィッド・ロックフェラー時代」から「ジェイ・ロスチャイルド連合」の時代に変化したのである。

はっきり書くが今の没落した英国に何故、わざわざ小沢一郎さんが尋ねていかなきゃいけないだろう?英国など世界覇権を失った貧乏国家ではないか。

つまり「ジェイ・ロスチャイルド連合」なので本家ロスチャイルド家へのご挨拶が目的だろう。鳩山総理もニューヨークへオバマ大統領との会談に向かった。

民主党の戦略は「デイヴィッド・ロックフェラー94歳」に媚を売る振りをして「勝ち馬のロスチャイルド財閥」に便乗するのだと思う。

どうせ日本は技術力は世界に誇れるが外交、金融となると全くセンスがないし日本人の性質に合わないので勝ち馬に便乗するしかないだろう。それが現実だ。

あくまでも仮説です。「真実」だと思うんですが・・・・。

_____________________________引用以上
 
  List
  この記事は 215613 ブログ への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_216609
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
217143 小沢幹事長 訪中そして訪朝?へ その狙いは何? 疾風怒濤 09/10/13 PM10
216782 小沢民主党と英ロスチャイルド勢力との接近 SE_Hacker 09/10/09 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp