収束不全:やりたいことが見つからない
21460 「自分らしさ」を理解できない人々
 
西谷文宏 ( 24 和歌山 建築設計 ) 02/01/19 AM00 【印刷用へ
随分前に先住民族の文献で読んだのですが、彼らは「自分らしさ(MYSELF)」と言う観念が理解できないそうです。
(むしろ理解できないと言うよりも、存在しない)

彼らは、自分が大地の一部であり、(大地と)同一であると考えているため、その大地の上に立つものは全て「同じもの」だと理解しており、
ネイティブであるかどうかや、宗教に関係なくその認識を持っているようです。「大地に立つもの全て」であるので、獣や鳥、花や木々にまでその認識は及びます

当時僕は、「自分らしさ」と言う観念を持たない彼らを今一イメージできずにいましたが、ここのところの構造認識・パラダイム転換の議論を通して、なんとなくその意味するところを実感できた気がします

彼らは、何よりも、人々の意識(皆)=自分=現実であることを理解していたのだと思います。そのために、現実(皆の意識)と自分の意識を切り離して理解することが出来ないのでしょう。「大地に立つものは全て同じ」と言う考えは、世界=現実を理解する構造認識と言えるのかもしれません

「世界」と「自分」を切り離し、「自分が自分である理由」=自分らしさを追い求めて来た、現代人。しかし、そこには答えなどなく、空しさと孤独感だけが付きまとう。

しかし、「自分らしさ」と言う観念を持たない彼ら(ネイティブ)は、不安に怯えるどころか、常に自信に満ち溢れ力強く、存在不安の欠片も見られない

いかに、僕達に刷り込まれた「自分らしさ」と言う観念が倒錯したものであるかがわかります
それは同時に、「現実=人々の意識=自分」と言う構造認識の正しさを知ることでもある

四方勢至さんからの認識提示を受けて、おぼろげながらではあるが、ようやくその構造認識にたどり着いた僕達
どうやら僕達現代人は大きな回り道をしてしまったようです
 
  List
  この記事は 21141 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_21460
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
シリーズ『共同体社会と本源の心』? 〜「自分らしさ」を理解できない人々 「共同体社会と人類婚姻史」 10/11/20 PM09
239012 【図解】「自分らしさ」を理解できない人々  さくらんぼ♪ 10/10/06 PM10
239009 『自分らしさ』を理解できない人々は増えてる〜\(◎o◎)/!? 三浦由衣 10/10/06 PM10
228855 シンプルに考えること 石澤亜紀香 10/03/24 PM10
228847 周りからの評価こそがその人らしさ、特色と言える☆ 三浦由衣 10/03/24 PM09
226384 【図解】自分らしさを理解できない人々 小林雅志 10/02/13 PM07
226007 【図解】「自分らしさ」を理解できない人々 衛藤信義 10/02/07 AM00
225854 本来、人類は常に自分以外を対象化してきた 澤根和治 10/02/05 AM02
224889 「大地の立つものは全て同じ」という言葉を理解する 志水満 10/01/23 AM00
217777 【図解】「自分らしさ」を理解できない人々 長谷暢二 09/10/21 PM07
217770 共認充足を邪魔する自分という観念 北川和秀 09/10/21 PM05
215660 マングースVSハブの死闘に、なぜか清々しさを感じました アニマルマニア 09/09/24 AM01
215234 【図解】「自分らしさ」を理解できない人々 安部真未 09/09/17 PM07
215147 「構造認識が正しいかどうかは、それが活力につながるかどうかを見れば良い」 矢ヶ崎裕 09/09/16 PM05
215128 自分らしさとは?? 09/09/16 AM10
215123 構造認識の正しさは活力が出るかでないか コールスロー 09/09/16 AM08
205694 釈迦の時代⇒悟り ; 現代⇒観念を塗り替えるだけ 猪飼野 09/05/02 PM08
205692 「自分らしさ」とは現代人の自分勝手な欲望そのもの ギニュー特戦隊 09/05/02 PM08
205607 【図解】「自分らしさ」を理解できない人々 浅見昌良 09/05/01 PM03
205429 当然の存在不安 ふき子 09/04/28 PM10
204758 自分らしさの背後にあるの否定意識?〜そういえば、最近使われなくなってきた感じがします。 山田太郎 09/04/20 AM00
204697 価値観で捉えるから、美化する必要がある あわわ 09/04/19 AM02
194154 「自分らしさ」の追求の行き着く先は自己中? 匿名希望 08/12/06 AM04
193501 「自分」は「世界」と繋がって初めて意味を持ち、存在しうる。 浜永良成 08/11/29 AM09
192642 【幹図解】「自分らしさ」を理解できない人々 いかいか 08/11/19 AM01
191269 自分らしさとは自分の役割のこと。 ばきちょこ 08/11/01 PM11
190963 私有の意識を捨てれば社会に眼が行く magarimame 08/10/29 PM07
190877 対象世界のない自分らしさ 匿名希望 08/10/28 PM04
190725 「自分らしさ」がもたらす不安を越えるために 田中直人 08/10/26 PM01
188108 呼ばれ方ひとつにもこだわる 喜多雅子 08/09/29 PM06
188096 言い訳、誤魔化しの材料にしかなっていない「旧観念」 斎藤一浩 08/09/29 PM03
187878 「自分らしさ」が変化しつつある? 匿名希望 08/09/28 AM02
186682 【図解】自分って、何?生きるって、何? 匿名希望 08/09/22 PM07
184475 自分らしさを理解できない人々を読んで 和田哲郎 08/09/02 PM03
181333 なんで自分らしさを追い求めるのか? 千葉裕樹 08/07/16 AM05
178169 「自分らしさ」という言葉が孕む危険性 キン肉バスター改 08/06/02 PM04
173096 本当の自分らしさって。 岡田英利子 08/03/27 PM10
170059 > 「自分らしさ」を理解できない人々 寺嶋眞一 08/01/31 AM06
170052 旧友に逢うのがいやだった理由は 佐藤晴彦 08/01/31 AM03
169382 【図解】 自分らしさを理解出来ない人々 むはひふ 08/01/20 PM05
163799 「同じ」ということと「違う」ということ 星埜洋 07/10/19 PM10
158385 言葉は違っても潜在思念は同じ 長谷川文 07/08/06 PM08
156422 現実=人々の意識=自分 清水由記子 07/07/08 PM00
156408 「人々の意識=自分」という言葉 狒狒 07/07/08 AM07
154754 繋がっているということ 渡邊真也 07/06/19 PM02
154088 統合サイトは現代人にとって「大地」である。 八代至誠 07/06/11 AM08
154005 「自分らしさ」とは、充足の妨げにしかならない 中村英起 07/06/10 AM08
153980 先住民に倣って、空しさと孤独感から脱却しよう。 大森義也 07/06/09 PM11
153511 何気ない言葉に潜む誤魔化し きっちょむ 07/06/04 PM03
153426 危険な観念「アイデンティティー」 若林勇夫 07/06/03 PM02
146657 「自分らしさ」から解放されると自信が出てくる。 田野健 07/03/07 PM10
146409 日本人が残している本源性の重要性 大西敏博 07/03/04 AM11
144310 ありとあらゆるものが応望=期待できる対象 石川笑美 07/02/07 PM06
144294 自分らしさの転換 下城浩一 07/02/07 PM01
144292 事実観念を必要とする地平 07/02/07 PM01
144281 「大地に立つものは全て同じ」VS「人類は皆兄弟」 松尾茂実 07/02/07 PM00
143860 さかな 07/02/01 AM08
143692 「自分らしさ」追求の果てに 大木康子 07/01/30 AM09
143691 存在不安発の「自分」 美奈 07/01/30 AM09
143680 視野を広げて・・・ 平位和佳子 07/01/30 AM01
142792 自分で作った物など一つも無い 「るいネット」ファン 07/01/19 PM10
139883 同化が共認回路を太くする。 magarimame 06/12/11 PM08
138411 自然と同化していることの強さ 後藤美奈子 06/11/25 PM02
138253 大地に立つもの全て かにかに 06/11/23 PM01
137995 「じっと座っていなさい、そしてそれを楽しんでごらん」 るぎあ 06/11/20 PM02
133990 最後の拠り所・・・それが「自分」 匿名希望 06/10/12 PM07
130997 みんなの中にいるからうまくいく 匿名希望 06/09/16 AM01
114351 RE:「自分らしさ」を理解できない人 大橋いずみ 06/05/18 PM00
21852 自分探し 山岡千恵 02/01/23 PM09
21810 同じものになるとき。 西田美和 02/01/23 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp