日本を守るのに、右も左もない
210770 警察・検察の“捜査上の秘密”が“証言の捏造”の温床になる
 
福島健 ( 36 会社員 ) 09/07/14 PM02 【印刷用へ
ブログ「ジョディーは友達」リンクより引用します。

−−−−−−−−−−−〈引用開始〉−−−−−−−−−−−−−

疑わしきは、被告人の利益


裁判官の質が問われている。
裁判官が独立しているとは、上司や権力の影響を受けないための措置である。しかし実態は、転勤等で不利な扱いを受けないために、国家権力の意向に副った判決をする、ヒラメ判事がいる。足利事件の裁判官とか、高知白バイ衝突死の判事とか、西松建設の小沢秘書の裁判官とかが、そうである。

犯罪の挙証責任は検察にある。警察・検察はその権力を使って証拠を集める。その証拠は、第三者には公開されない。捜査上の秘密と言う訳だ。捜査の秘密性は、警察・検察にとって大変都合がいい。捏造しても分からないからである。巨大な警察権力は、証人の証言も意のままにできる。その証人が、何か警察に弱みを握られていれば、警察の言うことをきくだろう。

裁判官は、盲目的に検察を信用している。女神の天秤は、端から有罪に傾いているのである。捜査権のない弁護側は、捜査能力も警察には及ばない。その上、警察が集めた証拠も検証できない。大変なハンディである。
裁判官はこの実態を踏まえた上で、検察の証拠に嘘はないか。捏造はないか。証人は警察に脅されていないか、などを判断して、疑いがあれば、無罪としなければならない。
疑わしきは罰せず、である。

痴漢の冤罪が多発している。警察は、被害者の申告を鵜呑みにして、容疑者を端から犯人として扱う。だから、自供しなければ、家には帰さないと脅す。人質司法である。警察庁は通達を出したというが、冤罪防止にどれだけ有効になるか?映画「それでも僕はやってない」の現実は、いつも男性の周りにある。確かに痴漢はいる。その真犯人は逮捕しなければならない。当然である。しかし、誤認逮捕は絶対だめである。

足利事件がいい例である。彼の人生を奪った裁判官は、彼にどう謝罪するのか?裁判官の独立は、こんな時のために在るのではない。いい加減な捜査をした警察・検察は、目には目をで、ブタ箱に収監するか?

麻生自公党政権の断末魔は、警察・検察・裁判所を使った無謀なでっちあげを加速している。政治資金規正法は、麻生自公党には適用されない。

与謝野馨、二階俊博、佐藤勉、尾身幸次、森喜朗、森田健作など、国民の目からは、真っ黒に見える。検察は無能か?しかし、野党に対しては、どんどん適用してくる。当に権力の濫用である。国民は、そんな麻生自公党政権を、全く信用していない。

信用されない麻生自公党政権は、権力という暴力を、いつ国民に向けるか分からない。既に始まっているかもしれない。最高裁が植草一秀氏の上告を棄却した。最高裁は麻生自公党権力におもねって、疑わしきは罰せず、の原則を無視したのか。

裁判官は清廉潔白が望ましい。しかし、現実はサラリーマンである。出世や金に魅力を感じないはずは無い。天下りもしたい。という訳で、政官財に有利な判断をする輩も多くいる。

植草一秀氏が、郵政民営化問題を始めとして、政府批判をしていることが、最高裁の判断に現れたのではないか?

警察・検察・裁判所の横暴を止めるのは、主権者である国民の義務である。

−−−−−−−−−−−−−〈引用ここまで〉−−−−−−−−−−
 
  List
  この記事は 205507 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_210770
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp