西洋医療と東洋医療
208415 クエン酸の効果的な働き
 
ケリ太 09/06/08 PM00 【印刷用へ
酢や柑橘系フルーツ、梅干などすっぱい食べ物がカラダにいいことで注目されています。
その根幹は「クエン酸」。クエン酸のもつ効果的な働きを調べてみました。

私達の体内にはクエン酸回路(=TCA回路)と呼ばれるカラダを動かす重要なメカニズムがあり、これが作用しているようです。


以下gooヘルスケア からだにいいコトバ事典リンクより引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔から健康に良いと言われるお酢から最近の機能性飲料まで、疲労回復に効くクエン酸を含む食品が再び注目されています。

【クエン酸】
疲れたときにお酢を飲むと疲労回復になるとか、激しいスポーツをした後でレモンスライスを摂ると良いといわれますよね。その秘密はクエン酸。クエン酸を補給することで、エネルギーの産生システムが活性化されるといわれ、スポーツ選手たちも、積極的にクエン酸の摂取を行っているそうです。

クエン酸と聞いてもピンとこないかもしれませんが、お酢(もろみ酢など)や、レモン、グレープフルーツ、オレンジ、そして梅干などでおなじみのすっぱい成分です。

■クエン酸サイクルを働かせる
それにしても、クエン酸を摂ると、なぜ疲労回復するのでしょうか。
それはクエン酸回路(=TCA回路)と呼ばれる、私たちの体を動かす重要なメカニズムにあります

クエン酸回路は、エネルギー生産工場。食物から摂取された栄養素が、クエン酸などの8種類の酸に分解され、その分解過程でエネルギーが生産されます。そしてクエン酸は、このエネルギー回路を回すための着火材のようなもの。クエン酸回路が活性化していれば、どんどんエネルギーは作り出されていきます。


●疲労回復とクエン酸
ところが、運動を続けていると、クエン酸回路の働きが落ちて、疲労してきます。そこで、クエン酸を補給すると、短時間のうちにクエン酸回路が再び活性化するというのです。

さらに注目すべきは、これまで疲労の原因物質とされていた乳酸に、新解釈が出てきました。運動すると乳酸が出てくることは知られていますが、実は「この乳酸は疲労物質ではなく、再び変化してアセチルCoA(エネルギーを生み出す物質)になることができる。つまり乳酸もまたエネルギーの元になる。そしてクエン酸を摂ると、クエン酸サイクルがより活性化し、乳酸をエネルギーの元に戻してくれる」というのです。疲労回復にお酢やレモンがいいとされるのは、クエン酸のこうしたWの働きが期待できるからなのです。

でもクエン酸の働きは「疲労回復」だけではありません。まだまだ物凄い働きがあります。

●クエン酸のキレート作用
キレートとはギリシア語で"カニのはさみ"という意味です。現代人に不足しがちなカルシウムなどのミネラルは、体に吸収されにくいのですが、クエンと一緒に摂ると、クエン酸がカニのはさみのようにミネラルを包み込んで結合し、その吸収を助けてくれます。

●抗酸化作用
クエン酸のキレート作用にはまだ続きがあります。それは抗酸化作用。細胞や?管を傷つけ、動脈硬化や心筋梗塞、そして果てにはガンの原因にもなるやっかいな敵"活性酸素"をできにくくしてくれるといわれています。クエン酸が酸化の引き金となる鉄と酸素が結びつくのを抑えてくれるのでしょう。

●体をアルカリ性に保つ
通常健康な人の体は弱アルカリ性に保たれていますが、疲れてくると酸性の方へ傾いていきます。

クエン酸は、酸性に傾きがちな現代人の体を弱アルカリ性に保つ働きもあるといわれていますし、この他にも、だえきや胃酸の分泌を促して食欲を増進させたり、血液をサラサラにしてくれたり、肝臓の機能を高めたり、減塩効果があるので、高血圧の予防になったり、特に女性に多い骨粗しょう症の予防にも働きかけます。


■クエン酸の効率的な摂取法
摂取目安としては1日2g〜とくに疲労が激しい人や、スポーツをする人は5gくらいを目安にすると良いでしょう。

クエン酸粉末、健康酢、また柑橘系の果物などを、こまめに摂ること。そして多くの食品をバランスよく摂り、とくにビタミンB群の摂取を心掛ければ、より効果的です。


新居裕久先生 新宿医院院長・医学博士
新宿クッキングアカデミーの校長も兼ね、健康(医療)と食事(栄養)に関する第一人者。"医食同源"の生みの親
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、引用おわり
 
  List
  この記事は 207405 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_208415
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp