サル社会を解明しよう
21619 真猿の進化史
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 02/01/21 PM11 【印刷用へ
さてご質問のリスザルについてですが、元もとの問題がサルの進化過程を巡る問題ですので、回り道になりますが、真猿の進化史を先に見ておくべきだろう思います。

真猿の進化(系統分化)は以下のような軌跡を辿っています。
@オモミス類(原猿)からメガネザル系統と初期真猿(の祖先)が分化
A4000〜4500万年前真猿登場
Bその後広鼻猿類(新世界ザル)と狭鼻猿類が分化。3500万年前?
狭鼻猿類がアフリカ大陸からアメリカ大陸に渡ったのは約2500年前と言われており(最古の化石がそれ)、当時はアフリカとアメリカ大陸は既に分離しており約500kmしか距離がなかったとはいえ、島伝いに奇跡的に渡った模様。おそらく狭鼻猿類に追われたものと考えられます。

C狭鼻猿類が旧世界ザルとホミノイド(類人猿含むテナガザル系)に分化(約2500〜3000万年前)
 その後旧世界ザルは尾長ザル系とコロブス系に分化
Dホミノイド(原テナガザル)から類人猿分化(1000〜1500万年前)


これらの過程では概ね進化するにつれて、大型化する傾向が見られます。(例えば新世界ザル<尾長ザル<テナガザル系<チンパンジー)

この過程を推測するに、南方の樹上という特権的世界を独占したサル類は、主要な敵が異種のサルとなったと考えられます。そして、大型の新たな種が登場する度に、従来の種がその場を追われ、(もしくは淘汰され)追われた種は新天地を求めて、新たな環境に適応するという過程を辿ったのではないかと類推されます。

また大型化のベクトルは種間の闘争のみならず、サルの集団内の序列闘争(ボス争い)でも有利に働く=より大型の血統が多く残るので進化と大型化の相関関係により拍車をかけたと考えられます。

加えて原猿から追うとこの進化過程は単体→オスメス同棲の単雄複雌集団→複雄複雌の集団という過程です。つまり種間の闘争に勝ち残るために、概ね大型化と、集団化⇒知能の発達と言う二つのベクトルで発達してきたこれが,サルの進化史の大きな流れだと思われます。

<参考>ホームページでは「霊長類の進化を探る」
リンク
が分かりやすい。

 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_21619
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
真猿の分化と進化過程 「Biological Journal」 06/12/04 PM05
108950 新世界ザルと旧世界ザルの分岐 東努 06/04/13 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp