’70年貧困の消滅と私権の衰弱
213622 潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 09/08/26 AM00 【印刷用へ
’70年、工業生産の発展によって、ほぼ貧困が消滅し、豊かさが実現された。この豊かさの実現=生存圧力の弛緩は、生物が経験したことのない全く新たな事態である。但し、人類は1万数千年前、飢餓から解き放たれた採取部族の時代に、一度、これに近い状態を経験している。

一般に危機状況では、危機を突破しようとする意識的な実現志向が強く生起するが、その実現可能性は小さい。他方、充足状況では、無意識に近い弱い実現志向しか生起しないが、その実現可能性は大きい。
豊かさが実現され、生存圧力が弛緩すると、闘争の実現可能性よりも充足の実現可能性の方が大きいので、人々がそちらに向う結果、闘争よりも充足の方が価値が高くなる。つまり、闘争よりも充足の方が、挑戦よりも安定の方が大切になる。従って、闘争(仕事)志向や挑戦(創造)志向よりも、充足志向や安定志向の方が強くなる。

また、生存圧力が衰弱し、物的充足が飽和状態に達した状況での新たな(=より大きな)充足可能性は、物的価値ではなく類的価値(人と人との間に生じる欠乏)の充足の中にしかない。そして、類的価値の充足とは、共認充足に他ならない。又、充足志向は安定志向を生み出すが、この安定も相手との共認や規範の共認etc人々の共認によって実現する。従って、生存圧力を脱した人々が志向する充足・安定志向は、必然的に共認収束の大潮流を形成してゆく。
それだけではない。生存圧力が弛緩したことによって私権圧力→私権欠乏も衰弱過程に入ってゆく。つまり、’70年、豊かさの実現(=貧困の消滅)をもって、人々の意識は私権収束から共認収束へと大転換を遂げたのである。従って、資本権力も衰退過程に入り、代わってマスコミの共認権力が第一権力に躍り出る。

この闘争から充足への基底的な価値転換を受けて、’60年安保闘争、’69年全共闘運動と続いた否定発の反体制運動は、’70年以降一気に衰退してゆく。そして、彼らもまた、安定したサラリーマン生活の中へと埋没していった。こうして、’50年代以来の怒れる若者たちは少数派に転落し、わずかにその名残を暴走族やヤンキーとして留めるだけとなる。
これは、豊かさの実現=生存圧力の弛緩に起因する、男原理主導から女原理主導への転換であるとも云える。(その後の性的商品価値の暴騰とそれによる性権力の暴走も、その一時的な先端現象である。)

しかし、それは行動の大転換となって顕在化した肉体的な潜在思念の大転換であり、現実には市場は利益追求のまま、企業は序列制度のままなので、顕在意識は私権収束→私権統合のままである。むしろ、圧力の衰弱によって、’70年代、’80年代は、いったん私権意識が肥大した面(ex自由な性)もある。
加えて、顕在意識は相変わらず「否定と要求」を正当化する近代思想に支配されたままである。従って、肉体的には「否定」は空中分解したにも拘わらず、外圧=私権圧力が衰弱したことによってむしろ抑圧を解かれた不満や要求や主張が肥大し、マスコミ主導で「人権」「同権」etcの架空観念が、いったんは蔓延してゆく。
同様に、私権追求の欠乏が衰弱してゆく以上、「自由」を追求する欠乏も無意味化し、空中分解してゆくが、顕在意識は相変わらず「自由」という観念に支配されたままで、むしろ外圧が衰弱したことによって「自由」という架空観念がいったんは肥大化し蔓延してゆくことになる。(例えば、この頃「自己実現」などという紛い物も跋扈した。)

しかし、その間も、最深部の充足志向は上昇し続け、それに伴って充足発の実現志向も上昇してゆく。そして、それは子供や若者の仲間収束として顕現する。(例えば、私権より何より「仲間第一or仲間絶対」だからこそ、昔からあった「いじめ」が逃げ場のない深刻な問題として浮上したのである。)
 
  List
  この記事は 213551 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_213622
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
278138 仲間と評価と課題を分かち合う場が類的価値の充足を作り出す 匿名希望 13/07/03 PM09
278106 心のおもてなしの旅館に物的価値から類的価値(共認充足)への移行を感じさせられました☆ miya 13/07/02 AM10
262012 新たな関係パラダイムを認識し転換した企業が、勝ち残っていく時代 麻丘東出 12/03/07 PM10
253994 潮流3を図解して 本城龍 11/07/05 PM09
253271 私権追求→共認収束 〜深刻化するいじめに対する考え〜 大橋邦旭 11/06/20 AM00
253198 【図解】潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 斎藤幸雄 11/06/18 PM03
253178 『潮流3』から読み解く、今後の可能性 佐藤祥司 11/06/18 AM03
253176 充足状況と危機状況 三浦由衣 11/06/18 AM02
253027 '70,'80年代の「自由な性」は「私権の性」+「女原理」 アーチャー 11/06/15 AM01
大転換の予感「潮流3」:’70年、豊かさの実現と充足志向 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/04/19 PM05
249722 【図解】潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 松尾茂実 11/04/17 PM11
249472 物が豊かになって(家庭での変化) ますみん☆ 11/04/14 PM05
249372 みんなの期待に応える「生産」が楽しい時代 コールスロー 11/04/13 AM02
249349 物的価値から類的価値への転換 中村友美 11/04/12 PM10
249348 潮流3を勉強して 本城龍 11/04/12 PM09
247423 【図解】潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向〜共認の時代とは、とことん主体的な『実現の時代』〜 三浦弘之 11/03/18 PM09
共認時代への道しるべ〜潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 「これからは探求の時代」 11/02/01 AM03
244470 自由を与えられると課題がほしくなる??? 岩井宏之 11/01/22 PM11
『次代を担う、エネルギー・資源』トリウム原子力発電15〜原子力発電の推進体制を考える2・・・共認収束の潮流に逆行する原子力推進体制 「地球と気象・地震を考える」 10/08/27 PM05
235238 60年安保の背景と今後 火中の栗 10/07/25 PM08
235153 充足発の実現志向の収束先、共認収束の中身をどうする 匿名希望 10/07/24 PM08
235146 周りに委ねて斉読するほうが、投稿のストーリーの定着が早いかも! K-brace 10/07/24 PM05
231647 自我意識だけが肥大した時代 山名宏明 10/05/14 PM11
231623 【図解】潮流3:'70年豊かさの実現と充足志向 わっと 10/05/14 PM00
231473 否定の衰弱 川井孝浩 10/05/10 PM11
231311 収束先としての観念の必要 わっと 10/05/07 PM11
231302 可能性収束の潮流を阻んでいた真犯人 斎藤一浩 10/05/07 PM09
231297 充足志向⇒活力上昇→社会で闘い勝つことができる K-brace 10/05/07 PM08
231254 充足可能性は、物的価値ではなく類的価値 これんじ 10/05/06 PM10
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 「日本を守るのに右も左もない」 10/04/11 AM02
227471 否定意識や私権欠乏の肥大化の背景 福島健 10/03/02 PM03
227427 日常の現象を図解の中に位置づけてみる♪ 谷光美紀 10/03/01 PM10
227306 「自分の意思」は存在し得るのか? 山本亮平 10/02/27 PM09
226119 【図解】潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 KOU 10/02/09 AM00
224057 みなの期待の中で実現可能性は獲得される。 近藤文人 10/01/12 PM02
環境を考えるには構造認識が不可欠!『潮流3:'70年、豊かさの実現と充足志向』 「地球と気象・地震を考える」 09/12/31 AM03
221561 マスコミに対抗する準備を!! 竹田翔 09/12/09 PM01
221361 【幹-図解】潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 たっぴ 09/12/06 AM10
220935 男原理主導から女原理主導への転換 宮谷和枝 09/12/01 AM01
220552 ’70〜’80私権意識肥大、架空観念蔓延は共認収束への大転換によるもの 新川啓一 09/11/26 AM08
220527 【幹図解】潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 ホームラン 09/11/25 PM10
220523 金貸しが 物的充足⇒共認充足 の潮流を阻んでいる。 向芳孝 09/11/25 PM09
220520 実現志向がないマスコミは凋落する。 りんいちろう 09/11/25 PM09
218589 【図解】潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 kuwavillage 09/10/31 AM09
217994 【図解】潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 阿留毘 09/10/24 PM02
217455 充足状況下で、実現可能性を生起させるのは、サル・人類の共認機能 レオンロザ 09/10/17 PM06
217391 潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 を読んで 匿名希望 09/10/16 PM11
経済破局を突き抜けていく道標 〜潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/10/13 AM08
216896 攻撃性の弱い自己正当化観念とは? 匿名希望 09/10/10 PM00
216729 実現志向が弱いのに、高い壁を簡単に乗り越えていく20代 匿名希望 09/10/08 AM11
216599 【図解】潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 川井孝浩 09/10/06 PM06
216592 社会問題を解決するには構造認識が必要 匿名希望 09/10/06 PM04
216396 共に生きよう! まーぼー 09/10/03 PM11
216395 いじめが深刻な現代 匿名 09/10/03 PM11
216394 いじめと仲間意識 さき 09/10/03 PM10
216060 充足状況の現在、必要なのは成功体験の蓄積で実現志向を強化すること 矢野悟 09/09/29 PM07
215696 可能性収束には2種類ある 藤田公一 09/09/24 PM07
215568 充足社会は、脱市場の社会 中村英起 09/09/22 AM02
215566 潮流を体現する若者達 沼田竜一 09/09/22 AM01
215563 近代思想−フランス革命とは? 八代至誠 09/09/21 PM11
215561 不完全燃焼の時代 山田渉 09/09/21 PM11
215553 1万数千年前と1970年の共通事項とは何か? 大森義也 09/09/21 PM09
215462 「自己実現」はなぜ紛い物か? 雪竹恭一 09/09/20 PM00
215447 男と女の役割を再生させていく実現基盤 西田香織 09/09/20 AM01
215444 危機状況と充足状況の実現可能性の違い? 佐藤祥司 09/09/20 AM00
215429 初回参加しての感想 君津キャット 09/09/19 PM10
215405 「自己実現」とは自己の現実否定の観念 山田孝治 09/09/19 PM07
215402 女原理の可能性 斎藤一浩 09/09/19 PM06
215378 ゆるゆる状態の40年間 西村真治 09/09/19 AM08
215371 アメリカが終焉を迎えるもう一つの理由 川井孝浩 09/09/19 AM02
215362 共認充足は社会(=人)を元気にする!! 金木洋平 09/09/18 PM11
215360 【図解】潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 山名宏明 09/09/18 PM11
215306 新概念と共認形成の場はさらなる充足へのトリガー 太田哲司 09/09/18 AM11
215270 仲間収束といじめ やっち 09/09/17 PM11
215251 安定願望と闘争(不安定)願望の輪廻 あかがわ 09/09/17 PM10
215198 マスコミの「共認権力」って何? 田村正道 09/09/17 AM10
214998 状況認識が命運を分ける! 谷光美紀 09/09/14 PM07
214765 「いじめ」は学校という補完体制の産物なのでは? 匿名希望 09/09/11 AM03
214752 充足志向の方が実現可能性が高い 雪竹恭一 09/09/11 AM00
214728 みんなが喜ぶことをすると実現できる。 エミミン 09/09/10 PM10
214706 共認充足が絶対であるということ 鈴木康夫 09/09/10 PM05
214700 「否定と要求」により増え続ける制度 匿名希望 09/09/10 PM02
214683 架空の「自己」に拘らず、現実の「評価」を羅針盤としていけるかで成長度合いに圧倒的な差を生む 匿名希望 09/09/10 AM08
214597 時代の転換期。これからの発信源から変わる。それは共認充足発信。 藤本三和子 09/09/08 PM11
214572 現代の危機とは、充足に向かう共認がカギ わっと 09/09/08 PM06
214531 「闘争=男原理」、「充足=女原理」とは? 中瀬由貴 09/09/07 PM10
214522 70年は、女性たちの充足先の転換点だった。 中村英起 09/09/07 PM08
214518 鍵は、男では無く女が握っている 八代至誠 09/09/07 PM06
214486 今、直面している“危機”は何なのか? 大森義也 09/09/06 PM10
214165 相手に認めてもらおうなどと考えなくていい。どうしたら充足してもらえるか、を考えればいい 匿名希望 09/09/02 PM09
214164 “発明”が生まれる時と似ている R 09/09/02 PM09
214161 こどもの遊びは、充足発の実現思考 山田孝治 09/09/02 PM09
214037 ’70〜’90年、共認収束へと大転換したけど歪な時代 TAB 09/08/31 PM11
214033 【図解】潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 野田雄二 09/08/31 PM10
214028 安定と変異:生物進化に合致した存在となる鍵は共認内容にある 新川啓一 09/08/31 PM08
214016 【図解】潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向 匿名希望 09/08/31 PM05
214010 意識的な実現思考の生起はどうしたら起こるのか? Rivet16 09/08/31 PM03
213964 私権原理⇒共認原理への大転換を示すキーワード 西村真治 09/08/30 PM06
213882 【充足可能性の実現】を採取部族に学ぶ 西谷文宏 09/08/29 PM06
213826 否定発の言葉では、今や誰も動かない。 山田孝治 09/08/28 PM07
213768 初ネットサロンに参加しての感想 のんた 09/08/27 PM11
世界経済危機を乗り越える日本人の可能性−4@日本人の実現基盤 「感謝の心を育むには」 09/08/27 AM01
213680 潮流4:輸血経済(自由市場の終焉) 岡田淳三郎 09/08/26 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp