西洋医療と東洋医療
206340 発酵食品三つの力
 
ケリ太 09/05/12 PM01 【印刷用へ
日本に古くからある発酵食品(酒・納豆・味噌・醤油・漬物等々)は先人の経験や知恵から生まれたものでもあり、今まで受け継がれていることも含め、大きな力が含まれていたようです。

以下「体にやさしい発酵食品」リンクから引用。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■発酵食品三つの力

人によっては耐えられないニオイ、一見腐っているのではと間違えるような外観、それでも発酵食品は各国の風土にあわせて改良され、生活のなかに定着してきました。

その理由は、発酵食品は三つの力を持っているからです。

○一つは、当り前のことですが、食べてみて美味しいからです。これに勝る理由はありません。
人によっては美味しいというより、クセになる味といったほうがいいのかもしれません。
微生物の力によって、食材の澱粉や糖、タンパク質を分解発酵させて独自の旨味成分をつくりあげます。

また、微生物そのものの旨味もあります。これらがミックスされて独特の美味しさが感じられ、強烈な印象として記憶に残っていきます。発酵食品が定着してきた一番大きな理由ではないでしょうか。

○二つ目は、栄養価が高いことを先人が体験的に知っていたからです。

薬がなかった時代には、発酵食品が体力をつけるために重宝されていたといわれています。いわゆる昔の人の健康食品だったのかもしれません。
発酵過程での酵素の働きにより、様々な栄養成分が生み出され、栄養価の高い食品に生まれ変わるからです。

医学や科学が発達していない時代でも、先人は長い年月をかけて発酵食品が体に良い食べ物であることを、体験的に知っていたのです。

○三つ目は、食材の保存性が向上するからです。
冷蔵庫や冷凍庫などがなかった時代には、食材を乾燥させたり塩蔵させたりして保存してきました。
発酵食品も塩を使うことが多いのですが、人間に有益な微生物がある一定以上に繁殖し、人間に有害となる腐敗菌を抑えて保存性を良くする力を持っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上引用おわり
 
  List
  この記事は 201223 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_206340
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
健康・医療分野における微生物の可能性を追求する 07〜自家製発酵食品への取り組みスタート 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 14/10/18 PM00
269003 自然と調和し生きてきた日本人だからこそ得られた知恵“微生物をもって微生物を制す” 三浦由衣 12/09/24 PM00
268973 食と日本人の知恵〜漬け物は整腸剤〜 磯貝朋広 12/09/23 AM10
265570 日本の伝統食が見直される背景に、近代科学への疑問の高まりがある 大島健男 12/06/18 PM00
207891 梅干の歴史 ケリ太 09/06/01 AM02
207879 味噌ってすごい 狒狒 09/05/31 PM09
207429 漬け物が持つ様々な効果について yuyu 09/05/26 AM03
207419 海苔と日本人 やまと 09/05/25 PM11
207416 漬け物の種類について yuyu 09/05/25 PM10
207407 漬け物の歴史 yuyu 09/05/25 PM08
207405 梅干がもつ驚異的な6つの効能 ケリ太 09/05/25 PM08
207404 照葉樹林文化としての納豆、味噌、漬物 奥村博己 09/05/25 PM07
207393 納豆の栄養価 高橋克己 09/05/25 PM04
207361 納豆2件「全国納豆協働組合連合会HP」、「納得できる納豆の話」 高橋克己 09/05/25 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp