国家の支配構造と私権原理
207210 気候変動と歴史の相関(中央集権国家の成立条件)-1
 
山澤貴志 ( 44 鹿児島 ITコンサル ) 09/05/23 PM05 【印刷用へ
中国と日本が朝鮮半島諸国に先駆けて中央集権化を可能にしたのは何故か、と考えると、国土の大部分にわたって稲作が可能であるという地理的、気候的条件が大きいのではないか。

以下、山中光一氏の近著「古代史巨視考」2008年4月名著出版刊を参考に気候変動と歴史の相関を考えてみる。

●日本の気候と政治体制

過去の日本列島の気候は以下のように変化している。(坂口豊氏の尾瀬ケ原のハイマツ花粉分析から考察)

(1) 〜紀元前1250年迄 縄文温暖期  
尚、紀元前4千年頃がもっとも温暖となり縄文海進が始まった。縄文社会は基本的に環境依存型の採集生産社会であり、自然の循環サイクルを壊さない生活スタイルが維持されていた。
(2) 〜紀元前 400年迄 縄文晩期冷涼期
縄文晩期は「寒の戻り」の時期。九州地方で稲作が開始された時期でもあるが、日本全体を見れば寒冷すぎて稲作は全国的に波及することはなかった。
(3) 〜    200年迄 弥生中温期
稲作の広まった弥生時代は全体として現在と同じような平均温度の時代で、全体的には前半はやや温暖、後半はやや冷涼。稲作が全国的に普及し、オオクニヌシ神話にみられる国造り=稲作農耕社会の基礎が築かれた時代。
(4) 〜    700年迄 古墳冷涼期
氷河期が終わった後ではもっとも冷涼な時代で、現在と比べると約4度低かったと推定される。政治的には朝鮮半島と日本をまたにかけた覇権闘争の時代、大和王朝といえどもまだまだローカルな王に過ぎなかった時代であった。
(5) 〜   1250年迄 古典温暖期
奈良時代から鎌倉前半元寇の頃までは温暖期で、中央集権的な統一が維持されていた時代。文化的には王朝文化が繁栄した時代。
(6) 〜   1600年迄 中世冷涼期
(7) 〜   1700年迄 小古典期
(8) 〜   1867年迄 小中世期
元寇から明治維新1867年迄までは全体としては冷涼期。
織田信長登場まではまさに群雄割拠の中世である。
その中にあって、1600〜1700年は一時的な気候の回復期で、織田・豊臣・徳川初期の国家統一の機運がつくられて、文芸復興期でもある元禄期の繁栄に至る期間でもある。
その後は再び冷涼期。(ヨーロッパでは小氷期ともいう)政治的には徳川が統一しているとはいえ、集中度は低い封建制時代といえる。
 
  List
  この記事は 206256 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_207210
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
207215 気候変動と歴史の相関(中央集権国家の成立条件)-2 山澤貴志 09/05/23 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp