市場の支配構造
211316 裏の支配勢力史7 第二次世界大戦〜SRI〜CIA〜ビルダーバーグ
 
案内人 ( 闇 に 光を照らす ) 09/07/23 AM00 【印刷用へ
1939年〜1945年 第二次世界大戦

1942年 OSS(アメリカ戦略諜報局)設立
・第2次世界大戦中、スパイ組織の必要に迫られたルーズベルト大統領は第1次大戦の英雄ドノヴァンに創立を依頼する。ドノヴァンは.英国スパイ組織MI6の協力と、後にイスラエルの建国者となるショール・アイゼンベルグにスパイ技術の指導を受け、OSS(後にCIA)を創立する。
・戦後、ドノヴァンはCIA創立の経験から世界各国でスパイ組織を創立。スパイの養成担当として活躍する。電電公社(後のNTT)創立時、日本側代理人として創立を指揮したのがドノヴァン。

1945年 国際連合設立(→世界銀行、IMF)
・国際連盟の改訂版として作られており、国際連盟同様、イギリス中心の覇権体制の組み直しだった。このような表の組織がRIIAやCFRにとって必要だったと見られる。

1945年 フルブライト奨学金発足(アメリカ)
・民主党上院議員フルブライトにより創設された。優秀な若者をアメリカ留学させ、アメリカにとって都合の良い人間に教育する制度。日本から6,000人、世界で26万人の実績がある。カーギル、デュポン、JPモルガンも資金を出している。のちの奨学生に竹中平蔵氏がいる。

1946年 スタンフォード研究所(SRI)設立(アメリカ)
・300人委員会を代表する世界規模の研究機関として知られる。のちにインターネット技術の開発などを行った。300人委員会がダビストック研究所に行動計画を作成させ、そのための研究をSRIに指示して行わせている。
1947年 ダビストック研究所(イギリス)
・精神分析理論の拠点の一つ。洗脳手法についての研究などを行う。湾岸戦争時には“イラクは脅威であり、サダム・フセインはアメリカに挑む凶暴な敵である”という洗脳が行われ、アメリカ国民の世論が形成された。

1947年 CIA(アメリカ中央情報局)設立(アメリカ)
・第二次世界大戦中にイギリスMI6の指導により創設されたOSSが、スカル・アンド・ボーンズのメンバーであったロヴェットによって発展・改組されCIAとなった。国家を隠れ蓑にした謀略機関であり、現在でもS&Bの強い影響を受けている。
・ヒトラーの資金源=金庫となったドイツのシュローダー銀行は、その運営をブッシュ=ロックフェラーのシティバンクが担当していた。その中心はブッシュの腹心の部下で、後にCIA長官になるアレン・ダレス。ダレスは、ゲーレンを初めとするナチやナチSSの大物スパイをCIAに受け入れ、ナチスの諜報網を受け継いだ。

1948年 イスラエル建国
・ロスチャイルド家がイギリス政府を動かし、現イスラエルがユダヤ人国家として独立。
・イスラエルの全産業を支配しているのが、20世紀初頭にアメリカマフィアを統一したアイゼンベルグである。金融、工業、軍事、食糧、化学などあらゆる産業をアイゼンベルグ社が創立し、事業が軌道に乗ると民間に払い下げるという形で産業振興が行われた。アイゼンベルグは「殺人株式会社」とも呼ばれ、現在でも金で殺人を請け負っている。

1949年 北大西洋条約機構(NATO)設立(アメリカ)
・ダビストック研究所によって考案された機構。アメリカ中心の軍事同盟。西欧経済や日本経済を計画的に復活させて資本主義経済システムに組み入れ、軍事的にも覇権国家となるために設立された。

1954年 第一回ビルダーバーグ会議(オランダ)
・欧米各国で影響力を持つ王室関係者・欧州の貴族や政財界・官僚の代表者など約130人が参加。今後一年間の国際政治経済の動きを決定する。・ビルダーバーグの主たる機能は、RIIAに選ばれた者を将来の世界指導者に仕立て上げること。クリントン、ジョージ・ブッシュ、英元首相ジョン・メージャー、マーガレット・サッチャーも、最高権力者の座を射止める前に、ビルダーバーグ会議に招かれている。

1956年 国際刑事警察機構インターポール発足(フランス)
・国際犯罪者に関する情報の収集と交換を行う組織。ロックフェラーの資金によって、ナチスの国際スパイ組織を原型とした国際刑事警察機構インターポールが発足。しかし、このロックフェラーの資金も、スイス金融業界を支配するシェルバーン一族から貸し付けられてきた資金に過ぎない。
 
  List
  この記事は 211315 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_211316
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
232701 NTTを創立したCIA 猛獣王S 10/06/04 PM05
212090 闇の世界1【マフィア-1 〜シチリア〜】 彗星 09/08/02 PM08
211318 裏の支配勢力史8 ローマクラブ〜三極委員会〜P2事件〜陰謀論の流布 案内人 09/07/23 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp