暴走する悪徳エリートの所業
207211 スピンドクター(情報操作のプロ集団)が権力と結託して世論を操る
 
tanvool HP ( 岡山 会社員 ) 09/05/23 PM05 【印刷用へ
アメリカには、メディアを巧みに使って世論を操作する専門集団がいる。

「スピンドクター」と言われる存在である(参考:ブログ目黒川の畔にてリンク)。

巧妙なキャッチフレーズと、マスメディアを使った強力な発信力で、大衆の心理を掴みコントロールする、プロフェッショナルである。近年のアメリカの選挙はほとんどがこのスピンドクター同士の諜報戦・情報戦といった様相を呈している。

このスピンドクターというもののルーツは、実は「心理学」だった。

あの心理学者ジグムント・フロイトを叔父に持つ、エドワード・バーネイズという人物が、フロイトの心理学をアメリカに紹介した。彼は、精神を病む人個人の治療にではなく、心理学を大衆の操作に利用することを思いつく。

彼の、大衆の心理操作における名声を一気に高めたのは「アメリカの第一次大戦の参戦」の世論を作り上げた功績であった。

アメリカ合衆国は長い間「モンロー主義」(リンク)に基づき、ヨーロッパでの国際紛争には関与しない孤立主義を取っていた。大衆も同様であって、彼らにとっては遠い異国での戦争など自分たちの暮らしにはまったく関係ないと思っていた。

アメリカが、第一次大戦に参戦するためには、世論を180度ひっくり返す必要があったのである。

バーネイズは政府からカネをもらい、戦争を肯定するプロパガンダを作成し、メディアを使って大量にばら撒いた。

そのスローガンは「民主主義のために安全な世界をつくるため」というものだった。この「民主主義」なる概念の欺瞞性については、あたらめて語る必要も無いだろう(参照:98729,109304)。

この大衆心理操作は功を奏し、当時の大統領ウッドロー・ウィルソンは、強烈な反発が予想された世論や議会をすり抜け、第一次世界大戦に参戦を決定できたのである。

第一次大戦後のパリ講和会議に出席するウッドロー・ウィルソンの広報を手がけたのが、バーネイズの国際デビューだった。

バーネイズが大衆を見事にダマクラかした手腕は、第一次大戦後に次々と誕生して国家の統合に四苦八苦している各国の首脳陣に大いに注目された。

チェコスロバキアの初代大統領マサリクは、共和国の設立に際する広報戦略に関してバーネイズに意見を求めた。

バーネイズはマサリク大統領に次のようにアドバイスしたという。

世界中の新聞の月曜朝刊の一面を、チェコ共和国樹立の記事で埋め尽くすには、共和国成立の発表を日曜まで待つべきである…と。

マサリクは「それでは、報道のために歴史を捏造することになる」と反論したが、バーネイズは平然とこう言ってのけたという。

「報道が歴史をつくるのだ」

この、メディア操作による世論のコントロールが歴史を創るという考え方は、ここから急速に広まっていく。

「プロパガンダ」という言葉は、バーネイズによって「パブリック・リレーションズ(おなじみのPR)」という聞こえのいい言葉に作り変えられ、1950年代には、大学でも専門の学問として学生たちに教えられるようになった。

そして、大衆洗脳のプロが大量に養成されされ、彼ら大勢のバーネイズの門下生たちは、政府や企業に雇われていったのである。

 ※参照:4/16〜17NHK放送、"BS世界のドキュメンタリー”「権力とメデヂィア」(製作2004年フランス)
 
  List
  この記事は 98729 ブログ1 ブログ2 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_207211
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp