古代市場と近代市場
212585 日本の農業に可能性あり!〜生産効率は飛躍的に向上している〜
 
橋本宏 ( 20代 大阪 会社員 ) 09/08/10 PM10 【印刷用へ
マスコミで食糧自給率40%ヤバイ!と過剰に報道されていますが、日本の農業に可能性あり!と思わせてくれる記事がありましたので紹介します。
『食糧自給率の罠(農業経営者2009年1月号)リンク』より

@農作物生産量の推移 ⇒農畜産物の生産量は増加している!
日本の総農産物生産量は増えている!自給率が79%だった1960年と40%を切る前年の05年を比べてみてほしい。5100万トンから5600万トンへと500万トンの増加だ。リンク
多くの人は自給率半減と聞いて、生産量が半減していると勘違いしているはずだ。「ニッポン農家は食糧の増産に成功している」――このシンプルな事実だけで、漠然とした不安感を払拭し、頼もしい産業であると農業への認識が改められるだろう。 

A農業従事者の推移 ⇒農業者一人当たり生産量6倍になっている
農業者一人当たりの生産量は、1960年の4.3トンと比較して、06年には26トン。過去40年で6倍も生産性があがっていることが分かる。
農業者数と生産量の推移に注目すると、分かりやすい。確かに農家数は激減している。しかし、60年に1200万人の農業者が生産していた量を05年、6分の一の200万人で突破した。現実は低い生産性の農民が減り、高い生産性の農業経営者が増えているのだ。

B活力ある農業経営者によって日本の農業が支えられている
約200万の販売農家のうち、売上1億円以上の農場・農業法人が占めるのは、たしかにわずか0.25%の5000事業体。それが国内生産額8兆円の15%を稼ぎ出している。しかも過去5年で160%成長をとげているのだ。

続いて、3000万以上の農家の事業体数シェアは1.5%の3万件で、30%の国内生産額を占め、過去5年150%成長した。1000万以上の農家は7%で14万件。130%伸張し、生産額の60%を上げている。つまり、われわれの胃袋の半分以上はすでにこうした成長農場に支えられているのだ。

では、残りの180万件強の9割の農家は何をしているのか。売上100万円以下(利益じゃない!)の農家が120万件もあるのに対し、国内生産額にわずか5%しか貢献していない。

C農業生産額は世界2位
日本の農業生産額は、主要先進国の中で米国の1580億ドルに次ぐ793億ドルの2位である。フランス、ドイツ、イタリア、イギリスをはじめとしたEU諸国のどこよりも多い。ロシア(211億ドル)、オーストラリア(203億ドル)の3倍超えもある。

以上のように実態に沿った統計面から見ると、日本の農業は国内、世界から見ても可能性を秘めている産業であることが分かります。
 
  List
  この記事は 206796 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_212585
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
259193 TPPをものともせず、農業をビジネスにしようと努力している自立的な農家 農業生産法人・有限会社「夢前夢工房」 ET 11/12/02 AM10
240455 生産力があったから、小規模集約型でもやっていけてた♪ みのり 10/11/08 AM02
229311 日本の食糧自給率が低いのはなんで? 雪竹恭一 10/04/01 PM05
224690 GDP推移から明らかになる、「日本農業の衰退」という幻想@ 匿名希望 10/01/20 AM11
【「新しい農のかたち」の実現に向けた政策提言】(3)日本の農業に可能性あり!〜生産効率は飛躍的に向上している〜 「新しい「農」のかたち」 10/01/04 PM00
最先端業種かもしれない。〜今後の日本農業〜 「共同体社会と人類婚姻史」 09/12/05 PM09
221065 なぜ食料自給率を低く報道するの? 山上勝義 09/12/02 PM08
221049 農業の復活に、本源回帰、共同体再生の萌芽を見る 佐藤晴彦 09/12/02 PM03
221048 これからの「農」は、その可能性を発信してゆく事が大きな課題 山田孝治 09/12/02 PM03
216289 “農家になりたい人”に新システム 小松由布樹 09/10/02 PM05
新しい社会の構築に向けて 〜日本の農業に可能性あり!〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/09/16 AM01
213967 食品加工技術の歴史に見る日本の農業の可能性 匿名希望 09/08/30 PM07
213535 国内自給の可能性について〜生産量と消費量から考える〜 橋本宏 09/08/24 PM10
213132 新規就農者数全体では減少したものの、雇用就農者、新規参入者は増加 正国稔 09/08/18 PM09
Track-Back (no-title) 「新しい「農」のかたち」 09/08/17 PM08
『企業が農業に参入するのは何で?』の関連投稿のインデックス 「これからは探求の時代」 09/08/17 AM04
212978 日本の食料自給率の罠〜日本の農産物生産量は1960年より増えている 匿名希望 09/08/16 PM02
212945 日本の農業に活力はあるの? アグリマン 09/08/15 PM10
212888 日本農業の可能性に希望 阿留毘 09/08/14 PM10
212867 自給率の低下は人口増加による慢性的な米不足に端を発する 匿名希望 09/08/14 PM05
212768 日本の農業に活力はあるのでしょうか? K.G 09/08/12 PM11
212747 RE>日本の農業に可能性あり!〜生産効率は飛躍的に向上している〜 がっちゃん 09/08/12 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp