市場の支配構造
211307 裏の支配勢力史5 バチカン〜円卓会議〜FRB
 
案内人 ( 闇 に 光を照らす ) 09/07/23 AM00 【印刷用へ
1870年 イタリア王国が成立。ローマ=カトリック教皇領がバチカンのみに
・イタリア統一を主導した「青年イタリア」のリーダーがイルミナティ2代目首領(この後、世界的に青年運動が広がり第一インター、第二インターなどのコミンテルンが成立)。
・バチカンは収入源が絶たれ、イタリア政府との間でラテラノ条約が締結される。この条約により、バチカンは現時価に換算しておよそ10億ドル(1200億円)をイタリア政府から受け取る。
・バチカン資産の大部分は、第二次世界大戦時に金塊に変えられた。(現在でも巨額の金塊を所有)

1886年 自由の女神像完成(アメリカ)
・フリーメーソンのマークと共に「フランスのフリーメーソンが、アメリカのフリーメーソンに送った」と記載されている。

1889年 新テンプル騎士団設立(オーストリア)
・反ユダヤ主義者、民族主義者であったランツが、傾倒する中世のテンプル騎士団の名称と儀礼を踏襲して設立された。より優れた純血種の「アーリア人種」を生み出すことを理想とし、「絶滅させるまで人種闘争を」がスローガンの一つ。

1891年 円卓会議が結成(イギリス)
・全世界のダイアモンドをほぼ独占するデビアス創立者セシル・ローズによって設立される。のちに、アルフレッド・ミルナーが実権を握った。
・円卓の騎士らを、さまざまな社会機関を通じて社会政策を立案、実行する地位につけることを目的とする機関であり、主にタヴィストック人間関係研究所を経て、銀行業務の最高レベルへと浸透していった。この円卓会議自体の中で企業、研究機関、銀行、教育機関が複雑に絡み合っている。
・円卓会議から分離して独立した組織に、RIIA、ビルダーバーグ、三極委員会などがある。

1895年 ローズ奨学金発足(イギリス)
・セシル・ローズの莫大な資産を元にした英オックスフォード大学への奨学生制度。英国の利益を守る為のスパイ養成機関とも言われ、MI6やモサドは、ここから多数の若者をリクルートしてきた。

1909年 MI6(イギリス情報局秘密情報部SIS)設立(イギリス)
・外務省の管轄下。人員は2,500名で約3億ポンドの予算だとされる。

1912年 帝国ハンマー同盟結成/ゲルマン教団(ゲルマン騎士団)設立(ドイツ)
・1908年リスト協会が、純粋な古代ゲルマン民族への志向を強めるリストによって設立された(新テンプル騎士団とは協力関係にあった)。
・1912年「リスト協会」のメンバーと過激な反ユダヤ主義者によって帝国ハンマー同盟が結成され、同時に、姉妹組織というべき秘密結社「ゲルマン教団」(ゲルマン騎士団)創設される。

1913年 連邦準備制度FRB設立(アメリカ)
・アメリカの中央銀行制度とも言うべき制度が、連邦準備制度(FRB)。
・FRBの実務は12の特権都市にある連邦準備銀行の役員による委員会によって行われる。12ある地区連銀の中で最大のものがニューヨーク連銀で、実質的にアメリカの金融政策を決定している。このニューヨーク連銀は、欧米のロスチャイルド系銀行が株の100%を保有していて、米国政府は1株も保有していない。
・FRBが刷るドルというお金は、米国債を担保にFRBがアメリカ政府に貸し付けた債権。アメリカ政府がドルが必要になると、米国債を発行してFRBに渡す。FRBは米国債と引き換えに無から通貨(ドル)を創造し、米国政府に渡す。米国政府、つまり米国民は利息を支払う義務を追う。
・そこで、同年に「連邦所得税法制定」が成立。アメリカには連邦所得税を納付しなければならないという法律は存在しないにも関わらず、連邦所得税が徴収され、それがFRBへの米国債利払いに充てられている。つまりアメリカ国民は、法的根拠もないのに所得税が取られ、それが連邦準備銀行に流れるという壮大な搾取システムが出来上がった。
・リンカーン暗殺、ケネデイ暗殺など、FRBに異を唱える者は暗殺の憂き目にあってきた。(ケネディは1963年大統領行政命令に署名し、政府紙幣を発行に踏み切る。その直後に暗殺され、発行された政府紙幣は速やかに回収された。)
 
  List
  この記事は 211301 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_211307
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
西暦1861年 - イタリア王国の成立 「ぱふぅ家のホームページ」 09/12/04 PM04
西暦1861年 - イタリア王国の成立 「ぱふぅ家のホームページ」 09/12/04 PM04
212923 共産主義運動のルーツはフリーメーソン? 匿名希望 09/08/15 PM05
212192 バチカンに関する情報整理(リンク集) 匿名希望 09/08/04 PM09
211315 裏の支配勢力史6 第一次世界大戦〜ナチス〜RIIA〜CFR〜BIS 案内人 09/07/23 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp