市場の支配構造
211301 裏の支配勢力史4 ロスチャイルド〜スカル&ボーンズ〜ロックフェラー
 
案内人 ( 闇 に 光を照らす ) 09/07/22 PM07 【印刷用へ
1815年 ワーテルローの戦い
・ドイツ、オーストリア、イギリス、フランスのヨーロッパ全域にまたがる支店網を持っていたロスチャイルド家が独自情報を入手し、英国債の売買によって巨額の富を得て、財産を2500倍にまで膨らませたと言われている。この日から、ロスチャイルドによる中央銀行支配が強まっていった。

1829年 ニューヨークでイルミナティの集会
・イルミナティの集会がニューヨークで開かれ、そこで「あらゆる破壊分子組織とニヒリストおよび無神論者を総合し、共産主義として知られるひとつの国際組織とするつもりである」と発表された。
・またこの時期、イルミナティのもうひとつのグループが、フランクフルト大学教授に、共産主義のアンチテーゼを執筆させ、ニーチェ哲学を経て、ファシズム→ナチズムに進展する。【あえて対立を作り出す】
・我々国民は選挙で選んだ議員が国家を統治しているように思えるが、そうではなく、民間銀行である中央銀行などの機関⇒世界機関⇒闇の権力者がコントロールしている。

1830年 カトリックにも金貸し業が許される
・それまでカトリックでは「金貸しは破門」とされていたが、ラテラノ公会議の規定が改められ、「高利貸しでない限り許される」ことになった。
・宗務委員会を改組して作られた宗教活動協会IORは、最初こそ扶助組織だったが、イタリア政府の管理を受けず、外国送金も自由なため、特権的な銀行「バチカン銀行」として今日に至っている。

1832年 スカル・アンド・ボーンズ(S&B)設立(アメリカ)
・アメリカイエール大学に作られた学生の秘密サークル。イエール大学は政治家や有力実業家などの子弟が多く通う大学で、S&Bはその中でも選りすぐりのエリートだけを集めたクラブ。当初は、アヘン貿易で巨万の富を得た有力商人が中心だった。のちにOSS(CIAの前身)を設立。
・ブッシュ一族、27代大統領タフト、ロックフェラー一族がボーンズマン。

1835年 AFP通信設立(フランス)
1846年 AP通信設立(アメリカ)
1851年 ロイター通信設立(イギリス)
・シャルル・ルイ・アヴァスが伝書鳩を用いた通信社(=AFP通信)を興す。アヴァスが用いた伝書鳩は、当時最も高速な通信手段であり、かつ人の手を介する郵便に比べて機密性も高かったため、軍隊で良く用いられていた。
・富裕層から重用されたアヴァスから分派したのが、ドイツのヴォルフとイギリスのロイターであるが、この三社は互いニュースを交換する契約を結び、1959年には3社で世界を3分割する秘密協定を結ぶ。
・ロイターの情報網からMI5、MI6ができ、MI6の指導を受けてCIAやモサドができる。
・ロイター家は、タクシス家、フッガー家と姻戚関係にある。タクシス一族の諜報網の一部を受け継いだ可能性あり。

1863年 ロックフェラーがスタンダード石油を設立(アメリカ)
・石油精製事業に乗り出したロックフェラー1世は、徐々にアメリカ国内での石油生産の支配権を獲得し、結果、石油市場の90%を支配するまでに至った。

1864年 日本で最初のフリーメーソン?
・留学先のオランダで入会した西周と津田真道が最初というが、トーマス・グラバーと坂本龍馬の関係の背後にもフリーメーソンの存在が指摘されている。また、明治新政府官僚たちの「鹿鳴館」は、日本最初の上流階級運動であり、明らかに有力者・著名人を取り込み、特権意識を育てて連帯させるフリーメーソン運動の核心的意味を持っている。他に新渡戸稲造、野口英世、夏目漱石。さらに戦後初の首相・東久邇稔彦や次の首相・幣原喜重郎、そして鳩山一朗らもメースンだった。
 
  List
  この記事は 211296 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_211301
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
237306 英・ロスチャイルド多国籍銀行の歴史と現在 井上宏 10/09/04 AM10
211916 ロイター社と英国との繋がり 塩貝弘一郎 09/07/31 AM11
211307 裏の支配勢力史5 バチカン〜円卓会議〜FRB 案内人 09/07/23 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp