日本を守るのに、右も左もない
207676 ブログランキングでも、言論統制がなされている?!
 
匿名希望 09/05/29 AM01 【印刷用へ
小沢バッシングでの警察の裁量権や、豚インフルエンザにおけるマスコミの異常報道。こうした特権の乱用は明らかに増えた。しかし、特権による支配に違和感を覚えた人から既存のメディアから離れ、インターネットや書籍を通じて自ら知識を吸収し、それをブログで発信し始めるようになった。このように、ブログが事実を知るために可能性のあるツールとして、認知・活用されるようになっている。

こうしたブログの評価指標として「ブログランキング」があるが、どうやらブログランキング上で「植草一秀『知られざる真実』」の評価が捏造されているらしい。それを紹介しているサイトがあったので、以下に引用します。

「高原千尋の暗中模索リンク」より
* * * * * * * * * * * * * * * * *

これまで私は俊才エコノミスト植草一秀氏を微力ながら応援してきた。特に冤罪事件については、権力による許されない暴挙であると確信している。マスメディアが権力に加担することで植草氏は圧倒的に不利な立場に立たされてきた。しかし、植草氏が自らのブログ『知られざる真実』を立ち上げられてからは、良識ある多くの方が植草氏の真実の言葉に触れることが可能となり、「真実」がどこにあるのか、理解と共感の輪が広がっているように感じられる。インターネットというツールがそれを可能にしたことは言うまでもない。

5月28日、植草氏のブログに『「人気ブログランキング」でのポイント急減について』という記事が掲載された。この記事を読んで、私はある疑念を抱いた。

実は勤務先のPCで、植草氏のブログへのアクセスが4〜5日ほど前から制限されるという事態が発生していた。勤務先では、あるネット監視ツールを導入しており、閲覧できないページがある。そのこと自体は企業としては一般的な対応であるが、表示される禁止画面では、植草氏のブログをなぜか「ポルノ」のページとして認識しているのである。はじめは、何かの「言葉」が禁止ワードに引っかかってでもいるのだろうと考えていたのだが、植草氏のブログに『「人気ブログランキング」でのポイント急減について』という記事が掲載されたことで、疑念が生じた。

社内のシステム管理者に確認したところ、はっきりしたことは分からないが、これは社内の問題ではなく、ソフトウエア提供者の側が何か設定したのではないか、ということであった。このことと、これまでの植草氏へのかずかずの謀略を考え合わせると、当然、疑念が生じる。植草氏のブログを読まれている方であれば、これが何を意味するのか、すでにお察しのことと思う。巧妙な言論弾圧の可能性があるのではないかと推察されるのである。

私のPCは、すでにシステム管理者にアクセス可能に復元してもらい、閲覧が可能な状態になっている。しかし、同じ管理ソフトを導入している企業ネットワークでは閲覧禁止状態になっている可能性が考えられる。
* * * * * * * * * * * * * * * * *

当の植草氏も自身のブログで、以下のように記述されている。
>私は現段階で、何らかの「恣意」が介在するのかについて、判断を控えているが、近年の政治情勢からすれば、政権交代実現を主張する本ブログが、既得権益を維持しようとする勢力の観察の対象になっていることは間違いないと考えられる。リンク

特権階級によるネット支配が始まったのか?
 
  List
  この記事は 205507 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_207676
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp