企業を共同体化するには?
211366 自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 09/07/23 PM05 【印刷用へ
【自主管理への招待(4)】

自らの存在を現実に実現してゆこうとすれば、常に現実の対象世界が立ち現れる。そこでは、まず対象世界の構造を把握し、自己を実現し得るような対象的基盤を獲得してゆかなければ、何も実現することはできない。だが近代思想は、このような対象世界の実現の構造を何ひとつ見極めようとせず、むしろ常に対象から目を背け、現実から逃避して、頭の中でだけ「現実」を否定し「自己」を美化し続けてきた。いま求められているのは、<自己から対象へ>の認識ベクトルの転換である。

人間と社会の存在の本質を成しているのは、生産と労働である。だから、現実の生産を捨象した「社会」は、本当の社会ではない。現実の労働を捨象した「個人」は、もはや個人ではない。しかし、近代の運動は、このような本質的な生産活動とその現実的な社会対象を、ほぼ一貫して欠落させ、代わりに無内容な自意識だけを際限なく肥大させてきた。要するに近代人は、現実の中に可能性を求めるのではなく、現実とは逆転した、自己の観念空間に自足の場を求めてきたのである。

かつて奴隷は武力によって支配され、自己の社会的な実現の可能性を全面的に剥奪されていた。対象を失った彼らの人間的な欠乏(欲望または願望)は、現実に閉塞されて内面へと転倒し、全ての現実(俗世)に背を向けてひたすら自己内部の非存在の世界に、その対象を結晶させていった。こうして生み出された神を典型とする非存在の主体は、奴隷にとって唯一の人間の証しであった。だが、近代の労働者は奴隷ではない。近代人は閉塞されているどころか、この社会の競争関係を構成する競争の主体として、現実に開き出されて存在している。状況が開かれたからこそ近代の思想は人間の解放を唱え、社会変革を叫ぶことができたのである。にも拘らずそれは、自己の現実の存在から断絶した、観念空間での解放と変革にすぎなかった。これは、宗教と同じである。近代思想は、その根底を成す認識構造において、二千年におよぶ奴隷の習性から一歩も脱却できずに、宗教の目(神=非存在の主体の認識構造)をそっくり踏襲してきたのである。

近代思想の正体は、すでに明らかであろう。つまり近代思想は、労働者の属性である〈誰かに雇われるのでなければ、自分では生きてゆけない〉奴隷的な現実を、不動の前提として組み立てられており、それ故その認識は、常に自己の現実から目を背けて非存在の世界へと収束されてゆく仕組みになっている。この宗教的仕組みによって、近代思想はもっぱら奴隷(雇われ人)であることを美化し正当化する事に腐心してきた。そして、現実には一度も奴隷であることをやめようとはしなかったのである。だから、近代思想とは、奴隷の思想に他ならない。近代思想には、そもそも奴隷である事をやめる意思など、はじめから無かったのである。だからこそ近代思想は、実現の意思の下にはじめて必要となる対象世界の認識を欠落させたまま、平然としていられたのである。だが、まさにこの実現の意思の欠如と対象の認識の欠如の故に、個人主義の思想はただのエゴの塊と化し、個人主義の運動は、ただ社会にブラ下がるだけの運動と化して終ったのである。
 
  List
  この記事は 211341 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_211366
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
314409 【図解】自主管理への招待(4)「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換 川内麻生 16/04/22 PM10
307736 【図解】自主管理への招待(4)「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換 小平健介 15/09/14 PM07
対象不在になっていませんか? 「男と女の職場話」 13/11/21 PM01
『民主主義』『市民運動』という騙しとその犯罪性 5 〜社会を対象化するには? 「日本を守るのに右も左もない」 11/08/22 PM06
238634 自主管理への招待 初井拓人 10/09/29 AM10
238490 ぶら下がっていることに気づかない、あたりまえという恐さ 中川翔子 10/09/26 PM01
238200 観念・思想と向き合うこと 三池晴与 10/09/20 PM09
238100 現実を対象化 現実に起こっていることを見る・構造化することの重要性 藤田泰明 10/09/18 PM11
238065 自主管理への招待(3)と(4)に関して 小熊耕平 10/09/18 PM00
237861 支配からの脱却 鈴木碧衣 10/09/14 PM01
237845 シュミラークルと奴隷構造 伊勢崎勇人 10/09/14 AM01
237671 実現している可能性 川井孝浩 10/09/11 AM01
237670 宗教も近代思想も傍観者の思想 加賀野宏 10/09/11 AM00
237668 「現実の中」で可能性が開かれたということがどんなに希望に満ち溢れているか rino 10/09/11 AM00
237574 奴隷思想 福原啓太 10/09/09 PM00
237518 現実の否定から肯定へ 佐保井路子 10/09/08 AM01
237499 真の安定と偽の安定 梅原雄介 10/09/07 PM11
237493 固定概念の変化 佐藤絢 10/09/07 PM10
237491 先進国が直面する悪循環 清水宏紀 10/09/07 PM10
237360 難しい話も実感で捉えれば難しくない 三上香緒里 10/09/05 AM02
237344 奴隷主義は続く? 阿部有莉 10/09/04 PM11
237343 対象世界を掴むことが「実現」の第一歩 佐藤賢志 10/09/04 PM11
235761 【図解】自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換 匿名希望 10/08/07 AM00
229221 縄文体質=肯定視観の源泉 竹田翔 10/03/31 AM11
229220 現実の中に必ず可能性はある 狒狒 10/03/31 AM09
226737 生産ってすごい 加賀野宏 10/02/18 PM11
自主管理への招待(4)「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/02/16 PM11
225442 【図解】自主管理への招待(4)なぜ、近代思想は何も実現できないのか? KOU 10/01/30 PM08
223619 【図解】自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換 TAB 10/01/07 AM10
223547 生産・労働は人々の充足源 新川啓一 10/01/06 AM11
221739 これまで奴隷であることをやめようとしなかったのは何故か? 山名宏明 09/12/12 AM00
221550 ようやく「奴隷」から解放される時代へ コスモス 09/12/09 AM05
221463 自由や平等、個人では、奴隷的な現実を超えられない。。。 中瀬由貴 09/12/07 PM10
221434 現代も奴隷の思想に染まっているから→奴隷の現実⇒新たな認識が新たな現実を生み出す!! 福田尚正 09/12/07 PM01
220297 【図解】自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換  田中直人 09/11/22 AM08
218442 【図解】自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換 ケリ太 09/10/29 PM08
217594 【幹図解】自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換 ぴんから体操 09/10/19 AM09
217349 今の社会に必要なのは・・・ 【共認充足】を軸にした<自己から対象へ>の認識ベクトルの転換♪ ふぇりちゃん 09/10/16 PM02
217303 みんなのおかげでスッキリ・充足♪ ふぇりちゃん 09/10/15 PM10
217125 【枠組みの中で管理された労働=不動の前提】という認識は近代思想から みかん 09/10/13 PM06
216974 根本の仕組に疑問を持たない現代人と行き詰まり 汚れなき男 09/10/11 PM01
「自主管理への招待」4〜「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換 「これからは共同体の時代」 09/10/11 AM07
216618 「今」を意識する 新免琢弥 09/10/06 PM10
215188 【図解】自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換 大脇正嗣 09/09/17 AM03
215134 あえて苦しい方向へ向かうのは損でしかない HHH 09/09/16 PM01
215095 労働から変わっていきたい 嶋崎あゆみ 09/09/15 PM10
214198 自立とは何か リンゴヨーグルト 09/09/03 PM00
214102 生産様式について 岡喜一 09/09/01 PM11
212265 共通点は【現実から目を背ける】 大脇正嗣 09/08/05 PM10
212238 残存する労働者の属性と、そこから脱するために。 大森義也 09/08/05 PM02
212089 対象不在に陥れる旧観念の犯罪性 佐藤祥司 09/08/02 PM07
211715 もはや、奴隷では無い。現実を突き抜けてゆく可能性は、無限に存在する。 匿名希望 09/07/28 PM07
211431 自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ 岡田淳三郎 09/07/24 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp