実現論を塗り重ねてゆく
207988 社会を対象化する事で、自身の潜在思念が変化する。
 
むはひふ ( 31 大阪 不動産 ) 09/06/02 PM06 【印刷用へ
>しかし、否定や自我に囚われた潜在思念が(20世紀を通じて)基本的に変わらない限り、それらに基づいて作られた「構造認識」が基本的に変わらないのは、当然である。(18717)

自我に捉われた潜在思念からは、自我に捉われた認識しか出てこない。だから当然相手の事なんて考えられず、皆の共認は得られない。仕事においては全く成果を上げられない状態に陥るが、何で成果を上げられないのかは、自我を前提とした潜在思念とそれを元に組み立てられた観念がしっかり繋がってしまっているが故、中々気付けない。自身の発言に違和感を感じられないのだ。

では、どうすれば自身の発言に違和感を感じ、相手発の思考に転換する事が出来るか?

>知識人が答えを出せない理由は、未だに否定or自我に基づいて思考しているが故に、既成の誤った「構造認識」や「価値観念」から脱却できないからである。
新しい『基本構造』は、否定意識や自我意識に(もちろん感応観念にも)囚われない新しい潜在思念によってのみ考究される。
それは、充足基調⇒本源収束、および社会不全⇒社会収束の潜在思念である。(18718)

>本当の相手発に転換するには、相手への同化と共に、答えを出す⇒そのための原因構造の解明が不可欠になり、そのためには人間や社会のついての構造認識が不可欠になる。それを習得して初めて自分の潜在思念ともつながり、柔軟に自分の頭で考えられるようになると思う。こうして仕事と社会がつながるのだと思う。(120209)

まずは自分の中を探索せず、社会全体を捉えようとしてみる事。そうして社会の構造を追及していく中で次第に社会を作る人間の構造も明らかになっていく。貧困が消滅した今なら、その過程で自身の中に社会不全⇒社会収束の潜在思念が顕在化してくる。結果、変わっていく自身の潜在思念がようやく自らの発言に対して違和感を感じ、相手発の思考へと転換していくのだ。
 
  List
  この記事は 18717 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_207988
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp