企業を共同体化するには?
211322 自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 09/07/23 AM00 【印刷用へ
【自主管理への招待(2)】

高度成長期にあれほど盛り上った若者のエネルギーは、新しい活力が現実に求められている今、見る影もなく沈滞している。また、経済が繁栄していた頃あれほど威勢よく賃上げを進めてきた組合は、現実に消費需要(←賃上げ)を作り出すべき肝心の今、何の力にも成らずに敗退を重ねている。人は生産が低落すればするほど生活の内に身を充足させ、時代が激動すればするほど体制の中に身を定着させるものなのであろうか?

社会の繁栄期には「反体制」的なお祭りに打ち興じ、社会の衰弱期にはその体制に依り縋るのだとしたら、それらの人々にとってこの社会体制はよほど頼りがいのあるもののようである。だが、そのような「思想と運動」は、社会の経済的繁栄の上にオンブされた、偽りの「自己主張」にすぎなかったのだと言うしかない。なるほど彼らは、頭の中では人間主義を標榜し、口先では社会変革を唱えてきた。だが指導者自身が方向を見失い、社会全体が衰弱してゆく状況の中にあって、何ひとつ新しい方向を提示し得ずにむしろその体制にブラ下って生きているのだとしたら、その「社会変革」の中味は、実は体制隷属ではないのだろうか?そのような「人間主義」の中身は、実は奴隷主義ではないのだろうか?


一言でいえば、彼らは表面と中味が、自分自身の意識と存在が、完全に断絶している。どれだけ高度な思想で自らを武装したところで、それでメシを喰ってゆくことの現実が、消えてくれるわけではない。どれだけ人間的連帯を叫んだところで、それで他人を蹴落して大企業に居ることの現実が、帳消しになるわけではない。そこでの「思想」は、常に自己の現実の前に挫屈し、いずれ消え失せる以外に何の道も残されていない。
実際、そのような「思想と運動」は、何を残し得たのか?残された彼らの真実は、受験戦争に勝ち抜いて大企業に入り、そして今ではその体制に寄りかかって、ひたすら身の安定を求めているという現実ひとつ以外に何もない。その現実は、彼らの頭の中の「人間主義」や「社会変革」と、どう結びつくというのか? 自ら否定している現実と、自分自身の現実とは同一ではないか! 
いったい、自己の思想と現実との、この鋭い背反をどうするのか?既成の思想は、この問いに答えるべきであろう。その「思想」があってもなくても、自己の現実の存在には何の変りもないのだとしたら、もはやその「思想」は存在する資格がない。自己を見つめるべき思想が実は自己の現実から目を外らし、社会を変革するべき運動が実は現実の社会にブラ下り、さらにこのような自己矛盾にさえ不感症になって終った「思想と運動」に残されたものは、もはや精神の荒廃だけである。

自己の現実が深く関わっているこの社会は、それ自身の生命と構造を持っている。社会は、その時代の人々の欲求に応え、かつ人々の営為によって担われる〈生産様式〉を土台として、その様式に応じた生産と政治の諸関係を構成し、再び人々の存在と意識をそれらに適応させる。つまり、人間と社会との夫々の存立の基盤を成し、夫々の存在の中核と成っているのは、生産であり労働である。従って、私たちの認識にとって重要なのは、あってもなくても良いような「思想」ではなく、人間と社会の基底的な現実を形成している生産様式の認識であり、あるいは、社会への一方通行で空まわりの「自己主張」ではなく、人々の根底的な欲求が交わり合う生産関係の認識である。
また人間と社会は、人々の日々の圧倒的な営為によって生産力が発展し、それにつれて生産様式が転換されてゆくことによってしか、根底的な変革と発展を遂げることはできない。従って、あれこれの政治運動以前に、何よりもまず、社会の土台を成す新しい生産のあり方を提示することなしには、社会を変革することはできない。同様に、あれこれの生活要求以前に、自己の土台を成す新しい労働のあり方を提示することなしには、意識と存在の断絶を止揚して自己を実現してゆくことはできない。
 
  List
  この記事は 211321 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_211322
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
314116 【図解】自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない 内堀克哉 16/04/13 PM07
307561 【図解】自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない 野田雄二 15/09/07 PM10
307557 【図解】自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない 大越菜央 15/09/07 PM08
277721 共同体の命綱〜まずは発信〜 松田真依 13/06/14 PM10
237201 歴史を創っていく人々 川井孝浩 10/09/02 PM06
237128 意識生産のその先は? 梅原雄介 10/09/01 PM04
237088 学校で習わない時代認識 日比雅文 10/08/31 PM10
237084 近代思想の悲しさ 佐保井路子 10/08/31 PM10
236983 ”要求運動”そのものが序列原理を抜け出せていない rino 10/08/29 PM07
236818 時代に対応していくこと 石井麻衣 10/08/26 PM10
236816 初めての自主管理への招待 安原絵梨 10/08/26 PM10
自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない 「日本を守るのに右も左もない」 10/04/28 PM10
230776 労働運動〜父の体験から きっちょむ 10/04/27 PM06
230733 「生産様式の認識」と「生産関係の認識」 谷光美紀 10/04/26 PM01
228363 「生産が人間と社会の存立基盤」!だから人々は「生産」に意識が向かう 佐藤祥司 10/03/16 AM00
自主管理への招待(2) 〜社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/02/02 PM11
225436 '70年貧困の消滅以来の社会捨象の流れは? 匿名希望 10/01/30 PM05
225435 破壊するのではなく、答えを作ることで「新しい社会」は実現する やまと 10/01/30 PM05
225423 改めて、生産って? 石橋創 10/01/30 AM09
225401 『要求』が『ぶら下がり』に転じただけ 矢ヶ崎裕 10/01/30 AM00
225342 学生運動→労働組合→クレーム対策課 石川笑美 10/01/29 AM11
225283 【図解】自主管理への招待(2)必要な認識って何? KOU 10/01/28 PM01
225280 【図解】自主管理への招待(2)既成の思想では行き詰るのは何で? KOU 10/01/28 PM00
225144 ズレた制度が身体と意識の断絶が生み出している チーズカレー 10/01/26 PM01
224969 社会を変える一里塚とは、新たな生産様式の確立・浸透ではないのか? とも 10/01/23 PM10
222699 60〜’70年代の社会運動家とは TAB 09/12/25 PM10
221562 現代における意識と存在の断絶 Crazy Train 09/12/09 PM01
220667 【図解】自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない 北川和秀 09/11/28 AM00
220573 私権社会の衰弱期今、認識収束の潮流は社会変革の兆し! コールスロー 09/11/26 PM05
220476 「生産様式の認識」と「生産関係の認識」は現実の生産活動の場に身をおいている素人でなければ紡ぎ出せない! 末廣大地 09/11/25 AM00
219187 【図解】自主管理への招待(2):意識と存在の断絶 田中直人 09/11/08 AM01
216957 【図解】自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない 太刀川省治 09/10/11 AM01
216625 感想 funnybunny 09/10/06 PM11
216326 【図解】自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない 土屋範明 09/10/03 AM03
216058 庶民の意識が社会をつくる〜インターネットの可能性〜 孫市 09/09/29 PM06
216044 生産が変われば、労働のあり方も変わる普遍構造 汚れなき男 09/09/29 PM01
216029 実現体は、現実の中から、充足発で生まれていく。 西田美和 09/09/29 AM02
215967 類的生産は無限大♪ 三浦由衣 09/09/28 AM01
「自主管理への招待」2〜社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない 「これからは共同体の時代」 09/09/27 AM08
215868 新しい生産・労働の提示☆ カナ 09/09/26 PM11
214987 貧困の圧力と自我 匿名希望 09/09/14 PM00
214852 生産様式が変化に適応できていないから! きなこ 09/09/12 PM00
214594 “労働”の転換 嶋崎あゆみ 09/09/08 PM11
214591 教育変革を 新免琢弥 09/09/08 PM10
214564 重要なのは、人々の根底的な欲求が交わり合う生産関係の認識 近藤文人 09/09/08 PM02
214121 統合階級と大衆の差〜本気で社会変革を実現しようとしなかった統合階級と収束不全に陥った大衆〜 大脇正嗣 09/09/02 AM03
213910 歴史認識も理論も、全ては日々の営為のために必要なもの 匿名希望 09/08/30 AM00
213867 意識と存在を結びつけることでうまれるエネルギー 永井利奈 09/08/29 PM00
213738 知らないうちに隷属していないか? 従野貴博 09/08/27 PM08
213735 「工業生産のための意識生産」から、「意識生産のための意識生産」へ 橋本宏 09/08/27 PM07
213727 社会の当事者として素直に充足を追求していける時代になった。 tanvool 09/08/27 PM04
213676 反のエネルギー⇒充足エネルギーへの転換 山名宏明 09/08/26 PM10
213654 時代変遷と自己実現 大森義也 09/08/26 PM05
213603 生産様式の転換と社会構造の変遷 小暮 勇午 09/08/25 PM11
213601 意識と存在の断絶について 埜中賢悟 09/08/25 PM11
213591 社会を変える為に必要なことへの気付き じゅんちゃそ 09/08/25 PM10
212210 「意識生産」という言葉の画期性 庄恵三 09/08/05 AM00
211341 自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想 岡田淳三郎 09/07/23 AM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp