現代意識潮流を探る
216394 いじめと仲間意識
 
さき ( 20 東京 大学生 ) 09/10/03 PM10 【印刷用へ
>最深部の充足志向は上昇し続け、それに伴って充足発の実現志向も上昇してゆく。そして、それは子供や若者の仲間収束として顕現する。(例えば、私権より何より「仲間第一or仲間絶対」だからこそ、昔からあった「いじめ」が逃げ場のない深刻な問題として浮上したのである。)

「仲間第一or仲間絶対」という意識があるからこそ、「いじめ」が存在するとういうことが以外だった。

私は、今のいじめ問題には終わりがなかなか見えないと感じている。
”いじめられたからいじめ返す””無視されたから無視し返す”といったように、現在のいじめは繰り返され、そのいじめの度合いもいじめが繰り返される回数が増える度に深刻化してゆくように思える。

どうすれば、いじめは無くなるのだろうか。
私が高校時代に通っていた都立園芸高校では、畑での野菜栽培や除草、花の栽培をする授業が必修科目として取り入れられており、クラスの生徒全員が教員の指導の下、協力し合って作業を進める。

園芸高校に入学してくる生徒は、もともと農業や草花に強い関心を持っている生徒はほとんど居なく、最初は土を触ることさえも嫌がる生徒がいる。
しかし、畑や庭園で共同作業を行うことによって協調性や仲間意識が自然と生まれ、クラスの生徒達は皆とても仲が良かったように思える。

私は、みんなで協力し、共認し合うことのできる場があれば「いじめ」は減少するのではないかと思う。例えば、畑での作業ならば収穫や除草の大変さを共認し合うことができる。また、畑で土を触り、自然に触れることで充足感情を得ることができる。

クラスの協調性や結束を高めようとするならば、体育祭や音楽祭など一時的にクラスを纏める行事よりも、普段から生徒同士が協力し合い、自然にコミュニケーションを交わし、互いに信頼関係を築くことの出来る場が必要ではないだろうか。
 
  List
  この記事は 213622 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_216394
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
216951 RE:いじめと仲間意識 西谷文宏 09/10/11 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp