暴走する悪徳エリートの所業
207695 牛乳では骨粗鬆症の予防はできない・・・
 
ふぇりちゃん ( ちゅるちゅるドキ 医療 ) 09/05/29 PM00 【印刷用へ
昨夜のサロンで、「人間は牛乳を飲んでも、カルシウム摂取効果は期待できない」ということを初めて知りました。
ショ、ショック・・・

幼稚園のころから牛乳嫌いで、幼稚園の給食の牛乳パックは毎日近所のオバチャンにお土産に持って帰り、小学校の給食の牛乳は「冷たいうちじゃないと飲めないから」と「いただきます!」の後にそのまま一気飲みして無理矢理流し込んでいたのに。
そしてここ最近は「そろそろお年頃。骨粗鬆症予防のために、カルシウムを摂取してないとね〜」と、毎朝牛乳100%のカフェオレを作って、苦手な味を誤魔化して飲んでいたのに。
子どものころからン10年、「牛乳は体にイイ」からと、我慢して頑張って飲んできたのに。
ずっと言われ続けてきた、信じ続けてきたことは捏造された幻想価値だったんですね〜・・・(T_T)


でも!!
>牛乳にはリンがたくさん含まれるため、骨のカルシウムは溶け出し、それまで体内にあった同量のカルシウムと結びついて、リン酸カルシウムとなって体外に排泄される→牛乳を飲めば飲むほど体内のカルシウムが減少していく。
>子供の頃から毎日飲んでいると(大人でも多量に飲むと)想像以上の害をもたらすようですね。
>カルシウムの量で見ると、牛乳よりも、野菜や海草に多いようです:ヒジキ(同量で牛乳の14倍)わかめ(7倍)海藻や、ゴマ(10倍)、切り干し大根(5倍)大根の葉(2.5倍)、小魚や煮干し(22倍)など、日本の伝統的な食材で十分カバーできます。(102095
そうなんですね。ホッとしました〜。
私は子どものころから(私が思う)最低量の牛乳しか飲んでこなかったので、そんなに害にはなってなさそう。
「牛乳からカルシウムが摂れないなんて、何を食べればいいの!?」と思ったけれど、ヒジキや切り干し大根に多く含まれているんですね。大好きです♪あぁ、よかった。
小魚や煮干しはちょっと苦手ですが、少しずつでも食べていこうと思います。



どうやら私たちは子どものころから・・・いえ、お母さんのおなかの中にいるころからマスコミや権力者に支配されていたようですね。
子どものころに「これは○○だよ」と教えられた・伝えられたことに対しては、自分で確かめようとはせずに「あぁ、そうなんだ」とそのまま思い込み信じがち。
これって、ものすごい落とし穴!!
コワイですね〜〜(>_<)

ず〜っと「そうだ」と信じていることを「それって、なんで?」と調べてみたら、驚くべき事実に出会いそうですね。
ちょっとやってみます。
 
  List
  この記事は 102095 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_207695
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
208199 牛乳は分かった。じゃあヨーグルトは? 佐々木尊一 09/06/05 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp