サル社会を解明しよう
20841 原哺乳類と原猿の進化について@
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 02/01/15 AM03 【印刷用へ
 原哺乳類や原猿棲息当時(8000万年前から6000万年前)の棲息状態そのものを完璧に再現する事は不可能である以上、論理的により矛盾無く説明できるかどうかで、それを「仮定事実」と見なすかどうかを考えてゆくしか、基本的には方法はないと思われます。
その上で私の前投稿では、やや言葉足らずな面があったかと思いますので、再度整理したい、と思います。

@まず原哺乳類を単体と考える根拠
食虫目の起源は非常に古く、中生代白亜紀未にすでに生息していました。系統発生学的には、卵性の単孔目(カモノハシなど)や有袋目(カンガルーなど)のような特殊な動物を除いたすべての胎盤を有する哺乳類(真獣類)の始祖とされています。
 実際、恐竜などと一緒に出土される白亜紀の原始的な食虫類の化石と現生する食虫目との類似点は多く、他の哺乳類が適応放散しながら進化したのに対し、食虫目の動物は非常に長いあいだ原始的形態を保ってきたといえます。霊長目も食虫目から直接分かれたと考えられています。

 因みに現在発見されている最古の哺乳類は約2億年前の「ハドロコディウム」という種(食虫目)です。ハドロコディウムは推定体重が2グラム,体長3センチメートルほどで,哺乳類の仲間としては最も小さい部類です。体躯に比べて大きな頭蓋骨やかみあわせのよい歯などは,現在の哺乳類の特徴を示しています。その後登場した原哺乳類もいずれも小型の食虫目です。(単孔目、有袋目除く)

その上で登場当時の哺乳類が単体であったことの根拠は。

・現状ほぼ全ての食虫目が単体であること。

・正確に言うとオスはメスより大きい行動圏を持ち、繁殖期には行動圏=縄張りは一層拡大する。メスは生殖期には母子のみの集団をつくる。これはオスの性闘争本能or性淘汰が極端に強い証左であると見なせます。実際彼らは体側や腹部に臭腺を持ち、強い体臭でテリトリーのマーキングをします。

・かつ哺乳類登場当時は大型爬虫類(後には小型爬虫類も)に対して隠れ棲むことしか出来なかったので、小型かつ単体という生存様式を取るしかなかったと考えられる事。つまり基本的に、集団をつくるのは防衛のためだが、原哺乳類は余りにも小さく弱者であるため、集団化しても捕食動物に対して見つかりやすくなるだけであった。つまり集団化するメリットがなかったからではないかと思われる。

以上です。
 
  List
  この記事は 20569 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_20841
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
21310 嗅覚と性行動 蘆原健吾 02/01/17 PM11
20896 北村さんへRe:猿類の進化 高樋昇 02/01/15 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp