実現論を塗り重ねてゆく
213549 潮流1:共認原理と私権原理
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 09/08/25 AM02 【印刷用へ
人類500万年を貫く統合原理は、共認原理である。事実、人類は500万年に亘って課題を共認し、役割を共認し、あるいは規範や評価を共認して存続してきた。そして、個体(の意識)や集団や社会は、人々が、それらの共認内容に強く収束することによって、統合されてきた。又、そこでは、集団を破壊する自我や性闘争は、永い間、封印されてきた。
(注:この共認収束→共認統合を可能にした共認機能は、サル時代に形成された機能である。従って、正確にはこの共認原理は霊長類3000万年を貫く統合原理である。詳しくは、実現論・前史実現論1_4_01を参照。)

しかし、1万数千年前頃から人口が増大し始め、それにつれて集団間の軋轢も増大してゆく。やがて、その緊張状況に対応して、人々は自集団を正当化する守護神信仰に強く収束してゆく。こうして集団的自我が発現し、永い封印が解かれてゆく。そして遂に6000年前頃、乾燥と飢餓を契機として略奪闘争が開始され、玉突き的に世界中に伝播していった。こうして、5000年前頃には、人類最初の武力支配国家が成立する。(注:日本は1800年前頃で、はるかに遅い=権力支配の期間が短い。)

力の原理に貫かれたこの社会は、序列原理によって統合される。それが身分制度である。この力の序列原理は、性闘争を止揚する統合原理で、哺乳類やサルに一般に見られる統合様式である。しかし、人類社会は、力の原理だけで統合される訳ではない。力の序列は極めて不安定であり、すぐに崩壊する。人類社会は、人々が力の序列を共認し、それを言葉化した「身分」を共認することによって、はじめて安定的に統合される。つまり、この社会は、力の原理を追共認することによって秩序化されている。

この序列社会では、当然、力に応じた私権(私有権)が共認される。そして、私有権が共認されると、社会の全ての物財は(女も含めて)悉く私有の対象となり、人々は私権を確保しなければ生きてゆけなくなる。つまり、私権の共認は、否も応もない私権の強制圧力を生み出し、万人を私権追求の主体に改造してゆく。
実際、この序列社会の活力源は、女や財や身分を追い求める私権欠乏であり、誰もが私権を求めて争う私権闘争である。
従って、序列統合の社会は、誰もが私権(の獲得)に収束することによって統合された、私権統合の社会であると云い換えることもできる。

もちろん、日本も例外ではない。日本人は、2000年前まではもちろん、それ以降も、あまり激しい略奪闘争を経験しておらず、本源的な縄文体質を色濃く残しているとは云え、奈良時代以降は立派な序列統合社会=私権統合社会に改造されている。
 
  List
  この記事は 73647 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_213549
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
315779 現代人は自ら序列原理に組込まれている 匿名希望 16/05/29 PM01
277834 経験から〜 改めて私権<共認こそ営業の基本 永野独歩 13/06/19 PM01
277807 仲間と共に課題と向き合い闘うことが自分も含めた仲間の活力源となる 匿名希望 13/06/18 AM10
277792 本気で闘わなければ、充足を得られない時代 三島史路 13/06/17 PM07
277790 共認原理による『下からの圧力』を作りだし、充足出来る組織/企業を目指す 平松洋一 13/06/17 PM06
253374 【図解】共認原理と私権原理を改めて考えると。 ますみん☆ 11/06/22 PM00
253369 共認原理への転換 匿名希望 11/06/22 AM09
253368 統合の前に共認あり、共認の前に欠乏あり。 やまと 11/06/22 AM07
253351 潮流1を図解して 本城龍 11/06/21 PM09
252513 支配構造の状況認識の共有が共認社会実現の突破口では!?@ 佐藤祥司 11/06/04 PM08
252446 私権統合に対する気づき 三浦由衣 11/06/03 PM01
252413 私権統合の社会に対する気づき 大橋邦旭 11/06/02 PM10
252409 「共認」という意識は変わらない 小紫結子 11/06/02 PM09
大転換の予感「潮流1」:共認原理と私権原理 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/04/05 PM09
248336 震災によって共認原理での社会再編が加速する 石川笑美 11/03/31 AM00
248328 未曾有の危機が私権原理を共認原理に組み替える機会となる 太刀川省治 11/03/30 PM11
248323 今こそ日本人が先導して、自然の摂理に則った社会を作っていくのだ。 匿名希望 11/03/30 PM09
248315 「つもり」を再認識。 ますみん☆ 11/03/30 PM07
共認時代への道しるべ〜潮流1:共認原理と私権原理 「これからは探求の時代」 11/01/18 AM01
共同体の原基構造−1〜極限時代に見る「人類の本性」 「共同体社会と人類婚姻史」 10/09/23 PM08
234503 7/10 潮流1 コスモス 10/07/10 PM10
234390 「潮流シリーズ」の聴写に挑戦しました! これんじ 10/07/08 PM10
つなぐ社会∞紡ぎ合う次代(1)〜序列原理から共認原理への転換〜 「感謝の心を育むには」 10/06/29 PM11
230346 定年世代に想う 斎藤一浩 10/04/19 AM10
230196 何故「身分」の共認が必要だったのか 匿名希望 10/04/16 PM09
230195 確かに人類500万年を貫く統合原理は、共認原理である K-brace 10/04/16 PM08
230186 可能性に収束するから、共認される 川井孝浩 10/04/16 PM05
230138 何を共認するかは可能性次第。 これんじ 10/04/15 PM11
230109 真・集団心理とは? 中村淳子 10/04/15 AM11
潮流1〜共認原理と私権原理〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/03/27 AM03
『男女役割共認が企業を変える』コラム編〜なんでや劇場レポート(1)〜 「これからは探求の時代」 10/03/06 AM02
226525 『安定・秩序』は、「共認」によってしか生み出せない!! 谷光美紀 10/02/15 PM09
「共認運動の実現構造とネットの可能性 」その?〜ネットにおけるツールの進化〜 「共同体社会と人類婚姻史」 10/02/07 AM00
225958 【図解】潮流1:共認原理と私権原理 KOU 10/02/06 PM05
環境を考えるには構造認識が不可欠!『潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流』−1 「地球と気象・地震を考える」 10/01/09 AM02
環境を考えるには構造認識が不可欠!『潮流1:共認原理と私権原理』 「地球と気象・地震を考える」 09/12/30 AM00
222398 私権に収束しなければ社会はどうなる? 彗星 09/12/21 PM11
222393 共認原理か?私権原理か?分岐点は、集団自我が発現したかどうか? 匿名希望 09/12/21 PM10
220304 自我の原点は個人ではなく集団自我 橋口健一 09/11/22 AM10
220216 【図解】潮流1:共認原理と私権原理 船長 09/11/21 PM02
219996 共認原理による統合が可能な時代に入っている 新川啓一 09/11/18 PM11
217223 短時間で図解まで作りました!その方法とは・・・☆ りんご☆ 09/10/15 AM04
始原人類の婚姻制 ?エスキモー族の風習 「共同体社会と人類婚姻史」 09/10/09 PM00
216122 人類社会は、徹底して共認原理に貫かれている ECHO 09/09/30 AM10
215777 【図解】潮流1:共認原理と私権原理 ヨネ 09/09/25 PM10
経済破局とは西洋文明の終焉⇒日本人の可能性 「日本を守るのに右も左もない」 09/09/20 PM11
215250 共認原理の島 やっち 09/09/17 PM10
214927 観念による秩序化 渡邊真也 09/09/13 PM00
214896 現代でも守護神信仰のなごりはあるのか? ざしきわらし 09/09/12 PM10
214893 なんでや露店をきっかけに塾に参加してみて・・・ 匿名 09/09/12 PM10
214892 感想 鎌田華子 09/09/12 PM10
214891 人類の共認能力 しょうこ 09/09/12 PM10
214872 都市城壁を作る必要がなかった都市〜平城京〜だから本源性は残った!? 田野健 09/09/12 PM05
214848 同類闘争の制覇力は結局共認統合力 雪竹恭一 09/09/12 AM10
日常の充足を高めるには?〜最先端の路上からの声〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/09/06 AM02
214248 【図解】潮流1:共認原理と私権原理 従野貴博 09/09/03 PM11
214219 新たな同類圧力⇒(答えを出せず)自集団を正当化する守護神信仰(と略奪闘争) 福田尚正 09/09/03 PM07
214215 縄文時代に学ぶ意味と今後の課題について 田野健 09/09/03 PM05
214213 【図解】潮流1:共認原理と私権原理 中村淳子 09/09/03 PM05
214178 2つの共認の意味 匿名希望 09/09/02 PM11
これを読めば時代がわかる!最新版〜潮流1:共認原理と私権原理 「感謝の心を育むには」 09/08/31 PM07
医局体制ってなに??〜その2 「これからは探求の時代」 09/08/31 AM10
213945 奈良時代の階級(身分)制度 西村真治 09/08/30 PM01
医局体制ってなに??〜その1 「これからは探求の時代」 09/08/30 AM10
213886 農業という生産基盤が日本の縄文体質を持続させた 山名宏明 09/08/29 PM07
213871 縄文体質が残ったのはなぜ? わっと 09/08/29 PM03
213864 日本の歴史の特殊性 斎藤一浩 09/08/29 AM11
213862 【図解】潮流1:共認原理と私権原理 川井孝浩 09/08/29 AM09
世界経済危機を乗り越える日本人の可能性−7 @安定基盤の礎を築く共同体企業 「感謝の心を育むには」 09/08/29 AM02
213752 性闘争への興味 ゆうすけ 09/08/27 PM10
213551 潮流2:戦後日本の意識潮流 岡田淳三郎 09/08/25 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp