企業を共同体化するには?
211341 自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 09/07/23 AM07 【印刷用へ
【自主管理への招待(3)】

しかし多くの人々が、自己の日々の労働の、疎外された現実を見つめようとはせずに、観念的に飛躍した抽象的な「社会」を相手に、政治的要求をつきつける事が「社会的」活動なのだと、錯覚している。あるいは、社会の土台を成す生産のあり方を考えようともしないで、単に個人のためだけの消費的要求を掲げ、それを社会に押しつけることが「人間的」立場なのだと、錯覚している。要するに、自らがそのために何かを成すべき社会ではなく、何かをしてくれるだけの抽象的な「社会」を措定し、そこにすべての責任をおしかぶせて、自らは何か人間的で社会的な活動をしているつもりで済ましている。だがそれは、社会それ自身の存立を無視した、個人から社会への一方的なもたれ懸りであり、身勝手なエゴであるにすぎない。社会に何かを要求することしかできない(従って本当の社会を欠落させた)このような「運動」の結果、この社会は、労働者や農漁民が、消費者や地域住民が、あるいは経営者や地主が、互いに「社会」正義を振りかざして私的な利権を奪い合う、エゴのゴミ捨て場と化した。社会それ自身は、誰からも見捨てられ、断末魔の苦痛に喘いでいる。

他ならぬ自分自身が、このような事態を作り出した当事者なのだという自己の存在の犯罪性に口をつぐみ、あたかも神であるかのような位相に己を移し変えて、いつも一方的に「社会」に罪をなすりつけるこのような意識構造は、何も一部の「進歩的」な人々だけのものではない。また日夜、紙面の至る所にこの狡猜な図式をちりばめて、世論をリードしてゆく「良識的」なマスコミだけのものでもない。社会に対する一方的な『否定と要求』のこの意識構造は、現代人すべてに共通の構造である。

この構造は、さらに近代を貫く、社会からの〈離脱と自足〉の意識潮流に根ざしている。むしろ、絶えず社会(生産)から離脱して個人(消費)へと逃避してゆく、個人主義の潮流こそ、否定と要求の根底に流れる近代精神の本流を成してきた。事実、人々は一貫して、「自己」が抑圧される〈労働〉を忌み嫌い、「自己」が解放される〈個人生活〉を希求し続けてきた。そして工業生産の目ざましい発展によって、労働時間が大幅に短縮され、人々の待ち望んでいた「豊かな」個人生活はすぐ手に届く所まで実現されてきた。しかし、近代工業生産を貫く効率原理が目標とするのは(それは又、「我、思う」だけで「我、在る」ことを願う近代個人主義の自我原理が目標とするものと同じであるが)、生産および生活のあらゆる存在過程から活動を省略して、欠乏(欲望)と充足を短絡化することである。ところが、一つの欠乏の充足が、活動を省略して効率的に実現されるや否や、直ちにその空白部は別の欠乏によって埋められる。かくして、工業の発展と共に、活動のない欠乏と充足だけの単純反復過程が増大し、それにつれて、生活のテンポが早くなり、生活の内容は貧しくなる。だから又、労働時間が短くなり、生活時間が長くなればなる程、逆に全存在過程にわたって本当の活動時間が無くなってゆく。実際、この社会では「豊かな」個人生活とは、その生活を手に入れるために先取りした家財のローン返済に追い立てられる生活のことであり、もみくちゃのレジャーラッシュに馳せ参じる生活のことであり、寸暇を惜しんでテレビにかじりつく生活のことなのである。

こうして本来の活動の場を見失った現代人は、コマネズミのように刹那的な欠乏と充足のコマを廻し続ける。そして、生活の回転が高速化してゆけばゆくほど疲労が増大し、ますます多くの余暇が必要になる。だが活動を喪い、刺激だけを単純反復させる過程の中にある限り、いずれ遊びさえ、疲労の元でしかなくなるだろう。それでも、「善良な」市民によるこの膨大な資源とエネルギーの浪費は、世論公認の個人主義の名において正当化され、むしろ美化され続けるのである。近代の意識の根を成してきた「個人」さえ宙に浮き、幻想と化したこのような事態を、誇張にすぎないと思う人は自分自身に問うてみれば良い。自分は、このような個人生活以外の、どのような生活を、認識を、自分自身を、獲得しえているかと。
考えてみれば、近代の全ての思想と運動は、実現された例しがない。その最も輝かしい空語は、常に最も暗い現実にとって代わられ、かの大いなる自我幻想は、常に最も無内容な自分自身にとって代わられてきた。つまり近代思想の歴史は、挫折と敗北の歴史であった。何故か?
 
  List
  この記事は 211322 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_211341
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
314181 【図解化】自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させる だけの近代思想 妹尾圭悟 16/04/15 PM08
307567 【図解化】「自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させる だけの近代思想」 千葉大生 15/09/08 AM00
307562 【図解】自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想 小平健介 15/09/07 PM10
283232 厚生労働白書に見る若者の意識の変化 〜2000年が日本社会の転換点だった? 匿名希望 13/11/10 AM08
近代思想に支えられてきた家庭(3)〜生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想〜 「感謝の心を育むには」 11/01/11 PM08
238179 「否定と要求」の意識構造からの脱却 三池晴与 10/09/20 PM00
238069 自主管理への招待 初井拓人 10/09/18 PM05
237962 あとは、みんな課題をみんなで実現して充足するだけ 麻丘東出 10/09/16 PM07
237919 自主管理への招待(3) 能多頼和 10/09/15 PM05
237914 自主管理への招待 西村美香 10/09/15 PM04
237897 充足感から生まれる共同体のキズナ 匿名希望 10/09/15 AM01
237881 認識が先行して広まることで社会は変わる 萱間直 10/09/14 PM10
237876 自主管理への招待 足立恵 10/09/14 PM10
237550 誰もが生産主体となることができる時代に 工業生産から意識生産時代 小暮 勇午 10/09/08 PM10
237496 当事者意識について考えた 安原絵梨 10/09/07 PM10
237492 サボテン最強伝説(人口増加と接触回数によっての今後の変化) 深井崇光 10/09/07 PM10
237346 自主管理への招待(3)について感じた事 藤田泰明 10/09/04 PM11
237221 近代思想の理解の第一歩 小川幹大 10/09/02 PM10
237217 集団を動かす主体性 石井麻衣 10/09/02 PM10
235340 効率化は近代個人主義から派生した。 DODO1 10/07/28 PM10
自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想 「日本を守るのに右も左もない」 10/05/08 AM11
228454 認識力があれば、どこでもどんな場でも追求の場となる 竹田翔 10/03/17 PM04
自主管理への招待【3】 〜生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/02/09 PM10
226001 生産者になりました! えみ☆ 10/02/06 PM11
225965 潜在思念の本源回帰に蓋をしてきた工業と、刹那的な不全に応えるサービス産業 10/02/06 PM07
225922 「効率」重視→「生産過程」軽視は、意識生産では通用しない 匿名希望 10/02/06 AM00
225892 効率主義を脱し、本当の活動時間を取り戻しつつある企業が登場 匿名希望 10/02/05 PM07
225484 【図解】自主管理への招待(3)社会とは本来、自ら何かをなすために働きかけていくもの KOU 10/01/31 AM00
225124 制度・観念が充足に蓋をしている!! きなこ 10/01/26 AM00
224972 仕事を担う全ての人々に可能性がある 澤根和治 10/01/23 PM11
224968 生産活動が活力を上げる 高間愛美 10/01/23 PM10
224027 現代は時間の『奴隷』になっている。 向芳孝 10/01/12 AM00
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく 「日本を守るのに右も左もない」 09/12/23 PM08
221570 自主管理への招待(3) 「活動を省略して、欠乏と充足を短絡化」ってどういうこと? 一力広明 09/12/09 PM04
220988 生産からの離脱・個人への逃避から抜け出しつつある。 関谷啓太郎 09/12/01 PM06
220881 あらゆる欠乏も充足も見直され始めている! 匿名希望 09/11/30 AM11
220819 【図解】自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想 コータロー 09/11/29 PM03
219801 無内容な個人生活を総括 マニマック 09/11/16 PM01
219724 【図解】自主管理への招待(3):何ひとつ実現されていない 田中直人 09/11/15 PM01
217597 【図解】自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想 加来野浩史 09/10/19 AM10
217520 【図解】自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想 正国稔 09/10/18 PM00
217513 追い立てられての「消費」から、充足できる「生産」へ やまと 09/10/18 AM10
216948 【図解】自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想 永峰正規 09/10/11 AM00
216603 近代思想は何も実現できない 匿名希望 09/10/06 PM08
216590 近代思想だからゆえの、虚しさのループ 汚れなき男 09/10/06 PM03
216464 農業は社会の土台を成す生産☆ ちよ 09/10/04 PM08
「自主管理への招待」3〜生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想 「これからは探求の時代」 09/10/04 AM01
216391 本当に豊かな生活って? カナ 09/10/03 PM10
216364 生産活動に充足を見出すことが「豊かな生活」 小西良明 09/10/03 PM05
216075 目を覚ませ!!! funnybunny 09/09/29 PM10
215303 共認充足に向かっているかどうかが判断軸 国道12号 09/09/18 AM10
215091 人生を有意義に 新免琢弥 09/09/15 PM10
215086 本当の活動時間 嶋崎あゆみ 09/09/15 PM10
214758 共同体の解体が、代償充足への流れを加速した 山田孝治 09/09/11 AM01
214611 楽しい仕事が社会を変える ス〜 09/09/09 AM02
214571 追い求める「豊かさ」とは何なのか 従野貴博 09/09/08 PM05
214492 自主管理への招待を勉強して いちだ 09/09/07 AM00
214435 労働疎外とは 天神地祇 09/09/06 AM00
214211 コマネズミのような生活からの離脱 大森義也 09/09/03 PM04
214157 近代思想が社会をダメにしたことに納得 コスモス 09/09/02 PM08
214147 生産活動とは、「共認充足の時間」 三輪歩未 09/09/02 PM05
214135 【図解】自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想 大脇正嗣 09/09/02 PM01
214120 近代思想の偽り じゅんちゃそ 09/09/02 AM02
214104 要求が生まれる過程 加賀野宏 09/09/01 PM11
214103 生産と消費と自意識 埜中賢悟 09/09/01 PM11
214101 日本社会における生産と消費の関係について 越智優子 09/09/01 PM11
214045 【図解】自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想 斎藤一浩 09/09/01 AM00
212618 「効率化絶対」は旧い仕事観 土屋範明 09/08/11 PM05
212076 現代人の「社会離脱」病は根深い 斎藤一浩 09/08/02 PM03
211710 社会における日常生活とは…「エゴのごみ捨て場」でしかないという恐るべき事実認識⇒『たたかう』!!! Silentservice 09/07/28 PM06
211638 中身の無い生活時間を転換すれば・・・ 三上恭平 09/07/27 PM01
211554 否定もしくは要求することしかできない庶民 わっと 09/07/26 AM06
211366 自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換 岡田淳三郎 09/07/23 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp