サル社会を解明しよう
2069 特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/03/24 AM02 【印刷用へ
さて、単雄複雌型の種にとって、次の首雄は必ず負けザル(多くは若オス)たちの中から登場する訳ですから、負けザルたちの棲息域が不可欠に成ります。それが、ハヌマンラングールやゴリラに見られるオスたちの集団です。

ここで、よく子殺しの典型として引き合いに出されるハヌマンラングールについて、考えてみましょう。性闘争=縄張り闘争に勝った新首雄が、もしメスたちの赤ん坊を殺さなかったとすれば、種としての個体数が増え、縄張りを拡大すると共に縄張り闘争を激化させる事になります。それは、首雄にとって、大変な負担増になります。もっと問題なのは、個体数の増大と縄張り闘争の激化により、負けザルたちの生存域が無くなって終う(or極めて小さくなって終う)点です。

つまり、ハヌマンラングールやゴリラは、一定の赤ん坊殺しによって縄張り闘争の激化を防ぐと共に、敗けザルたちの生存域を確保しているのです。もちろん、首雄自身は、そんな事を考えている訳ではなく、生来の性闘争本能の強さと凶暴さから赤ん坊殺しを始めたのでしょうが、結果的にはそれが彼らの最良の適応方式であったと云うことでしょう。

それに対して、チンパンジーの子殺しは、一般に良く見られる現象ではなく、稀に見られる現象で、それも、他の群れに行って浮気してきたメスの子殺しが多い様です(時に、オスたちが浮気メスに集団リンチを加え、そのメスを殺して終う場合もあります)。ここでは、父系集団たるチンパンジーのオスたちが、外からやってきたメスたちをどういう目で見ていたかを、推察する必要があります。

これは全くの私見ですが、乱婚化したオスたちにとって外からやってきたメスは、自分たちの大事な獲物(宝物)だったのではないでしょうか?しかし、メスは(乱婚化しているぐらいですから)浮気者です。そこで、メスを敵(他の群れ)に取られないことが、縄張りを取られない事と同程度にorそれ以上に重要な課題となったのではないでしょうか?

だとすれば、メスの防衛(囲い込み)という最重要課題を破って敵と交わった不倫メスは、オスたちにとって絶対に許せないことになり、制裁の対象となるのも肯けます。そして、この様なオスたちの課題(闘争)共認に基く制裁の方法が、敵の子供かも知れない不倫メスに対する子殺しではないでしょうか(おそらく、そこには、「見せしめ」の意味も込められているでしょう)。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2069
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
228457 子殺し:チンパンジーをはじめ、ライオン、複数のサル類やジリス、イルカなどでも確認されている? ヨネ 10/03/17 PM06
118299 子殺しから何がわかるのでしょうか? 是永恒久 06/06/03 PM09
91480 子殺しとオスの性的欠乏 ジャック・ダニエル 05/05/26 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp