国債経済とその破綻(大破局の予感)
213680 潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 09/08/26 PM10 【印刷用へ
生存圧力が衰弱すると、私益追求の欠乏も力強さを失って徐々に衰弱してゆく。そして’70年、三種の神器が行き渡り、ほぼ豊かさが実現されると、物的充足が飽和限界に達したことによって需要が頭打ちとなり、市場は拡大を停止するしか無くなった。

需要の頭打ち(→市場縮小)に危機感を感じた財界、政界および学者、官僚、マスコミの者たち(以下、特権階級と呼ぶ)は、不足する需要を補うために、今日までに900兆もの資金を市場に流し込んできた。そして残されたのが、もはや返済不可能な国の借金である。(注:但し、金貸し=中央銀行から紙幣発行権を剥奪し、国家紙幣を発行する形に切り換えれば、忽ち国の借金はゼロになる。)

’70年以降の大本営が発表するGDPから、毎年市場に注入された国の借金(国債・地方債etcの借入金)によって作られた人工需要を引くと明らかなように、毎年のGDPはマイナス成長となる。つまり、自由市場は、豊かさが実現された’70年以降、縮小過程に入ったのである。現在の市場は、国家による資金注入という輸血装置によって生き延びている人工市場なのであって、決して自然な需要と供給に委ねられた自由市場なのではない。従って、当然、大きな歪みが発生してくる。

需要が飽和している所に、巨額なマネーを流し込んでも、市場は余分なマネーでジャブジャブになるだけである。しかし、いくらマネーでジャブジャブになっても、常に供給過剰・需要不足なのでインフレにはならない(=余分なマネーが吸収されない)。そこで、必然的に余分なマネーは土地や株式etc供給に限界のある投機商品に流れ込み、投機商品のハイパーインフレ=バブルを生み出す。
こうして’85年以降、日本経済は世界の先頭を切って、バブルによってGDPを水膨れさせる偽りの経済=バブル経済に突入していった(続いて’90年以降、米欧はもちろん、新興の中露も巻き込んで世界中がバブル経済に突入してゆく)。
つまり、’85年以降、市場はバクチ経済の段階に突入したのである。
 
  List
  この記事は 213622 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_213680
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
ダウ最高値更新…世界的バブルが再び起こっている(バブル崩壊の衝撃がまた世界を襲う) 「にほん民族解放戦線^o^」 13/03/07 AM01
共同体社会の実現に向けて−12 〜実現論序4.統合階級の暴走で失われた40年(その1) 〜 市場主義の暴走と市場崩壊の危機 「日本を守るのに右も左もない」 11/12/12 PM07
253481 国家も市場システムの中の、1つの駒 石橋創 11/06/25 AM02
253434 バブル経済への知識の深まりとこれからの僕の意識 大橋邦旭 11/06/23 PM09
253433 輸血経済の暴走 なるる 11/06/23 PM09
253275 世界の金余りは途方も無いレベルに達している 匿名希望 11/06/20 AM03
253266 データは強し:市場は縮小 萱間直 11/06/20 AM00
253259 政治家個人の力ではなく大衆の力を集約するシステムへ 孫悟空 11/06/19 PM10
253220 日本破綻の危機 亀山真央 11/06/18 PM10
253219 知らなかった経済の裏側〜そこから得られた気づき〜 小林優介 11/06/18 PM10
大転換の予感「潮流4」:輸血経済(自由市場の終焉) 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/04/26 PM07
「日本人は何を学ぶべきか〜近代社会の騙しの構造」第2話〜自由市場など幻想である 「日本を守るのに右も左もない」 11/02/04 PM09
244866 企業の共同体にむけて 孫市 11/01/30 AM10
237991 輸血経済 もりちゃん 10/09/16 PM11
236155 日本の国債はどうなるのか(1) 日本国債を誰が買うのか? 小暮 勇午 10/08/13 PM07
235464 【図解】潮流4:輸血経済(自由市場の終焉) 金木洋平 10/07/31 PM07
235406 中身が無いから、特権になる 川井孝浩 10/07/30 AM08
235405 特権階級が危機感を感じるのは何で? 山名宏明 10/07/30 AM03
235398 豊かになってみんなが安心したのになぜ特権階級は危機感を感じたのか? 斎藤一浩 10/07/30 AM01
231628 金利の禁止で金貸しの息の根が止まる 斎藤一浩 10/05/14 PM03
230341 【図解】潮流4:輸血経済(自由市場の終焉) Rivet16 10/04/19 AM01
229987 市場にお金を投入してもインフレにならないのなんで? 池田有希 10/04/12 PM02
227740 お金と豊かさ 内藤真理子 10/03/06 PM10
2010年代はどういう時代か?第2話〜市場は絶体絶命の限界を向かえた 「日本を守るのに右も左もない」 10/02/20 PM03
226333 【図解】潮流4:輸血経済(自由市場の終焉) KOU 10/02/12 PM07
224552 1970年代の日本の経済状況と輸血経済・自由市場の終焉1 彗星 10/01/18 PM05
環境を考えるには構造認識が不可欠!『潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)』 「地球と気象・地震を考える」 10/01/04 PM06
221693 【幹図解】潮流4:輸血経済(自由市場の終焉) 池田有希 09/12/11 PM01
218608 【図解】潮流4:輸血経済(自由市場の終焉) 橋本正雄 09/10/31 PM05
217819 ’70年代 電通の広告戦略 きっちょむ 09/10/22 AM07
経済破局を突き抜けていく道標 〜潮流4:輸血経済(自由市場の終焉) 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/10/20 PM08
217655 本当に必要とされているものとは? チクワ 09/10/20 AM00
217249 国民全体が駆り立てられて暴走した、平成(バブル)景気 匿名希望 09/10/15 PM00
217169 輸血経済:国家ぐるみの犯罪行為 09/10/14 PM00
217167 「インフレ」と「バブル」の違い 匿名希望 09/10/14 AM11
217070 企業や事業の存在意義を問いただす時代 八代至誠 09/10/12 PM04
217003 「中央銀行」は国家を相手にする大金貸し コスモス 09/10/11 PM08
216938 今、国や個人の未来にとって必要なことは? 君津キャット 09/10/10 PM10
216693 返済不可能な借金900兆円は、どこから来たのか? 中村淳子 09/10/07 PM09
216692 大衆の安定志向に反して、経済がバクチ化していったのはなんで? 匿名希望 09/10/07 PM09
216674 市場経済は「八百長のバクチ」 きっちょむ 09/10/07 PM04
216621 株式市場は賭博場 匿名希望 09/10/06 PM11
216463 次代の国際競争力は実現力 JUST-IDEA 09/10/04 PM08
216431 GDPに変わる評価指標の創出 JUST-IDEA 09/10/04 AM10
216414 「自由市場」は架空観念 雪竹恭一 09/10/04 AM00
215383 「投機」とは ヨネ 09/09/19 PM00
215368 日本(’85年以降のバブル)とオランダ(チューリップ・バブル)で起こったバブルの違い K-brace 09/09/19 AM01
215366 経済の常識が覆された40年 石橋創 09/09/19 AM00
215365 今まで「自由市場」だったのか? 猪飼野 09/09/19 AM00
215349 【図解】潮流4:輸血経済(自由市場の終焉) 坂本日出夫 09/09/18 PM09
215007 【図解】潮流4:輸血経済(自由市場の終焉) 佐藤賢志 09/09/14 PM10
これを読めば時代がわかる!最新版〜潮流4:輸血経済(自由市場の終焉) 「感謝の心を育むには」 09/09/04 AM10
213681 潮流5:失われた40年 岡田淳三郎 09/08/26 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp