市場の支配構造
211163 秘密結社が成長した時代〜十字軍遠征(1)
 
田野健 HP ( 48 兵庫 設計業 ) 09/07/20 PM03 【印刷用へ
秘密結社は十字軍の騎士団の時代に多く作られている。

その正史として十字軍とは何を目的になされたのか?高校の先生がまとめられた世界史ノートというブログリンクがあったので、そこから引用させていただきながらこの時代を概観してみたいと思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
西ヨーロッパ世界は中世、外部からの侵略を受けてきた歴史がある。特に8〜9世紀以来、イスラム勢力やアジア系のマジャール人そしてヴァイキングの侵入が相次ぎ、西ヨーロッパは守勢を余儀なくされ、ひたすらその圧迫に耐えてきた。
しかし、国内的には封建社会が安定し、温暖期を通じて経済的にも発展する中で力を蓄えてきた西ヨーロッパ世界がそれまでの守勢から反撃に転ずるようになった。

1096年に多数の諸侯・騎士から成る第1回十字軍が出発し、以後約200年間にわたって前後7回の十字軍が派遣されることとなる。

十字軍はヨーロッパのキリスト教徒がイスラム教徒から聖地イェルサレムを奪回するために起こした遠征であるが、イェルサレムがイスラム教徒の手に落ちたのは7世紀のことで、350年も前のことである。なぜこの時期に十字軍が行われたのか?その理由である聖地回復とは戦争を起こす為のお題目であり、十字軍遠征を果たす事で国も教会も大衆も別の目的を果たそうとしていた。その内部要因として以下の6つの理由が考えられる。

(1)封建社会が安定し、農業技術の進歩とともに農業生産力が高まり、人口が増大するなど、西ヨーロッパ世界内部の力が充実し、対外的発展の機運が生まれてきた。
(2)ローマ=カトリック教会による民衆の教化が進み、当時のヨーロッパの人々は熱心なカトリック信者となり、宗教的な熱情が高まっていた。
(3)教皇の権威が著しく高まっており、教皇は十字軍を利用して東西教会を統一しようとしていた。
(4)諸侯・騎士の中には、封建制の完成によってもはやヨーロッパでは領地を獲得することが困難となっていたため、ヨーロッパの外部で領地や戦利品を獲得して領主になろうとした。
(5)当時次第に勃興してきた都市の商人達は十字軍を利用して商権の拡大をはかり、香辛料をはじめとする東方の商品を獲得して利益を得ようとした。
(6)農民達は十字軍に参加することによって負債の帳消しや不自由な農奴身分から解放されることを望んでいた。 
 
  List
  この記事は 210965 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_211163
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
共認回路と自我回路
規範意識の形成の土台は? 
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
規範回路と観念回路の断層
我思う、故に我あり
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
歴史無視の表層的個人主義はウンザリ
共認充足がなければ生きられない
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
「自分らしさ」を理解できない人々
「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
規範の形成を阻んでいるもの
自己実現の「非」実現性
自我回路より共認回路の方が充足できる
“自我心理学”から“共認心理学”へ
あらゆる圧力を排除する個人主義
人類の本性は共同性にあるA
原始時代に自己中はいなかった
全体主義を生み出した犯人は、自己中
潮流1:共認原理と私権原理
私権時代から共認時代への大転換

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp