日本を守るのに、右も左もない
213531 共認時代の脱市場社会の可能性
 
汚れなき男 ( 29 神奈川 会社員 ) 09/08/24 PM09 【印刷用へ
市場の起源を学ぶ中で、お金の持つ意味合いや、共認時代を迎え『これからの脱市場社会の可能性』を垣間見ることができた!

私権時代であれば、「お金=市場の抜け道を実現するもの」であり、私権追求には絶対に欠かせないものとして存在していた。しかも、その取引物たる商品の価値は、快美欠乏を背景にした幻想価値で成り立ち、吊り上げるか、商品の製造体制をより合理化するか、それらを実現できた者が勝者となってきた。

しかし、貧困が消滅し、豊かさが実現されたことで、物欲▼→市場縮小の道を辿ることになり、お金の意味合いも変化し始めている。その顕著な例が、本当に必要なものにしかお金を使わなくなってきた意識である。百貨店・コンビニの売上の低下、娯楽施設の不振、節約・もったいない意識(弁当男子、水筒男子etc)国産野菜や有機野菜を購入する層の増加、農業体験付き事業の人気上昇、社会事業・環境ビジネスの増加にある。つまり、必要か否かの判断軸がベースになってきた表れと見られる。さらに言えば、お金が市場の抜け道を実現するものから、必要なモノ・認識に支払われる評価指標になりつつあると言えるだろう。

これは私権時代のようにただ儲かる(騙しの原理で幻想化しやすい)仕事から、本当に必要な仕事を社会に根付かせる可能性ともなっている。

では、次の時代の可能性とは何であろうか?

一言で言えば、『共認ベースのお金のあり方とは何か?』ということに置き換えられる。

一例だが、投稿ポイントシステムを一つのお金と同じ指標にすることで皆で社会をつくるシステムが考えられる。もう少し具体的に言えば、様々な社会問題について皆に役に立つ考えや情報をネットで発信する。それが評価され、その評価に応じてポイントがもらえるシステムである。そして、そのポイントは、お金と同じ価値を持ち、税金の支払いや物の購入などに使える。これの優れている所は、皆が社会の一員として社会問題に関心を持ち、もっと良い社会をつくる意識が持てるというところにある。まさに共認時代の新しい可能性と感じる。
 
  List
  この記事は 30710 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_213531
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
298340 女子大の学園祭で普通の2色ボールペンが1本500円で次々と売れたのはなぜか?@ 谷光美紀 14/11/24 PM06
220836 「再生可能エネルギー」「低炭素関連分野」が世界の環境ビジネス市場を牽引。及び既存商品の「グリーン化」「省エネ・省資源化」が重要 浅野雅義 09/11/29 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp