新資源・新エネルギーの開発は?
206517 マグネシウムがエネルギーを生む社会!!
 
三輪歩未 HP ( 20代 脱・消費生活! ) 09/05/14 PM05 【印刷用へ
東京新聞のWEB版(2009.5.12)に、石油・石炭を使わずしてエネルギーを生産するという衝撃ニュースがあったので転載します。(リンク

---------------------------------------------------------------
『石油、石炭もういらない!? マグネシウム・エネルギー社会 東工大教授が提言』

太陽光と海にほぼ無尽蔵に含まれるマグネシウムを使って、石油も石炭も天然ガスもいらない持続型エネルギー社会を実現する…。そんな「マグネシウム・エネルギー社会」の構築を提案している矢部孝東京工業大教授に、ベンチャー企業から自動車会社、さらにはオイルマネーまで世界中から問い合わせや見学が殺到している。実証実験も順調に進んでおり、これはひょっとすると、ひょっとするかもしれない。 (引野肇)

 【クリーンで無尽蔵】
 高温のマグネシウムに水をかけると水素が発生する。さらに高温にすると、この水素が爆発的に燃えて再び水となる。水素を使えば燃料電池の燃料になるし、爆発力を利用すれば発電機を動かしたり、自動車のエンジンに使える。

 このシステムは二酸化炭素も窒素酸化物も出さずクリーンだし、太陽光、水、マグネシウムは無尽蔵だ。矢部教授は「海水には千八百兆トンものマグネシウムがある。石油に換算すると三十万年分にもなる」と言う。

 【夢の循環システム】
 矢部教授が提唱するマグネシウム・エネルギー社会はこんなイメージだ。

 海岸に建設された淡水化・マグネシウム精錬プラント。屋根には太陽に向かって大型プラスチックレンズが並び、精錬に必要な高温を作り出している。ここで海水から農業用水を生産する一方、海水に含まれる大量の“にがり”から金属マグネシウムを取り出す。

 生産されたマグネシウムはトラックや船で、各地の発電所や家庭、コンビニなどに運ばれる。発電所では、マグネシウムを石炭代わりに燃やす。家庭に運ばれたマグネシウムは燃料電池の燃料として家庭用電源となる。燃料電池の排熱は、風呂や暖房に使われる。コンビニで売られているのは真空パックに包まれたマグネシウム。これは燃料電池車やパソコン、携帯電話などのバッテリー補充用マグネシウムだ。

 マグネシウムは使い捨てではない。使用後の酸化マグネシウムは、回収車によってリサイクルセンターに集められ、精錬プラントにあるのと同じ「太陽光励起レーザー」で再び金属マグネシウムに変換される。
 
 【太陽光レーザー】
 現在、マグネシウムの精錬は、鉄とケイ素の合金を触媒に大量のエネルギーを投入して行われる。マグネシウム一トンを製造するのに石炭十トンを使う。こんなにエネルギーを大量消費しては、マグネシウム・エネルギー社会など成立しない。

 矢部教授が提案するのは、大型レンズで集めた太陽光を、イットリウム、アルミ、ネオジム、クロムのセラミックによって赤外線レーザーに変換し、さらにレンズで集光して約二万度という高温を実現。この高温でマグネシウムを精錬しようというのだ。

 このため矢部教授は二年前、北海道千歳市に太陽光励起レーザーの実験施設を作った。二メートル四方の透明プラスチックレンズで集光、その焦点にセラミックのレーザー素子を置いた。ここでの成果に自信を得た矢部教授は、実際にマグネシウムの精錬を行うため今年、沖縄県・宮古島に大型の施設を建設する計画だ。

 【安全な燃料電池】
 現在、世界中で水素を使った燃料電池車の開発が進められている。コストの問題もさることながら、軽くて漏れやすく、爆発しやすい水素をどうやって運ぶのかという大問題がある。七百気圧の高圧ボンベに詰めるとしても、ボンベはあまりに重い。

 一方、マグネシウムなら六百五十度以下では発火しないし、長期保存も簡単。「マグネシウムは石炭と同じ固形燃料と考えていい。マグネシウム燃料電池は、いまのリチウムイオン電池の約七・五倍の重量当たり出力がある。コンビニで真空パックのマグネシウムを買い、電池に差し込めば一回の充電で千八百キロくらい走る」と矢部教授はいう。

 【実験で裏付け】
 マグネシウム・エネルギー社会がもし実現したら、火力発電所も原子力発電所も核融合炉もいらない。ガソリンスタンドも石油タンカーも不要だ。矢部教授にその実現性を聞くと「百パーセントこれは実現する。すべて実験の裏付けがあり、何も失敗するところがない」と、自信満々の言葉が返ってきた。
---------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 156309 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_206517
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
新次代を照らす太陽エネルギー1 〜プロローグ〜 「地球と気象・地震を考える」 11/02/20 AM03
『マグネシウムエネルギーは次代のエネルギーになりうるか』第9回〜実現可能性の検証〜 「地球と気象・地震を考える」 10/09/29 PM00
『マグネシウムエネルギーは次代のエネルギーになり得るか?第7回〜薄い自然光をどうやって濃密な光にするか〜 「地球と気象・地震を考える」 10/08/21 AM03
『マグネシウムエネルギーは次代のエネルギーになり得るか?第6回〜マグネシウム 再生の仕組み』 「地球と気象・地震を考える」 10/07/11 PM08
マグネシウムは次代のエネルギーになり得るか〜はじめに〜 「地球と気象・地震を考える」 10/05/22 PM11
222820 家庭におけるエネルギー需要増2:スタンバイ状態が60万世帯1年分の電力を消費(04年調査、英国) center_axis 09/12/27 PM07
222818 家庭におけるエネルギー需要増1:「節約から利便性」への価値観変化が根底にある center_axis 09/12/27 PM05
219719 水だけでエネルギーを作ることができる時代に。  夢想仙楽Ж 09/11/15 PM00
シリーズ新エネルギー『マグネシウムの再生とレーザー技術』 「地球と気象・地震を考える」 09/10/06 AM00
シリーズ新エネルギー@『マグネシウムがエネルギーを生む社会!!』 「地球と気象・地震を考える」 09/09/29 PM04
215989 「世界は、石油文明からマグネシウム文明へ(1)」上 かなめんた 09/09/28 PM00
213167 新エネルギーが見つかっても・・・ 匿名希望 09/08/19 AM03
213156 光エネルギーを固定し貯蔵・管理するシステム、それはまるで地球光合成システム naturalshoot 09/08/19 AM00
211908 生きた藻類が「石油」を作る@ 〜大気中のCO2を吸収し、油を作り出す〜 矢ヶ崎裕 09/07/31 AM07
211390 サウジ元石油相 アハメド・ザキ・ヤマニ氏「石油の時代終わる」 匿名希望 09/07/24 AM00
“夢”か“悪夢”かマグネシウム・エネルギー社会 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/06/27 PM11
209294 「地上の太陽」へ第3の道〜レーザー核融合「衝撃点火」実証に成功 猛獣王S 09/06/21 PM10
新エネルギー:マグネシウム(Mg)の可能性を探る! 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/06/14 PM08
208469 『太陽光励起レーザー』 大森義也 09/06/09 PM01
208189 マグネシウム→水素エネルギーサイクル 小暮 勇午 09/06/05 PM01
208139 ガソリンに代わる燃料バイオエタノールはブラジルで当の昔に実用化されていた。 きっちょむ 09/06/04 PM09
208055 エネルギー保存の法則との関係は? 匿名希望 09/06/03 PM05
207356 環境を考えて、宇宙太陽光発電!? 麻丘東出 09/05/24 PM10
206783 無尽蔵のマグネシウム資源とリサイクルの未来 志水満 09/05/17 PM11
206738 マグネシウムエネルギー開発にこそ、 川井孝浩 09/05/17 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp