共同体社会の実現
208295 新しい認識の芽が出るために。(森林の変遷と比べて)
 
ざしきわらし ( 36 神奈川 ) 09/06/06 PM10 【印刷用へ
その際、最先端の機能or意識or闘争は、常に古い機能or意識or闘争によって構成された古い現実世界の真っ只中に登場する。それが、真に最先端の適応機能(or意識)ならば、当然、古い機能(or意識)を自らの下に収束させてゆく。むしろ、最先端の適応機能(or意識)は、古い現実世界の真っ只中で古い機能群(or意識群)を収束させてゆくことによってのみ、それが最先端機能であることを証明してゆくのである。(35729)

 高山での森林の変遷は
1.日当たりの良い所に広葉樹が芽を出し、成長する。
2.その日陰に針葉樹が芽を出し、成長をじっと待つ。
3.大きな広葉樹が枯れ、針葉樹に日が当たり、成長する。
4.針葉樹の森林となる。
となっています。
 また、
1.倒れた広葉樹に幹に地衣類、苔が生える。
2.そこに針葉樹の種が着き、栄養を貰い芽吹く。
3.針葉樹が成長し、森林を形成する。
という自然サイクルがあります。
 一旦、針葉樹になった林は、地崩れが起きない限り、ずっと針葉樹の林だそうです。
もちろん、変遷サイクルは100年単位で、とてもゆっくりです。

古い機能=広葉樹、新しい機能=針葉樹と考えると、同じような変遷になっているような気がします。
古い機能も新しい機能の栄養(エネルギー)となり変化していく。
地崩れ=革命のような変化ではなく、自然の変遷のようにだんだん収束していくように新しい認識や秩序が生まれ、成長していくと考えられます。

 植物は外圧(気温、日当たり、水分環境など)が大きくなると、発育は遅くなりますが、認識は社会問題の外圧も大きくなったときに、顕在化は早くなってほしいと思います。
 
  List
  この記事は 35273 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_208295
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
208299 現代意識の転換スピードは遅いのか? 斎藤一浩 09/06/06 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp