国家の支配構造と私権原理
206256 いち早く中央集権体制を確立した中国と日本
 
小暮 勇午 ( 31 京都 路上人 ) 09/05/11 AM01 【印刷用へ
■秦の中国統一
それまで小国家同士の争いを繰り返してきたユーラシア大陸東部を秦の始皇帝が平定し、統一王朝を成立させる。この原動力となっていたのが、中央集権化だった。それまでの世襲の封建体制に代わって、中央から王が派遣する官吏が土地を統治する「郡県制」によって強力な中央集権化を進め、統一王朝を築く。後の律令制度に繋がる法治主義の確立など、統一王朝のモデルを作り上げた。

■中央集権(=官僚体制)が国力を増強させる
秦の(中国を統一するほどの)強大な国力から考えても、中央集権国家というのは生存圧力の下では、強力な国力増強装置として働くことが分かる。一方で、朝鮮半島の国々(高句麗、新羅、百済)は、部族連合としての国家体制を維持し続けたため、中国大陸の統一王朝を真似て中央集権化を進めた日本に国力の面で劣ることになる。(よって、中世において、朝鮮半島は日本を中心とした冊封体制に組み込まれてしまう。)

■強力な中央集権(=序列体制)が確立され、序列上位の者に解脱欠乏が誕生
強力な中央集権化の確立、つまり強固な序列原理による支配が確立すると、序列上位の支配者層に解脱欠乏が生じ、ぜいたく品をもとめるようになる。
支配者層の解脱欠乏を充たすために、国力差を背景とした周辺国との冊封体制(周辺国から中央国への貢物、そしてその返礼)が確立されていく。

★中央集権化・官僚制度、冊封体制、中華思想は一体のもの
土地制度と租税制度を基盤とする中央集権体制は、土地を支配していた豪族・部族を引き離し、官僚として取り込むことを意味する。そして、土地を耕すことを(朝廷によって)認められた者は、その土地を耕した得た生産物の一部を租税として朝廷に献上した。これは、”国内での冊封体制”とも言うべきものであるが、これら中央集権化、冊封体制を正当化・維持してきた思想が、中華思想であった。

■中央集権国家間で古代市場が登場する
隋→唐と中央集権国家体制を確立した中華帝国、及び飛鳥時代から平安時代にかけて中央集権国家体制を確立した日本、それぞれの支配者層間で、冊封(貿易)体制が確立し、東アジア発の古代市場が登場する。市場がもたらす価格格差のうまみを原動力として、市場はその裾野を広げていく。このように中国及び日本ではいち早く市場が拡大し、国家間闘争の両翼を担っていくことになる。
 
  List
  この記事は 206228 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_206256
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
210991 中国・朝鮮半島・日本における律令制・官僚制・科挙制の定着を概観する 田野健 09/07/17 PM10
朝鮮半島における中央集権体制の弱点〜無能官僚の量産制度〜 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/07/03 PM11
207210 気候変動と歴史の相関(中央集権国家の成立条件)-1 山澤貴志 09/05/23 PM05
冊封体制ってどんなもの? 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/05/12 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp