サル社会を解明しよう
20841 原哺乳類と原猿の進化について@
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 02/01/15 AM03 【印刷用へ
 原哺乳類や原猿棲息当時(8000万年前から6000万年前)の棲息状態そのものを完璧に再現する事は不可能である以上、論理的により矛盾無く説明できるかどうかで、それを「仮定事実」と見なすかどうかを考えてゆくしか、基本的には方法はないと思われます。
その上で私の前投稿では、やや言葉足らずな面があったかと思いますので、再度整理したい、と思います。

@まず原哺乳類を単体と考える根拠
食虫目の起源は非常に古く、中生代白亜紀未にすでに生息していました。系統発生学的には、卵性の単孔目(カモノハシなど)や有袋目(カンガルーなど)のような特殊な動物を除いたすべての胎盤を有する哺乳類(真獣類)の始祖とされています。
 実際、恐竜などと一緒に出土される白亜紀の原始的な食虫類の化石と現生する食虫目との類似点は多く、他の哺乳類が適応放散しながら進化したのに対し、食虫目の動物は非常に長いあいだ原始的形態を保ってきたといえます。霊長目も食虫目から直接分かれたと考えられています。

 因みに現在発見されている最古の哺乳類は約2億年前の「ハドロコディウム」という種(食虫目)です。ハドロコディウムは推定体重が2グラム,体長3センチメートルほどで,哺乳類の仲間としては最も小さい部類です。体躯に比べて大きな頭蓋骨やかみあわせのよい歯などは,現在の哺乳類の特徴を示しています。その後登場した原哺乳類もいずれも小型の食虫目です。(単孔目、有袋目除く)

その上で登場当時の哺乳類が単体であったことの根拠は。

・現状ほぼ全ての食虫目が単体であること。

・正確に言うとオスはメスより大きい行動圏を持ち、繁殖期には行動圏=縄張りは一層拡大する。メスは生殖期には母子のみの集団をつくる。これはオスの性闘争本能or性淘汰が極端に強い証左であると見なせます。実際彼らは体側や腹部に臭腺を持ち、強い体臭でテリトリーのマーキングをします。

・かつ哺乳類登場当時は大型爬虫類(後には小型爬虫類も)に対して隠れ棲むことしか出来なかったので、小型かつ単体という生存様式を取るしかなかったと考えられる事。つまり基本的に、集団をつくるのは防衛のためだが、原哺乳類は余りにも小さく弱者であるため、集団化しても捕食動物に対して見つかりやすくなるだけであった。つまり集団化するメリットがなかったからではないかと思われる。

以上です。
 
  List
  この記事は 20569 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_20841
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
21310 嗅覚と性行動 蘆原健吾 02/01/17 PM11
20896 北村さんへRe:猿類の進化 高樋昇 02/01/15 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp