暴走する悪徳エリートの所業
213887 潮流8:自民党は、なぜ見限られたか?
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 09/08/29 PM08 【印刷用へ
この危機発の目先収束は、危機発である以上、私権体制の崩壊に伴う一時的な潮流であることは明らかである。その意味では、目先収束と特権階級・下層階級の暴走は、社会の表層に現れた先端現象にすぎない。

暴走を続ける社会の深層では、私権原理から共認原理への移行が着々と進んでいる。そして、社会の表層で進行する格差の拡大と権力の暴走は、この深層の充足志向→実現志向およびそれらが生み出した共認収束の大潮流と根本的に対立する。つまり、彼らの言動は時代に逆行したハネっ返りの反動行為そのものである。従って、特権階級が暴走すればするほど、彼らの無能さと邪心が見え見えになり、白日の下に曝け出されてゆく。

こうして、’05年のマスコミを使ったやりたい放題の郵政選挙を経て(73071「マスコミの煽動報道とその最後」参照)、’09年、遂に「何が何でも自民を引きずり降ろせ」という脱自民(反特権)の潮流が顕現した。これまで好き放題に格差を拡大し、権力の乱用を繰り返してきた特権階級に対する大衆の怒りと不信と危機感こそ、自民党が見限られた理由である。その権力中毒を直せない限り、もはや永久に自民党に未来はない。この点は、次政権も同様で、彼らが権力中毒に溺れる時、彼らも忽ち支持を失うことになる。

おそらく、今回の選挙結果を受けて、財界や自民党や官僚の少なくとも一部には反省の気運が生じるだろう。しかし、何の反省もしない特権階級が生き残っている。この厚顔無恥な最後の特権階級こそ、今回の暴走をリードしてきたA級戦犯であるマスコミ人に他ならない。
 
  List
  この記事は 213827 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_213887
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
255779 特権階級と大衆との乖離 三浦由衣 11/08/20 PM01
255760 特権階級の暴走が彼らを自滅させる。残るは、全ての元凶のマスコミを突破すること! 吉田達乃鯉 11/08/19 PM10
255756 仕事を面白くするには‥。 石橋創 11/08/19 PM09
大転換の予感「潮流8」:自民党は、なぜ見限られたか? 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/05/31 PM11
共認時代への道しるべ〜潮流8:自民党は、なぜ見限られたか? 「これからは探求の時代」 11/03/08 PM09
246352 危機発だったから続かなかった 岩井宏之 11/02/26 PM10
246348 社会を知って、就職しよう 福島寛樹 11/02/26 PM10
246341 自習スペースに見られる共認収束意識の顕在化 足立景 11/02/26 PM10
246339 充足思考によって、危機発の目先収束よりも強い活力が生まれる 堀古聡美 11/02/26 PM09
233632 【図解】潮流8:自民党は、なぜ見限られたか? 匿名希望 10/06/23 PM07
233624 次は脱マスコミ!? K.G 10/06/23 PM02
233452 目先収束と充足・実現志向の綱引き わっと 10/06/19 PM09
233414 【図解】潮流8:自民党は、なぜ見限られたか? 山名宏明 10/06/18 PM11
233402 民主・マスコミの結託→厚顔無恥な権力の暴走と、共認収束の大潮流 川井孝浩 10/06/18 PM07
233390 マスコミ監視は何処でやる? 斎藤一浩 10/06/18 PM05
233378 「自民党を見限った」先の社会を統合する実現可能性 K-brace 10/06/18 AM08
233352 大切なことは、充足基調で実現していくこと これんじ 10/06/17 PM10
潮流8:自民党は、なぜ見限られたか? 「日本を守るのに右も左もない」 10/05/15 AM08
229600 充足志向→実現志向の意識をどれだけ掴んでいるかがこれからの軸。 historyroad 10/04/05 PM00
229502 転換への道のり・・・すごく楽しそう☆ かんちゃん 10/04/03 PM10
226445 権力の暴走・乱用と共認収束の大潮=自我vs共認の対立構造 彗星 10/02/14 PM00
221923 田原総一朗氏の降板の背後にあるもの たっぴ 09/12/14 PM00
221585 マスコミの操作する騙し観念そのものが、社会の私権原理から共認原理への移行を、私権制度の残存とともに阻害している最大原因 TAB 09/12/09 PM08
経済破局を突き抜けていく道標 〜潮流8:自民党は、なぜ見限られたか? 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/11/22 PM05
220137 可能性発の探索が私権の枠を取り払っていく コールスロー 09/11/20 PM03
220016 マスコミは赤字でも高年収! マナティー 09/11/19 AM02
219982 危機発の目先収束とは? 09/11/18 PM09
219979 マスコミが「何の反省もしない」のは、なぜか? 矢ヶ崎裕 09/11/18 PM08
219698 自民党大敗と選挙前後の民主党に対する国民意識の分析 匿名希望 09/11/15 AM02
219310 マスコミは最後に残った特権階級 匿名希望 09/11/09 PM08
218622 政治を勉強する上でも、歴史認識と構造化の視点が不可欠 山田孝治 09/10/31 PM08
218539 小泉政権の時の変革期待と民主政権への変革期待の違い? 雪竹恭一 09/10/30 PM07
218465 今、小学校の先生が危ない! やっち 09/10/29 PM11
218213 私権統合は必ず崩壊する 川井孝浩 09/10/27 AM01
216205 一般大衆の意識 SR400 09/10/01 PM01
今後の追求テーマ〜民主党はどうなる? 「日本を守るのに右も左もない」 09/10/01 AM00
テレビCM削減で経常利益が3倍に!! 「ブログ de なんで屋 @東京」 09/09/25 PM06
これを読めば時代がわかる!最新版〜潮流8:自民党は、なぜ見限られたか? 「感謝の心を育むには」 09/09/22 PM10
215476 若者の政治意識アンケート 渡邊真也 09/09/20 PM06
215337 年代別投票率グラフ 渡邊真也 09/09/18 PM07
215253 共認への一歩か funnybunny 09/09/17 PM10
215246 最後の悪あがき. リョウ 09/09/17 PM10
215203 自民党、倒産の危機 夢想仙楽Ж 09/09/17 PM00
215180 『民主党』は外圧を捉えられるのだろうか? 匿名希望☆ 09/09/17 AM01
215149 何の反省もしない特権階級の例 山上勝義 09/09/16 PM06
私権の最後の砦 それが現在の農村 「新しい「農」のかたち」 09/09/16 PM01
215130 【図解】 潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 山田孝治 09/09/16 PM00
215094 充足志向から実現志向になる時って? 高間愛美 09/09/15 PM10
215040 落選した二・三世議員には大胆な転職を、 持国天 09/09/15 PM00
自民党は、なぜ見限られたか? 〜その2 「日本を守るのに右も左もない」 09/09/11 AM01
民主党で日本は変わるのか?〜(1)脱官僚特権階級の実体が暴かれるとき 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/09/05 AM04
214160 Re.自民党は、なぜ見限られたか?〜大衆意識からの検証 戌年 09/09/02 PM08
今後の日本が守るべきもの、目指すべきものは? 「なんで屋−驀進劇−」 09/09/01 PM09
09年総選挙 5%の新たな反自公=民主支持の登場 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/09/01 PM04
今後の日本が守るべきもの、目指すべきものは? 「なんで屋−驀進劇−」 09/08/31 PM02
213992 潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流 岡田淳三郎 09/08/31 AM03
213991 変えたいのは政権? きなこ 09/08/31 AM02
213977 大衆意識をもはや掴めなくなったマスコミ 田中素 09/08/30 PM09
民主党による改革は成功するのか? 「日本を守るのに右も左もない」 09/08/29 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp