企業を共同体化するには?
211431 自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 09/07/24 PM07 【印刷用へ
【自主管理への招待(5)】

社会の生産が変わる時、社会に深く根を下してきた思想もまた変わるしかない。工業生産の時代を支配してきた近代個人主義は、その対象性の欠如の故に、肥大化するエゴを制御し得なくなり、衰弱してゆく社会を蘇生させる力を失った。換言すれば、近代の主体は、奴隷的存在から脱却できなかったが故に、未だ存在の実現を射程内に納め得ない歴史段階にあったのだと言えよう。

しかし、人間が武力によって支配され、あるいは資本力によって支配されてきた人類二千年の歴史は、いま大きな転機を迎えようとしている。工業生産から意識生産への生産力の転換がそれである。意識生産は、人間の労働力そのものが、生産の主役と成り、社会の主人公と成る事を求める。そこで求められているのは、自己の奴隷性から目を外らせて「個人」幻想の中をさまよう事ではなく、明白に奴隷(雇われ人)からの脱出に向けて自己変革を計る事であり、現実の活動能力の貧弱さとはうらはらに自意識だけを肥大化させる事ではなく、現実を生きてゆく豊かな能力を獲得してゆく事である。要するに重要なのは、自己の現実の存在とは別の所(非存在の世界)に己を暖め続ける事ではなく、自己の獲得してきた意識と能力のすべてをこの現実の中に投入して、現実を突き抜けてゆく事であり、その導きの糸となるのは〈自己から対象へ〉の認識のベクトルの転換である。

もっとも、認識の方向を自己から対象へと転換させるだけでは充分ではない。自分にとって敵対的な「社会」だけを取り出し、それを体系化して否定することはたやすい。しかし、その「社会」体系は否定一方に歪小化された社会でしかない。否定は、未在の何かであるに過ぎず、その背後に潜む価値が実現されるのでなければ否定は(頭の中以外には)はじめから存在しなかったのと同じである。従って、否定がいつまでも否定のままで過ぎてゆく時(そうしてすでに百年も過ぎてきた!)、現実には決して存在しない否定世界の内に全ての内的価値が閉じ込められて終うことによって、現実そのものは何ひとつ変革されることなく、その否定の主体とは無関係に動き続ける。そして、否定している自分だけが、ひとり現実から取り残されてゆくのである。この否定の構造が、宗教のそれである事は、もはや繰り返すまでもないだろう。

このような意識構造は、はじめから自己の現実を変革する必要のない(現実を否定しているだけでも生きてゆける)人々に、おあつらえの「思想」的舞台を与えてきた。

しかし、他人事ではなく、自分自身の切迫した問題を抱えた人間は、単なる否定の段階に留っている事はできない。本当に現実に解決を迫られた人間は、現実の中に解答を求めるしかない。変革=実現を求める現実の主体は、敵対的な状況の壁に何度もはね返されながら、その否定的な対象のさらに根底に、実現を可能ならしめる地平を探り続けてゆく。こうして、自己の現実とその対象世界を見つめ続ける認識の錐が、否定の目に覆われた「社会体系」を突き破り、遂に自己を実現し得る肯定的な社会構造の地平に至る時、従来の否定に貫かれた〈閉塞の哲学〉は、はじめて否定そのものを否定し、実現対象を獲得した〈解放の哲学〉へと超克されてゆくのである。
 
  List
  この記事は 211366 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_211431
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
335648 不全⇒否定思考ではなく、未在の価値を実現する起点と捉える 清水昌広 18/05/14 PM08
314400 【図解】自主管理への招待(5)実現を対象とした解放の哲学へ 望月宏洋 16/04/22 PM06
307733 【図解】自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ 野田雄二 15/09/14 PM06
283691 目先にならない秘訣はその先にある課題を見据え続けること マリー 13/11/23 PM11
238590 自主管理への招待(5)(6)について 小熊耕平 10/09/28 AM10
238554 自主管理への招待 西村美香 10/09/27 PM07
238492 自己肯定感のたいせつさ 中川翔子 10/09/26 PM02
237879 「考える」という難しさ 日比雅文 10/09/14 PM10
237586 人間や社会と関わることの重要性 石井麻衣 10/09/09 PM10
237583 自主管理への招待5 福原啓太 10/09/09 PM10
236642 今後の社会を変えるには? 匿名希望 10/08/22 PM09
236619 【幹図解】自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ 坂本日出夫 10/08/22 PM00
236568 意識生産になっても思考が変化しない=固定観念 匿名希望 10/08/21 PM06
春が来た☆。なんで屋の季節だよ全員集合!! 「ルポルタージュなんで屋 stage 3」 10/04/08 PM05
227590 【図解】自主管理への招待(5)否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ 〜生産の主役⇒社会の主人公となるには!?〜 佐藤祥司 10/03/04 PM06
227383 充足イメージが湧いてくるまで追求しきる☆ マリー 10/02/28 PM11
227284 社会の主人公 汚れなき男 10/02/27 PM03
227193 社会をつくる主人公になりたいなら 宮田祐子 10/02/26 AM00
227180 未在のなにか 従野貴博 10/02/25 PM10
227179 可能性を探索し続けることが大事 加賀野宏 10/02/25 PM10
自主管理への招待(5) 〜否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/02/25 AM07
自主管理への招待(4)「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/02/16 PM11
225481 自己から対象への認識のベクトルの転換の難しさ おさるさん 10/01/30 PM11
225480 可能性としての実現体を、みんなにとってもっと身近に! とも 10/01/30 PM11
225479 否定そのものを否定するとは? mosimobox 10/01/30 PM11
225365 【図解】自主管理への招待(5)何かを実現するための認識とは? KOU 10/01/29 PM05
224296 ここに書かれている認識は正に現在だ TAB 10/01/15 PM01
224180 否定的な意見であってもやり取り(受信⇔発信)の中から可能性が見えてくる 向芳孝 10/01/13 PM08
224159 JALの経営再建問題、当事者(現役社員)と傍観者(OB)の温度差 りんいちろう 10/01/13 PM04
224135 【図解】自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ 新川啓一 10/01/13 AM05
222109 ポイントは 「否定」の背後に潜む 可能性を掴めるか!? 一力広明 09/12/17 PM07
222053 否定世界に生きるマスコミ 復讐の叫び 09/12/16 PM08
222051 否定の背後にある実現イメージを捉える 大脇正嗣 09/12/16 PM08
222042 時代はまさに今、変わろうとしている コスモス 09/12/16 PM04
222034 【図解】否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「開放の哲学」へ 山名宏明 09/12/16 PM01
222024 歪小化された社会をどうする? 大森義也 09/12/16 AM05
222010 「自己=対象=みんな」だから現実が面白くってしょうがない 石川笑美 09/12/16 AM00
222008 30年たった現在、ついに“肯定的な社会構造の地平”に至った! 末廣大地 09/12/16 AM00
222007 現実を突き抜けてゆくとは 匿名希望 09/12/16 AM00
221890 【図解】自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ 福田尚正 09/12/13 PM10
221819 現実を突き抜けるには 中山訓行 09/12/12 PM10
220797 【図解】自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ 田中直人 09/11/29 AM06
219484 【図解】自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ 加来野浩史 09/11/12 PM00
217921 サロンは、意識生産の場そのもの! ふぇりちゃん 09/10/23 PM02
217657 「否定(や不安)」って、実現・充足可能性に向かっていれば、”存在しないもの” 西田美和 09/10/20 AM01
217637 否定視からでは現実は掌握できない、事実を視る姿勢こそが可能性 汚れなき男 09/10/19 PM08
217532 『実現したい何か』がないままでは未在の否定にすぎない みかん 09/10/18 PM03
「自主管理への招待」5〜否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ 「これからは探求の時代」 09/10/18 AM00
216146 否定の構造が実現可能性の閉塞の元凶! きなこ 09/09/30 PM05
215282 生産様式の転換と観念の変遷 小暮 勇午 09/09/18 AM00
214603 新しいPSVが発売になりました! ス〜 09/09/08 PM11
214602 言葉化って難しい 加賀野宏 09/09/08 PM11
214601 「自主管理への招待」の感想 岡喜一 09/09/08 PM11
214595 類的生産と自主管理の意味 越智優子 09/09/08 PM11
213430 【図解】自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ 匿名希望 09/08/23 AM00
212245 今の時代にマッチした「自主管理への招待」 コスモス 09/08/05 PM05
211502 自主管理への招待(6) 実現思考とは何か 岡田淳三郎 09/07/25 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp