共認運動をどう実現してゆくか?
212988 09夏なんで屋劇場ノート6「充足→安定・保守収束に応える実現力が問われている」
 
山澤貴志 ( 44 鹿児島 ITコンサル ) 09/08/16 PM04 【印刷用へ
7.貧困の消滅=外圧低下が生み出した「充足→安定・保守収束」という女原理の意識潮流に応える本物の実現力が試されている。

安定・保守収束→実現収束、秩序収束のさらに根底をなすものは貧困の消滅に起因する充足収束の潮流であろう。貧困の消滅によって外圧が低下すると充足収束が上昇し、社会の安定を重視する女原理主導の社会となる。これは、弓矢の発明によって外圧が低下した採取生産時代と同じ構造である。

             
反学歴・反中流の←─新たな身分制度─→特権階級の暴走(警察国家)
プロレタリア右翼の暴走  ↑             ↑
             │             │
           試験収束         批判勢力の消滅
             ↑↑            ↑
    ┌───→能力収束・課題収束←───┐    │
    ││               ││    │
   秩序収束←───┐   ┌───→実現収束   │
    ↑↑     │   │     ↑↑    │
自分探しの行き詰り  │   │   プロ市民の台頭 │
    ↑      │   │      ↑    │
序列が無効化し   安定・保守収束  貧困と私権が消滅し
「自由」が意味      ↑     「否定と要求」の社会運動
を喪失し空中分解   充足収束    が無意味化し空中分解
    ↑        ↑        ↑ ↑
    └─私権統合の終焉・序列原理の崩壊─┤ │
             ↑        │ │
        豊かさの実現=貧困の消滅 ─┘ │
             ↑          │
             │          │
旧特権階級の反動   産業資本主義  反序列=否定と要求の社会運動
右翼(テロリスト)   市場拡大   左翼(大衆運動)
↑            ↑          ↑
└────────私権統合・序列原理──────┘

勿論、試験収束→新たな身分制度が生み出す弊害である特権階級の暴走がもたらす警察国家的色彩や厳罰主義(男原理)は、安定・保守収束の基盤をなす充足収束(女原理)とは相容れない。従って、家庭の主婦の中からも「こんな無能な官僚を量産するだけの試験制度でいいのかしら」という疑問の声が聞かれるようになった。社・共はだめだけど、自民党もダメ、という意識は、「充足→安定・保守収束」が次なる収束先を探索中、ということであろう。目先に流れがちな「充足→安定・保守収束」という女原理を、確かな収束先へと導いていく本物の実現力=「男原理」が試されている。
 
  List
  この記事は 212987 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_212988
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
236209 男の実現力、女の充足性を実感♪ ふぇりちゃん 10/08/14 PM10
223064 わずか1年で、みんなこんなに変わりました♪ ☆必ず実現できる☆ ふぇりちゃん 09/12/30 PM04
矢沢栄吉も???なんでや店主を通してみる意識潮流は? 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/09/17 AM02
214403 充足収束も、「個人の充足」だけに向かってしまえば社会は閉塞してしまう。しかし「みんなの充足」「社会の充足」に向かえば新たな実現可能性の基盤となる。 山田孝治 09/09/05 PM08
214313 日本の受験戦争を率先して鼓舞している朝日新聞@〜国家による東大の優遇とその実力〜 miya 09/09/04 PM06
新しい社会の構築に向けて 〜モノが売れない時代に『社会貢献』が売れている〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/08/31 PM08
213818 金融危機を乗り越えるには、女原理に導かれて着実に実現方針を打ち出していくこと 倭民 09/08/28 PM05
213709 みんなが欲しているのは「金」ではない 鈴木隆史 09/08/27 AM10
213580 「経済」と、これから実現すべき「充足」はどう繋がるか? 佐藤賢志 09/08/25 PM08
8/11「なんでや劇場〜世界経済は、どうなる?(ドル・米債は、暴落するのか?)」レポート3 「ブログ de なんで屋 @東京」 09/08/24 PM05
213496 大転換期⇒母系社会への回帰 大森義也 09/08/24 AM00
213457 “女”の役割がますます大きくなる時代♪ エミリー 09/08/23 AM11
213402 安定基盤形成のための評価共認 小西良明 09/08/22 PM07
213368 母系集団を肯定的に捉えられるか。 永峰正規 09/08/22 AM07
213363 何故、今『実現方針の打出し』が重要なのか? 川井孝浩 09/08/22 AM03
女原理を羅針盤にする社会って?? 「日本を守るのに右も左もない」 09/08/21 PM10
213338 政治世界も保守意識△ 佐藤祥司 09/08/21 PM09
213337 現状を変えていくためには安定基盤が必要 center_axis 09/08/21 PM09
213243 男原理だけの発想ではダメ。これを生物原理に学ぶ。 田村正道 09/08/20 AM09
213235 社会は今構造認識を必要としている。 千葉敏昭 09/08/20 AM01
213233 09夏なんで屋劇場:経済問題を追及していたら、女と男の原理を再認識できた☆ 中村淳子 09/08/20 AM01
213199 「充足→安定・保守」志向には程遠い、五里霧中の国選。 持国天 09/08/19 PM06
213195 金の切れ目が・・・ 竹田翔 09/08/19 PM06
213191 気になる政党「国民新党」 うらら 09/08/19 PM05
213186 今回の選挙、「反」では乗り切れない 狒狒 09/08/19 PM03
213177 今度の選挙… 匿名希望 09/08/19 AM10
213146 男の役割=本物の実現力=追求力+前進力+統合力 平野航 09/08/18 PM11
212995 否定発ではない、本当の実現力とは? 〜「こうしたらよくなりそう☆」を制度化する〜 春風 09/08/16 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp